カテゴリー別アーカイブ: 未分類

日蓮宗型の修理

当店が承るお仕事で、意外と多いのが日蓮宗型の念珠の修理です。
日蓮系の宗派は沢山あるのですが、全国的にも割合でいうと多くはなく、北海道では曹洞宗や浄土真宗各派と比べるとかなり少ないと言えると思います。

ところが不思議なもので、宗派をお尋ねした時に、自信を持って答えていただくのは日蓮宗の方が多いです。同業者の間でも、「日蓮宗の方は熱心な方が多いよね」というお話をしていたことがあります。

日蓮宗は本式にこだわりますので、みなさんこの形を見慣れているかと思いますが、他宗の方から見るとなんとも珍しいのではないでしょうか。玉房が2個と3個に分かれています。

仕立てる手順でいうと、実は全宗派のなかで一番難しく、この形が作れると、他の形はすべて作れると言えるほど、仕立て技術の総集編となっているのです。

今でこそこうやって修理させていただいてますが、始めの頃は苦労したなぁ・・と。作るたびに思うことでした。

それにしても、このたびお預かりしたこちらの念珠、黒檀がみかん玉になっていてとてもかっこいいですね。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

法話はライブ 赤平市 西英寺様

赤平市西英寺様にて報恩講がつとまりました。

IMG_7896

本願寺派の北海道教区では、空知南組の報恩講スタンプラリーが大成功しており、それに倣って各地に広まっています。
続けて空知北組でも開催されるようになり、スタンプ帳を持って近隣のお寺をお参りして回る方がたくさん見受けられます。お日中は満堂となりました。

IMG_7901

布教使は深川市多度志の殿平善彦先生でした。
殿平さんといえば、遺骨調査でも著名な方で、最近みつかった韓国の方の遺骨のエピソードも交えてご法話くださいました。

僕は、殿平さんのお話を何度か聞かせていただいておりますが、語り口調がなんとも心地よく好きなのであります。
もちろんご法話の中で情報として新しい知識を仕入れることもありますが、それは本でも可能です。また、100席も聞けば、正直同じネタをいろんな方から何度も聞く機会はあります。しかし、法話はライブです。知識を求めて聞くだけでなく、本堂の雰囲気、声、言い回し、間・・・「聴聞」とはよく言ったもので、本では感じない耳からの刺激をフル活用して味わうわけです。

ここをご覧の方はたぶん、ほとんどご存じないと思いますが、ヴァン・ヘイレンというロックバンドがあります。
「CDをどんなステレオで聞いてもそれはアンタのスピーカーの音だ。ライブでは俺の最高の音を直接聞かせるから、とにかくライブに来てくれ!」と、20年数前にどこかで言っていたのを、ギター小僧だった僕はなぜかよく覚えています。
宗派によっていろんな行や読経、法話がありますが、いずれにしても仏教は机で学ぶものではなく、体験して体現していくものだと、改めて感じたのでした。

 

IMG_7914

恵信尼様のお軸。これは珍しい。

IMG_7919

御伝鈔を拝読しながら、絵巻物が公開されました。
高田派に伝わるものだそうです。
報恩講になると御絵伝がかけられますが、内陣の奥ですので、実際に細かい絵まで見ることができません。
こうして、当時の筆文字を追いながら近くで絵を見るというのはなかなか面白い試みです。

修理のお念珠をたくさん預かりました。
また、溜めないように頑張らなければ。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (5)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

納骨壇の納入

本日の現場は、納骨堂でした。
念珠屋さんとは言っても、おかげさまでいろんなお仕事をやらせていただいております。

IMG_5864

僕らが住む北海道のように、一年の半分が雪に埋もれている地域では、納骨堂はとても需要があります。お盆はともかく、春のお彼岸にはお墓参りはできませんからね。
とはいえ、最近ではお寺以外でも民間納骨堂も増えていますが、田舎に行くほど売れ行きは厳しいという話をよく聞いておりまして、納骨壇設置の職人さんも、以前のように毎日地方を飛び回るように仕事は入ってこないということでした。

これからの納骨堂経営は、ただ設置するだけは回らない時代になりました。
しかし、お寺は「営業」するわけにはいきません。それぞれのお寺の規模や性格、地域性に合ったスタイルで、それぞれに工夫していかれることと思います。
一般の方におかれましては、コインロッカーを選ぶような感覚で、料金や立地条件、設備だけで比べるのではなく、末永いお付き合いになること、場合によっては子ども孫まで影響することをよくご検討されたうえで決めて頂きたいと思います。

ちょっとした電気の配線工事を残してしまいました。
電源の取り回しが美しくないため、後日追加工事です。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

久しぶりの女性用です。写真の現物1点【限定品】

以前、当ブログでも材料の段階から紹介していたベリルの仕立てが完了しました。
日本名では緑柱石(りょくちゅうせき)、英名ではベリルと呼ばれています。
鉄、クロム、パナジウム、マンガンなど含まれる金属によって色が変わります。
ベリル自体は、あまり有名ではありませんが、色ごとに固有の名前が付けれています。

青:アクアマリン
緑:エメラルド
ピンク:モルガナイト
黄色:ヘリオドール
白:ゴシュナイト

房は水色系と迷ったのですが、春らしくピンクの松風房をつけました。
とても愛らしく、心弾む色合いです。
ショップサイト
http://nagaokanenju.shop-pro.jp/?pid=73381171

マルチベリル2

マルチベリル3

もう一点は、一粒ずつが、茶水晶と水晶のグラデーションになっており、角柱をひねったような形のおしゃれな玉です。
地味になり過ぎないように、辛子色の房を合わせました。

ショップサイト
http://nagaokanenju.shop-pro.jp/?pid=73381135
茶水晶グラデウェーブ4

茶水晶グラデウェーブ1

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

黒羅漢彫

黒らかん

うちで隠れヒット商品の筆頭にあげられるのがこの、黒羅漢彫を使った念珠です。
直径約16mmなので、18玉の片手念珠になります。
なぜ「隠れ」かというと定番商品として切らさないようにストックはしているのですが、作り置きの在庫になる前に、売れてしまうからです。親玉に天然石を合わせるとお手頃な石なら1万円台前半から、本翡翠や琥珀、ルチルなどの高級天然石と合わせて2,3万になることもあります。

そもそも羅漢(らかん)とはなにかという話ですが、略さずいうと阿羅漢(あらかん)といい、難しく言うと時代によっても解釈が違い諸説ありますが、語弊を恐れず簡単に言ってしまえば、仏教の修行者(または仏教を学ぶもの)の一番高い位のことです。特に禅宗のお寺では、阿羅漢である大迦葉から伝わった教えを重視して、十六羅漢や五百羅漢の絵や仏像をよく見かけます。
長岡念珠店としても、密かにイメージキャラクターにしている、周利槃特(しゅりはんどく)も、箒を履き続けて、最後には阿羅漢にまで達したと言われています。

そんな羅漢さんを彫り込んだ玉は、念珠の材料としてはポピュラーで古くから定番と言ってもよいでしょう。ただ、一般的によく見かけるのは、黄楊や中国の桃の一種の木などでほったもので、ほとんどが茶色い木の色を指定ますが、こちらは黒く染められています。この黒というのが非常によくて、意外と若い方が持ってもクールになりますし、年配の方が持つと貫禄があって、大変喜んで頂いております。

なかなか制作追いつかなくてネットショップや、展示販売の際に並ぶ機会が少ない材料ですが、これから男性用をご検討の方には、ぜひ選択肢に入れていただきたいと思います。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)