くるみの念珠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「これを念珠にして孫に贈りたい」というご希望で、「くるみ」を預かっていました。

くるみでも、極小さいものであれば、丸玉のまま使ってもいいのですが、このように切り出して断面を見せる作り方が、一世代前に流行った時期があります。
お預かりしたものはくるみにしては比較的小ぶりで程よい大きさですが、そのまま使うにはやはりごつすぎるので、割って使うことにしました。

IMG_1189

近頃すっかり見かけなくなりましたね。
おそらく、アチラの人件費の高騰で、材料原価が急騰し適正価格での販売ができないという事情がうかがえます。

うちの場合は、多少の無理難題は、僕が頑張れば何とかお力になれるという場合も多く、出来ることであれば無下にお断りせず、出来る限りの対応はさせていただこうと思っております。

それにしてもこの玉の加工は結構大変なんです。自分用に適当に削るなら簡単ですが、お代をいただくレベルの加工ということになると、技術もさることながら、加工工程を考えたり、治具の制作などで頭もフル回転です。

おかげさまで、お渡しすると感激していただきましたので、何よりです。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (12)
  • 興味深い (7)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (0)

SNSでもご購読できます。