カテゴリー別アーカイブ: ピックアップ商品

子ども用の数珠ってあるんですか?

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

「子ども用の念珠ってありますか?」

というお問い合わせが、実は大変おおく寄せられます。
結論から言いますと、もちろんお仕立てすることは可能です。

近頃は大人でも手ぶら参拝がよく見受けられます。

ここをご覧になっている皆様にお気持ちがあれば、小さなお子様、お孫様にも、念珠を持たせてみてはいかがでしょうか。

念珠は子どもの心を育てる?

いや、無理でしょうね(笑)

きっと、大人の思惑とは裏腹に、クルクル振り回したりしますが、仏法の相続はそんなところから始まるのかなと思っています。

しかし、けっこうな年配の方でも時々語ることがあります。

「子どもの頃に、親に持たされてね・・・」

それがその方の人生にどう影響しているかはわかりませんが、不思議なもので、心の深いところにとどまる記憶となるのですね。

当店の子ども用は、投げても引っ張っても、そう簡単には壊れません。
昔から、「稚児念珠」等の名前で、子ども用のものはあります。しかし、多くはプラスチック製で、値段も安価。作りも非常にちゃちなものが多かったように思います。

小さなお子様にも、一生使える念珠を

当店でおすすめしたいのは、2000円~自由に素材を選んで作れる子ども用です。
(もちろんご予算さえ許せば高級材でも制作できます)
作り置きはしませんので、基本的に、オーダーメイドになります。

従来のものと違うのは、一生使えるようなしっかりした材料を用いて、大人と同じレベルの仕立てをします。大人用と違うのは玉数を減らして輪を小さくするだけです。

また、将来は大人用として引き続き使えるように、足し玉をあらかじめセットしてあります。 最近では子ども用ということで可愛らしいものも売られていますが、実用強度や一生使うということをあまり考えられているものは少ないと思います。

子どもの成長は早く、身内のご法事が数回あったかと思えば、あっという間に大人用が必要になるものです。 子ども用の輪のサイズは小学校3,4年生くらいまでを想定しています。

手が大きくなってきたら仕立て直しを

高学年にあがるころには足し玉をして仕立て直しをすれば、そのまま大人用として引き続き使うことができます。

男の子向け商品は、そのまま紐房をおすすめしています。女の子向けには、子ども用としては耐久性とコストの両面から紐房仕立てにしておき、大きく直すときに松房や頭房等に付け替えるとよいと思います。

IMG_5377 

こちらは、自家用でうちの娘が使っているものです。 白オニキスとローズクォーツを交互に使っています。 作り置きしているものもいくつかありますが、好みに合わせて好きな色を選んであげるのも楽しい作業かもしれません。

お寺の子ども会などで

2000円程度でも子どもには高すぎるというお声もあり、数百円から作れる安価なものも制作は可能です。作り置きをしていませんが、お寺の子ども会用等、まとまったご注文では価格も相談に応じます。

IMG_4284

安くても、材料コストを工夫しているだけで、玉の加工や仕立てが悪いわけではありません。
今までの実績では「こんなに立派になると思わなかった!」と大変喜んでいただいております。

100円ショップでも念珠が買える時代ですので、100円、200円の価格競争で勝負しようとは思っていません。 手に取っていただければ、価格差以上の質感はわかっていただけると思います。

いろいろな飲食店や宿泊施設、娯楽施設などサービス業を見ていると、本当にいいお店って、子ども相手でも手を抜かないんですよね。

そんな精神を念珠屋でも見習いたいなと思うのでした。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

北海道の人気雑誌『スロウ』

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

北海道の人気雑誌『スロウ』

今や北海道の方なら、みんな知っているんじゃないかしら。人気雑誌スロウ。
その 51号が本日(5月25日)発売になりました。

北海道の物語が詰まったステキなものたちを
作り手から直接お届けします。
雑誌「スロウ」から生まれたセレクトショップです。
(スロウのホームページより)
http://www.n-slow.com/

ほんとに直接送りますからね

黙々と仕立作業をする念珠職人をイメージされている方もいますが、僕が作った念珠を箱に収めて、段ボール折ったりガムテーム張ったりしてますから。

続きを読む

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

2つ目に持つ数珠

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

●え?念珠って、2つ持ってもいいの?

って思った方がいるかもしれません。
結論から言いますと、全く問題ありません。

ただ、いくつも使い分けている方は少数派かもしれません。

メガネに例えるとわかりやすいですね。視力を補正することが目的ですから、一つあれば用は足りるんです。実際にそういう方がほとんどです。
でも、おしゃれな方や、場所に応じて気遣いをする方は、ビジネス用、プライベート用、レジャー用と使い分けることがあります。

●念珠も同じです

葬儀、法事だけでなく、普段の法要、お墓参り、寺院観光などでもどんどん使っていただきたいと思います。全部同じ念珠でも悪いことは何もありませんが、使い分けていただくことが粋だなということはわかっていただけると思います。

法事だって、七回忌を過ぎたら一周忌、三回忌とは違う念珠を持つのもいいのかなというのが、個人的な考えです。

 

例えば、臨済宗相国寺派の禅寺、鹿苑寺(ろくおんじ)といえば?
そうあの有名な通称「金閣寺」です。修学旅行を含め、1度は行ったことがある方がほとんどかと思います。

●ところで参拝しましたか?

観光地として有名になったお寺でありがちなのは、ただ「ほー」とか「へー」とか言いながら見物して帰ってきてしまうということです。
自分自身そうでしたね。(今はそれなりに大人になりました)

どこかで仏教をたしなんでいる自覚があれば、しかるべき場所で手を合わせてお参りしてくるというのがいいと思います。

こういう方は、当然のごとく、二つ目以降の念珠がほしくなっていることでしょう。

せっかくなので、いくつかご紹介します。
商品の詳細は画像をクリックしてください。


最近はすっかり看板娘として定着している貴石のミックスは、眺めているだけでハッピーになれそうなカラーです。旅行に持ち歩くにも素敵ですね。


こんなのもあります。黄水晶と玻璃オパール(ガラスをオパールのよな風合いに加工された素材)のミックスです。


よく見ると、一粒ずつハート型になっているんですよ。


男性には、こちらはいかがでしょうか。
ちょっと珍しい、「アズライト」という天然石です。紺色の色がすんだ部分だけ取り出すと宝石として扱われるものです。

若い方に評判がいいですが、僕の個人的なイメージでは、ちょっと年配のシブイおじさまにも、オススメしたいと思っています。服装がどうしても地味になりがちな方は、ワンポイント手元が明るいのが、とてもおしゃれです。

●結局はお好みで・・

と言ってしまえば無責任に聞こえますが、もちろんご相談の上です。持ち歩きやすい軽さが重視なのか、丈夫さ重視か、デザインで選ぶか、素材で選ぶか。人それぞれ、ピンとくるポイントは違いますからね。

ご相談の際、初めての念珠なのか、二つ目以降なのか、どんなご縁でこのたび購入しようと思ったかも一緒にお話いただくと、選ぶときにスムーズだと思います。

ぜひ、二つ目の念珠、ご検討なさってみてはいかがでしょうか?

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

男性が選ぶべき、葬儀に持って行く数珠とは

殿方、お待たせしました!
葬儀に持って行く念珠の解説、男性編です。
女性用についての解説をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

女性用の解説と同じように、ここでは宗派の形については触れず、あくまで素材についての話題です。

男性はもともとダークな色が多いので、特別気を使わなくても大丈夫なことが多いです。
しいて言えば、木玉はどんな場合でも無難(ぶなん)です。価格が安いので気楽に普段使いしやすいですが、大法要では見劣りするかもしれません。葬儀では、故人との関係を問わず問題ないでしょう。

黒オニキスの真っ黒もいいのですが、黒縞瑪瑙(くろしまめのう)のように、シックでオシャレな石もあります。リクルートスーツにストライプを選んでしまったような感じは多少ありますが、若い方が1本持つならこういうのもオシャレで機会をとわず万能です。

男性用では木玉+天然石仕立てという組み合わせは、葬儀以外の機会でも万能で使いやすいと思います。組み合わせは無限にあります。

中には男性用でもこういうトロピカルな石もあります。(下の写真はタンザニアアマゾナイト)
見ているだけでうっとりするほど美しく、個人的にはどの石よりもお薦めしたい良いものではあります。

しかし葬儀用に限って言えば、もうひとつ落ち着いた色の念珠があるといいですね。

大人の男性には、琥珀(こはく)や水牛角(すいぎゅうつの)いかがでしょうか。

この辺りになってくると、高級なだけでなく、出会った時が買い時と思えるほど、珍しい物も増えてきます。当店でも1点限りということがほとんどです。ご自身にとって特別な念珠になることは間違いありません。

その他、男性用では人気の虎目石系、緑や青系の石も落ち着いた色のものもあるので、上げればきりがありません。

男性用は、ながく使用することでどう変化するかという「素材の味」を楽しみにしている方も多いです。ものによっては、僕が想像もつかないような「その人の色」に染まっていく場合もありますが、多くの場合はアドバイスができるかと思います。

いずれにしても、急な事情で慌ててお求めになるようなことなく、何もないときにゆっくりと吟味して選んでいただきたいです。

皆さん(実はほとんどのお坊さんでさえ)、念珠のことなど良く知らないものです。
小さなことでも遠慮なくお尋ねください。一緒に、良いものを考えましょう。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

葬儀の数珠は、どう選ぶ?(女性編)

一般の方が、もっとも数珠を使う機会といえば、やはり葬儀でしょうか。
最初から何本も持つのは難しいもしれませんが、すでにお持ちの方は、葬儀用とそれ以外(宗派の各法要、お墓参り、寺院観光など)で使い分けるのがよろしいかと思います。

初めて購入されるかたは、葬儀で使うことを想定しています。その場合、どんな素材を選ぶべきかというお話をします。

実は、こういう話題はとてもデリケートで、正解の教科書がないのですが、参考にしていただければ幸いです。親戚やお付き合いのある住職さんなど身近な方にも相談してみてください。

形になると宗派の問題もからみますので、ここでは素材の選び方についてだけ書くことにします。

正解がないというは、そもそも、念珠の素材に決まりがないので、葬儀に使うものだからと言っても、急にルールが増えるわけではありません。しかし、この辺が「無難(ぶなん)」という選び方はあります。

さて、まず葬儀ということは、悲しみの席ですからね。仏教の教えとは関係なく、派手過ぎたり、おめでたい雰囲気のものをあえて持つべきではないと考えます。

女性であれば、白系は無難と言えるでしょう。
たとえば、定番は本水晶(ほんすいしょう)です。

その他、白蝶貝(しろちょうがい)や白メノウなどもありますね。

白と言えば「なぜ、真珠(しんじゅ)と言わない?」と思った方がいるかもしれません。
ズバリいうわよ!(古っ・・)僕は真珠をお勧めしません。
喪服のネックレスやイヤリングは真珠ということになっていますが、それは西洋の喪服と一緒に入ってきた文化です。葬儀の念珠が真珠である理由はありません。

校量数珠功徳経(きょうりょうじゅずくどくきょう)によると、サンゴや真珠もそこそこ良いとは書かれていますが、それを根拠とするならば、菩提子(ぼだいし:ボダイジュの種)が最高と書かれているので、そちらを選ぶべきです。

真珠というのは、手でベタベタ触って良いはずがありません。揉むと玉同士がこすれて、すぐに表面がはがれてしまいます。汗にも弱いです。また、極細の糸しか通せないため、よく切れます。
そのため、念珠の素材としては向いていないのです。

それ以外だと、黒オニキスなどのダーク系の色合いも問題ないでしょう。

北海道の雰囲気では、ローズクォーツ等の薄ピンク系も、全く問題ありません。しかし、こうなってくると微妙なところで、地域によって、また家柄によっては、「赤っぽいもの」を避ける場合もあります。

ピンクサンゴのような淡い色も同じくOKだと思います。
下の写真は本物ではなく、サンゴ風の樹脂の玉です。

同じピンク系でも、インカローズのように色がきついものは、葬儀では避けたほうが良いかもしれません。
ダメという決まりはありませんが、軽くやっかみを言う親戚の叔母さんがいる可能性はあります。

ちなみに、名古屋や金沢の近郊では、「葬儀では白い房」というのが習慣になっている地域もありますのでご注意ください。

その他、緑や紫などの中間色は、ほとんど場合で問題ないと思います。

いかがでしたでしょうか。素材や色、一つとっても、念珠選びはとても難しいですね。
今回ご紹介他にも、きっとお好みに合う選択肢はたくさんあります。
失敗したくないあなたは、お気軽にご相談くださいね。用途、お好み、ご予算などからいくつかピックアップしてご提案します。買うかどうか迷うのはそれからゆっくり悩んでください。

近頃は、なんでも女性が優先です。笑
次回は男性用について書きたいと思いますので、殿方はもうしばらくお待ちください。

追記:
男性用についての記事を投稿しました。こちらをご覧ください。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

オシャレなお母様が選んだ念珠

先日、30代の息子さん夫婦に念珠をプレゼントしたいというお母様よりご相談がありました。
ご予算もさることながら好みというのも結構重要になってくるのですが、こちらのお母様は服装からしても気を使ってらっしゃるのが良くわかるし、とってもおしゃれな方でした。

まずは正攻法で一般的な定番品より数点お薦めしたところ、「ダメ、地味・・こっちは、安っぽい。」とバッサリ。
お話しているうちにお好みがわかってきたところで最終的に決めていただいたのはこの2点でした。

img_5478

アズライトは正確にいうと青の部分だけで、緑の部分はマラカイトになります。しかし、天然石業界ではアズロマラカイトという名前で流通しているもう少し区別が曖昧に混ざっているものもあり、このように境目が見えるようなものは、通称アズライトと呼ばれています。(マラカイト単体の念珠は存在します。)
この、アズライトは実は日本でもとてもなじみのある石で、「群青色」というピンと来る人も多いのではないでしょうか。岩絵の具でいう「群青」はアズライトをすりつぶしたものです。今でも安い石ではないでしょうが、昔はもっと高価で、その価値は、群青1gで米1kgとも言われています。つまり、60gで米1俵という価値ですからすごいものです。

息子さん用にと、この念珠に一目ぼれしたお母様がお嫁さんに選んだのは、切子のブルークォーツ。青系で個性的、オシャレな印象はアズライトともよくマッチしています。これにどんな房を付けるかというところですが、これだけ個性的な玉には白が一番よく栄えます。

遠方のため、息子さんたちには直接お会いしたことはありませんが、きっととてもオシャレなご夫婦なんだろうなと想像しています。

 

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (5)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (4)

念珠袋を掲載しました 於ネットショップ

以前からご要望があったのですが、いろいろクリアしたい問題もあり、念珠袋の掲載を見送っていました。この度、7種類の柄を定番品としてネットショップに掲載しますのでお知らせします。

7種

1、かわいい、おしゃれな和風モダン
肌触りが良く、見た目にも可愛らしく派手になりすぎないちりめん生地です。年配の方が持っても抵抗がない和風柄ですが、モダンで若い方にもおすすめです。

2、固芯なし
固い芯が入ったものも悪くはないのですが、バッグやポケットの中でがさ張ることをかんがえると、柔らかい方が使い勝手が良いように思います。

3、留め具なし
ホックやツメは使っていて煩わしいということを聞きます。また、最近はマジックテープのものが多く使いやすいのですが、安っぽく見えてしまうということで、嫌う方もいらっしゃいます。大きく二つ折りになっていますので、持ち歩いて飛び出すようなこともなく、何もない仕様にしました。

色柄は写真の7種類ですが、絵柄の部分は、生地の採り方によって多少変わってきますのでご容赦ください。
価格はすべて税込1500円です。
もちろんネットショップからなら送料も無料です。

念珠本体はともかく、意外と気にしていなかった入れ物がほつれたり汚れたりということはないでしょうか?気になった方はぜひご覧ください。

ネットショップ-念珠袋のページ

 

 

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

黒檀の表面仕上げの話。今日は天台平玉を使って。

念珠の材料で「黒檀(こくたん)」という時には注意が必要です。
そもそも、「え?コクタンってナンデスカ?」という方も、実は少なくないのですが、木材の一種で、非常に硬くて重く見た目にも美しいという特性があります。日本でも古くから念珠外に仏壇や家具や調度品、床柱にもありますし、楽器などその使途は結構広いジャンルにわたります。

それで、黒檀の念珠で何が問題かといいますと・・・
単に黒檀といっても、固定の一種類の木を指しているわけではなく、近縁種の総称として呼ばれています。なので、真っ黒な木というイメージだけで「黒檀の念珠」と注文すると失敗する場合があります。

念珠の世界で「コクタン」といえば、安価なものでは、さらに黒く塗装したものが出てきます。一般的なものは、艶ありでピカピカの黒に塗ってあります。パッと見は天然石の黒オニキスにも似たような感じになりますが、よく見ると塗った跡が見えて、天然石ほどつるっとした表面にはなっていません。そのほかにも、つや消しで塗ることもありますし、素挽仕上げ(無塗装でツルツルに磨く)という方法もあります。これは、塗りつぶすよりも材料の良し悪しが出ますし、手間がかかります。そしてなぜか、「縞黒檀」の場合は黙っていても素挽になることが多いです。

IMG_1109

不思議なもので、売り手の趣味は常連さんの趣味と同調する傾向がありますので、僕の個人的な趣味でもありますが、ピカピカに塗装した黒檀は、うちの売り上げを見る限り人気がありません。(世間的に一番流通しているのはピカピカ塗装だと思います)

今日、仕立てたばかりの大平玉を使った単念珠は、縞黒檀を一度素挽仕上げをしてから、えごま油や米ぬかロウ等で独自の仕上げにしています。石油系溶剤・化学物質は使っておらず天然成分だけで練ったワックスです。しっとり手になじむ質感で、鈍い艶は使い込むほどに黒く濃く風合いが増してきます。
正直、僕の趣味の問題なので手間の分割増料金を設定しているわけではありませんが、今のところ黒檀の仕上げでは一番気に入っている仕上げ方です。黒檀のほかには、蓮の種やクルミも、うちでは同じような方法で仕上げています。

ちなみに仕上げの話題とはそれますが、大平玉はもともと天台宗用の玉ですが、108の半分の54をつかうと、単念珠にしてもおしゃれですね。写真は五分半の平玉ですが、このサイズになるととても貫禄があります。

「黒檀」といってもいろいろですね。
木の玉もいろんな種類がありますが、ご購入を検討の際には参考にしてください。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (4)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)

女性僧侶に使っていただきたい紐房のルチル念珠

このところ尋常じゃないバックオーダーを抱えてしまい、必死にこなす毎日です。
そんななか今日は、たぶん他所ではあまり作っていないニッチなジャンル、女性僧侶につかっていただきたい念珠を作っていました。

紐房の単念珠ということで、主に浄土真宗向けです。
一般向けの房や素材は年々凝ったものが考案され、特に女性向けは個性的なものから可愛らしいものまで種類が豊富にあります。
しかし、紐房のものとなると、なかなか可愛らしいものは作られていないのが現状です。

IMG_1107

玉はルチルクォーツです。ルチルはランクによって印象が全然違いますが、手に入る中では最高ランクのものを使っており、金線がたっぷり入っています。金線に合わせたカラシ色と、女性に一番人気の灰桜色の紐を合わせています。
せっかくの高級素材ですので、釈迦結びも入れてみました。
とてもラグジュアリーな雰囲気に仕上がっています。
僧侶向けと書きましたが、もちろん一般の方も、お使いいただけます。

じつは、仕立ても通常通りではうまくいかず、見えない工夫がしてあります。スリムな印象を壊さないよう、実用的にも切れずらく、糸の処理まで独自に考案した仕立て方をしております。

小回りの利く小さな商売の特性を生かして、こういう路線に力を入れていっても面白いなと思っています。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (16)
  • 興味深い (7)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (2)

良い珠です

写真ではどうしても伝わらないのですが、とてもきれいな珠を入荷しました。

男性用に使える大玉のタンザニア産のアマゾナイト。
色味が揃って、明るく透き通るような本翡翠。
一般に出回っているブラジル産とは明らかに違う、透明度の高いマダガスカル産のローズクォーツ。

IMGP4970

んー、伝わらないですね。ぜひ、実物をご覧いただきたいところです。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)