120円切手の寄付をお願いしています!

《不要な念珠を回収します&無料で差し上げます》というプロジェクトを始めて、さっそく多くのレスポンスを頂き、嬉しく思っております。

無料念珠の専用サイトはこちら↓
http://nagaokanenju.com/free/

無料念珠の今後

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

念珠が無料でもらえる?その深意とは。(後編)

引き続きありがとうございます。

念珠がなぜ無料でもらえるのか。そのプロジェクトに掛ける想いを、前半ではかなり引っ張って、仏教の話からきっかけを与えてくれたクリス・アンダーソン氏の話まで書きました。

前半部分が気になる方は、こちらも↓お読みください。

念珠が無料でもらえる?その深意とは。(前編)

この(後編)では、いよいよ具体的な念珠の話を書いていきます。

念珠が無料になる?

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (5)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (1)

念珠が無料でもらえる?その深意とは。(前編)

この度、『不要な念珠を回収します&無料で差し上げます』というプロジェクトを立ち上げました。

前代未聞の切り口に、多くの方が、様々な立場からご意見を寄せていただき、大変有り難いことです。

この件に関しては特設サイトを設置していますので、なんの事だかわからないというかたは、まずは、こちらをご覧ください。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (4)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (3)
  • なるほど! (1)

こんなときに数珠を買う!

「念珠と言われても、今は特に何もないのにねぇ・・」
「数珠っていつ買う物なの?」
「用意しておかないと・・とは思うんだけどね。」

普段の会話の中でよく聞かれることです。

身内が亡くなった、または亡くなりそうだから慌てて・・というのは、説明するまでもなく良い買い物ができないということは、今までの記事でも何度もお話ししてきました。

念珠を買うきっかけ

一番多い理由

「身内が亡くなったので慌てて」という人の場合は、用意していなかったけど明日のお通夜に間に合うように、という意味で急いでいます。しかし、亡くなったのが本当に近い配偶者や両親などの場合、念珠どころでは無いことが多いです。

実は、念珠を買う理由として一番多いのが、「先日の葬儀で用意できなかったので・・」というパターンです。

初七日くらいまではバタバタして結局無いままだったけど、やはり用意しておきたいと思うようになり、問い合わせてくださる方が多いです。四十九日や一周忌には間に合いますね。

一応持ってはいたけど、久しぶりに出してみたらボロボロだった・・というお話しも多いです。

大事な葬儀の時に持っていなかったことは、恥でも難でもありません。
むしろそうやって念珠を持たなきゃと思えたことは、大変な縁があったということだと思います。

長岡と出会った

みなさん、どんなきっかけで念珠を購入されるのかなと考えたときに、無視できない数になってきた理由があります。

もともと、念珠を求めていたわけではないども、別な理由で僕と出会って以来、今まで考えたことも無かった念珠を持つということを考えてくださる知り合いもとても多いです。

それが何百人いようとも、日本中で念珠を求めてる分母を考えたら、ほんのごく一部ではあります。
それでも、念珠を用意したり、ボロボロになったものを修理しておこうと思えた縁となれたということは嬉しく思います。

実際には、念珠屋だと知ったのですぐに買おうとはなりませんが、「知り合いに念珠屋がいる」×「自分を動かす何か」ということがあってということですね。

営業することが極端に苦手な性分でして、ことある毎に挨拶回りをしては宣伝して歩く営業マンをみると凄いなと思うのですが、何かもう一つきっかけがあったときには、長岡のことを思い出してください。

どんな理由であれ、ご縁があったのです

その他、こんな念珠が欲しいという御希望のもとを辿ればじつにそれぞれ個性的で面白いです。

森のような念珠にしたいとか、ファイターズっぽい色にしてくださいとか、私のイメージでデザインしてちょうだいなんていうこともあります。

何かしら思うところがあって、お守りにしたいという方もいます。
仏教の法具としての念珠とお守りは直接関係ありませんが、それもまたご縁ですね。

最近あったとてもユニークなご注文は、「乃木坂48(濃い紫)、欅坂48(緑)の両方のファンなので」というアイドルファンの方からのリクエスト。

「親玉を紫にすると、乃木坂推しになっちゃいますけど大丈夫ですか?」等というメールを大真面目でやりとりして出来上がった念珠がこちら。

こういう理由を「不純な動機」と思う方もいるかもしれませんが、それを言ってしまったら、両親が亡くなったのを縁に念珠を買うというのもさほど変わりません。両親の死と、自分の信仰は別の物ですからね。

今年は、こちらの念珠でお墓参りをされるそうです。すばらしい!

参考までに、まだ新しいSTU48(瀬戸内)のカラーはこちらなんだそうです。

ジャクチョーさん、買ってくれないかな・・瀬戸内だけに。

まとめ

結局、なにをきっかけに念珠を求めようかなんてというのは、どんな理由でもいいと思うのです。こじつけでもいいです。

そして、念珠を持ったら終わりかというとそういうことではありません。

今までは重きを置いていなかった法要に参詣したり、たまにはお墓参りしようかなという気分になったり、とりあえず実家の仏壇にでも・・と、また縁が縁を呼ぶものです。

既製品の中でイメージが湧いてきたら、ぜひ、ご相談ください。
秀吉じゃないですが「鳴かせてみよう」の精神で、精一杯考えたいと思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (14)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (3)

反骨のブッダ 高山龍智(著)

久しぶりに、仏教関連の書籍をご紹介します。

反骨のブッダ 高山龍智(著)

インドによみがえる本来の仏教・日本人が知らなかった仏教の真髄

単行本(ソフトカバー): 152ページ
出版社: コスモトゥーワン (2018/1/11)

Amazonで購入できます

なんのための仏法か?

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

私が念珠屋になるまで・・改め その7(最終回)

昨年末から歳をまたいで書き続けたこのシリーズも、今回で最終回にしようと思います。

その1から通算すると、たぶん原稿用紙60枚くらいになりますね。
書いた方もどうかと思いますが、全部読んだあなたもどうかしています。笑

ありがとうございました。

前回の話で社会人として最悪のところまできました。
そして、タイトル通り、念珠屋にはなりました。

最後にお話ししたいのは、タイトルにも添えた「・・・改め」の部分です。

これまでの話を読みたい方は、こちらをどうぞ。

その1(学生時代)
その2(プログラマー)
その3(介護の仕事と営業職さがし)
その4(仏具屋との縁あって)
その5(粉本主義と営業職に違和感)
その6(会社を辞めてはじめた小さな念珠店)

絶対に潰れない商売

たった1年で6割の企業が消える

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (15)
  • 興味深い (4)
  • 考えさせられる (7)
  • なるほど! (1)

真珠のネックレスは数珠になるか?

古い真珠のネックレスを念珠にしたい!

実はこれ、非常に多い合わせです。

お母さんからもらったけど、使うことなく長年しまいっぱなし・・
「そうだ、念珠にすれば、使えるかも・・!」というパターンです。

結論からいいますと、おすすめしません。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (8)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (3)
  • なるほど! (8)

私が念珠屋になるまで・・改め その6

この、自分史徒然も「その6」となりました。
なるべく話を膨らまさないように、念珠屋になるまでに直接影響した部分のみを書くようにしていますが、振り返ると、こんなにも様々なことがご縁となっていたことに改めて気付きます。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (8)
  • 興味深い (11)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (1)

念珠の開眼供養は必要ですか?

念珠をご購入する際に、「開眼供養はした方がいいんですか?」という質問を受けることがあります。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (14)
  • 興味深い (9)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (3)

私が念珠屋になるまで・・改め その5

近頃、人に会う度に「ブログ読んでますよ!あの続きは?」と言われることが多く、とても有り難いことです。

マーケティング的なブログのセオリーからすると、有名人でもない限り貴方自身のことを書いても誰も興味ないというのが教科書的なブログ運営です。

しかし、あえてやってみると、意外な反響があり嬉しい限りです。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (13)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (0)