カテゴリー別アーカイブ: 近況

全体未聞! 念珠と仏教をゆるく語るメールマガジン

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

開業当初のお客様といえば、ごく一部のお寺と、熱心にそこに通われる檀家様がほとんどで、仕事の上ではホームページを作ることすら、どれだけ意味があるかと半信半疑でした。

10年前でも世間では、ネットやメールは普通に使われていましたが、60~70代のお客様がネットで調べてというのは考えずらかったのです。

ところが時代も変わりました

今でも、もちろん60~70代のお客様はたくさんいらっしゃいますが、「ネットで見付けた」とか、「Facebookいつも見てますよ」と言われることも増え、連絡はメールやLINEというのも、世代を問わず当たり前になってきました。

80代くらいになると、さすがに自分でパソコンを開いてという方は少ないですが、分からないことがあれば、すぐに娘さんなど身近で若い方にネットで調べてもらうというのは、当たり前になっているようです。

驚くほどのメールの履歴

最近、メールの履歴があまりに膨れ上がり、そのデータ整理する作業をしていました。古いメールを見ると懐かしいやりとりがたくさんあって、なかなか作業が進みません。

「お元気にしてるかな」と考え始めると、用事も無いのにメールをしてみたくなります。

我慢できずに、実際、メールやハガキを送ってしまった方もいます。笑
(あまりに久しぶりの方は、驚かせてごめんなさい)

そんなことをしているうちに、思いついてしまったのです。

そうだ、メルマガをやろう!

とはいえ、担当者が定期的に商品の宣伝を流すようなメルマガは、やっぱりうちには合わないんですよ。だからといって、僕が美味しいラーメンを食べた話を書いても面白くありません。

性分に合うというところで、「念珠と仏教のことをゆるくお伝えするお手紙」というイメージで、まずはスタートしてみたいと思っています。

ブログや他のSNSとはまた違った切り口で、お話しを書きたいと思います。
「中の人」は相変わらず店主ひとりですので、頑張っても月に2~3回も出せたら良い方でしょうか。

過去にメールのやりとりをさせていただいた方には、配信いたしますので、ご迷惑になるようでしたら、お手数ですが配信解除をしてください。

気になるので読んでみたいという方がいらっしゃれば、下記の登録フォームをご利用ください。
無記名、メールアドレスのみで簡単に登録できます。

メールマガジン登録ページ

メルマガのご意見、ご感想はもちろん、同じくお手紙のように近況を返信しただけても嬉しく思います。

たくさんのご登録お待ちしています。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

数珠(念珠)作り 体験レッスン受付中!

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)
※この記事はブログトップに固定されています。最新の記事は、二番目以降をご覧ください。

数珠(念珠)を自分で作って見たいと思ったことはありませんか?

長年お断りしてきた個人レッスンを、ただ今募集しています。

体験レッスン

自分のペースで趣味で始めたいというかたから、将来的には、お小遣い稼ぎ、独立開業を目指したいという方までレベルにあわせてサポートします。

まずは、体験レッスン!江別に来ていただいても、出張も、どちらも可能です。
江別、札幌近郊の方はぜひ。
当面の間、講習料無料、出張費無料、材料費2000円のみで、体験レッスンを受け付けております。

広い北海道、遠方の方はなるべく頑張りますのでご相談ください。
本州以内の方、場合によっては頑張るかも知れませんので、興味があれば連絡だけはください。

ご興味ある方はぜひこの機会にお申し込みください。

体験レッスンの特設ページ

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

新しいショップカードができました!

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

 

「ご自由にお取りください」の巻

ようやく近年になって、商品ディスプレイなども少し頭を使うようになってきました。
その中でも重要視しているのが、リーフレットやショップカード等の取り物です。

今までは総合リーフレット+名刺というのが定番のスタイルだったのですが、大きなリーフレットよりも、なんとなくサイフに入れてしまうショップカードのほうが媒体寿命が長いということも先輩に教わりました。

なるほど納得、さっそくショップカードを新たに作ることにしました。

印刷屋さんで一番単価がやすいのは名刺サイズです。だからショップカードも名刺サイズに、ショップの情報を詰めこめば良いと思っていました。

それにしても、ショップカードサイズという一回り小さいくせに少し高い謎の存在・・

衝撃の事実に気づきました!

名刺とショップカードって似たようなもんだって思いませんか?実は微妙に数mmだけショップカードは小さいのです。クレジットカードなどの大きさに近い。

だから、スタンプカードなんかもそうですが、サイフのカード入れに入れるとちょうど良くなるように出来ているのです。

ところが、たった数ミリでも名刺サイズでは、サイフに入れずらいことこの上ない。
たぶん、そういう使い分けなんでしょうね。

新しいショップカード

以前はオレンジ系だったのですが、ホームページなども少々都会的にクールに決めておりますので、それに習ったデザインを考えました。

紙も、コート紙を使わず、質感で和風のイメージを出したかったので、しっとりつや消し。
厚手の上質紙をあえて選んだのは正解でした。決してチープさもありません。

スマホでピッとやってもらえるように、QRコードなんかも、デザインに加えてみました。

裏面の秘密

そして、このショップカードの裏面。どうなっていると思いますか?

なんと、有り難いお言葉が書かれています。

(カルタみたい・・とか言わないの!)

これは欲しい!集めたい!

と、いってもまだ三種類のみですが、好評だったら増刷しながら、種類も増やそうかと思っています。

ちなみに選んだ三首は、浄土真宗宗祖の親鸞聖人、時宗開祖の一遍上人、曹洞宗の僧侶で歌人でもある良寛さんから、それぞれ一首ずつ。

(こうなったら百首選んで、オリジナル仏教百人一首をつくりたい・・・・野望)

色々考えて、好きな歌を選んだわけですが、改めて見ると三人とも謎と逸話の多い人物。少々好みが偏っている点はご了承ください。笑

ショップカードの目的は?

もちろん、長岡念珠店のことを知ってもらったり、連絡先のメモとして持って帰ってもらうためのものではあるのですが、それだけでは面白くありません。

お渡しするときに好きな歌を選んでもらったり、その歌にまつわるエピソードを縁に仏教のお話しできたら、これは楽しいのではないかと思って作ったものです。

どうやったら手に入る?

一番確実なのは、リアル長岡に会うことです。
また、イベント出店の際は出しておこうと思いますので、ぜひお立ち寄りいただければと思います。

オンラインショップでのご購入の際にもご希望のメッセージいただければ同封します。

あとはこのカードに、ほんのり白檀の香りでも吸わせておこうかな・・なんてことも考えております。

三枚の中に、気になる言葉はありましたか?ぜひ、ゲットしてください。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

プラユキ・ナラテボー師、北海道にて2回目の瞑想会

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

遅ればせながら、瞑想会参加のレポートをさせていただきます。

この度は、当別町の孝勝寺様が会場となりました。
まずもって、取り仕切ってくださった、副住職様、スタッフの皆さんは、準備から先生を見送るまで、大変なご苦労を引き受けてくださったこと、感謝します。おかげで大変有意義な機会をいただきました。ありがとうございます。

前回とは主催者がかわりましたが、僕自身は幸運にも前回に引き続き、声を掛けていただけるご縁があり、2回目の参加となりました。

プラユキ先生ってどんな人?

さて、仏教全般に関わる人、特にテーラワーダの本を読んでいるような方であれば、今やみなさんご存じとは思いますが、 続きを読む

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

念珠屋が作るプロモーションビデオのあとがき

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

この度、長岡念珠店のプロモーションビデオを作りました。
御存知のお方も御座りましょうが、 御江戸を発って二十里上方・・・僕がこの手の仕事を余所に依頼するはずもなく、100%夫婦ふたりで手作りとなっております。

映像を作る人たち

作っているうちに、映画でもテレビでも、監督ってきっとすごく面白い仕事なんだろうなと思いました。
それを言ったら脚本や美術、カメラマンだって、仕事がマクロになっていくだけで、プロジェクト下位でもそれぞれの世界が展開するのです。

いろんな方のセンスが融合するように作品が出来ていくんですね。

セルフプロモーションの今

自分の仕事を表現するにもいろいろな方法がありますが、最前線はネット動画によるプロモーションかなと思っています。

続きを読む

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (5)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

念珠屋が想う、イベント出店の意義

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

暑い日が続きますね。

今年(2017年)も、第二回目になるサッポロ・モノヴィレッジに出店することになりました。イベント自体は、昨年の初開催が大成功を収めたこともあって、今年は応募多数のため出店できない方もいたようです。

サッポロ・モノヴィレッジに関する記事はこちら

近年、考えていること

昨年が初開催だったサッポロ・モノヴィレッジですが、数年前から考えていたことがあります。

出張出店という形態自体は、創業当時から各お寺でやらせていただき、おかげさまで今や毎年恒例になっているお寺もたくさんあります。もちろんそれは有り難いことですし、対象となるお客様も自動的に日頃から熱心にお寺参りをされるような方ばかりということになります。

あるときから、お寺とは無縁の場所にも頑張って出店しようと思い始めました。

統計を取ると全体の来場者と、うちのブースに立ち寄ってくれた人の割合を計算すると2%未満という事がわかりました。

98%の人は念珠に興味が無い

高級店や個人店舗と違ってブース型のイベント出店ですと、買わずに店を出ずらいと言うこともありません。一応一通りは見て回るという人が多い中、98%の人は念珠屋だと認識した時点で見向きもしないという衝撃のデータでした。

続きを読む

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (7)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (0)

お客様と共に作る、もっと自由で楽しい数珠

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

オリジナルの念珠を作りたい

というご要望は意外にも多く、あれこれ玉や房を選んで自分だけの念珠にしたいというお問い合わせは頻繁にいただきます。

これ、すごくいい雰囲気だと念珠屋としては感じているんですよ。

なぜ、今までの念珠はダサかったか

以下、どこかの教科書に書いていたわけではないのですが、僕の個人的な考察です。

はっきり言ってしまえば、売り手の怠慢だと思うんです。なるべくお客さんに知識を持たせないで、安い材料で同じものを大量生産して高額で売る。その方が楽に儲かるんです。

その点、車なんかはは社内でもデザイン、安全性、走行性能、最近では環境性能なんかも十分審議検討されて、マーケットに流れればその反応から、また、よりよいものが出来ています。

昭和の時代、数珠の世界ではその流れが無かったのです。
買い手の方も、こんなものだと押しつけられると、こんなものかと思って買っていました。

実は、変わりつつある念珠業界

「長岡さんのところだけ特別!」みたいに言っていただけることが多いのですが、意外にも最近は老舗もオシャレな念珠を開発しています。

車や家のデザインもそうですが、念珠業界でもなんとなくトレンドがあり、アシンメントリーな配列や男性でもやや小ぶりの玉を使う傾向がありますし、従来は価値があるとされた共仕立(すべて同じ素材)よりも、個性的に素材をミックスしたものも多くあります。

うちが特別なのは、ハイセンスなデザインを売れることではなく、一人ずつお話しを伺ってから商品を提案したり、時には新たにデザインを起こせる事です。

若い世代に伝わる念珠を

先日いらした素敵な姉妹のお客様と一緒に作った念珠はこんなデザインになりました。
小さな赤ちゃんを抱っこしてこられた、若い世代の方です。


お客様のセンスを組み合わせて、今までうちでも作ったことがない新しいデザインが誕生しました。
(左)数種類のカラフルな唐木に本瑪瑙(めのう)仕立、(右)欅(けやき)と玻璃インカローズを交互にセット。
どちらも、素材の色なじみがよく、個性的なのにしっくりくる可愛らしい念珠になりました。

中村勘三郎の有名な言葉で、型がある人間が型を破ると「型破り」、 型がない人間が型を破ったら「形無し」というのがあります。

そこ行くと、頭が固い僕らよりも、固定概念のないお客様のほうが案外簡単に型を破ってくれることがあるのですが、脈絡なく自由に作るだけでは「形無し」の念珠になってしまいます。
それを、経験や知識をもって「形無しなアイディア」→「型破りな念珠」に仕上げていくのが、自分たちの仕事だと感じています。

「あー、これカワイイ!」から始まる念珠

念珠を楽しむのは不謹慎と思っている方もかもしれませんが、それを言ってしまったら、立派な仏壇やお寺の伽藍(がらん)は要りませんし、お坊さんの袈裟(けさ)だって本来はボロ切れでも良いはずです。みんな人間の都合で有り難く思ってもらえるように立派になったものです。

でも、そうじゃないと、大事に出来ないという人間は弱い性質なものですから、そのように進化してきました。
お気に入りの念珠を持つことは決して悪いことではないと思っています。

いくら買ってももっと高価な念珠が欲しい、他人の念珠より劣っているのが悔しいとなっては仏教的にも本末転倒ですが、「この念珠は素敵だな」というところを機縁に、仏教に親しんでいただければ何よりです。

市販の念珠もオシャレになりつつあるとは言っても、致命的な欠点があります。
それは、お使いになる方のためだけにデザインされたものではないということです。

本当に欲しいのはカワイイ念珠ではなく、仏教に少し前向きになれたという気持ちだったり、念珠にまつわる自分や作り手の想いの方かもしれませんね。

 

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

江別商工会議所へ

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

実は先日、地元の商工会議所へ入会しました。

入会するとこんな立派なプレートがいただけます。

『江別商工会議所会員之章』

法人だけでなく個人事業主でも入会できるため結構前から考えていましたが、今年度は長岡念珠店にとって法人元年ということもありますし、これを機縁に入会することにしました。

商工会議所の方でも、こんなメリットがありますよということこと色々謳ってはいますが、うちのように特殊でかつ零細になると、直接的なメリットはほとんど無いんです。

デメリットは、それなりの年会費。田舎ほど高い傾向があり、江別は東京商工会議所の2倍ほどです。

商工会議所に入るべきか?

そこで、ここ最近は地元の大先輩を捕まえては、「商工会議所ってどうなんですか?入った方がいいですか?」と下世話な質問を続けてきました。

みなさんそれぞれに、いろんな事を教わりましたが、口を揃えていうのは「そりゃ入った方がいい」ということでした。

江別市民として

考えてみれば、江別市民になってかれこれ9年です。念珠屋を初めて8年。(2017年時点)

子どもの頃から親の転勤などありましたので、9年も同じ土地に住んでいるのは、人生で最長です。そして、社会人としては失格だった僕のことですので、同じ職業を8年も続けているのもまた、人生で最長です。

そう思えば、腰を据えて、地元に根ざして行くことの一環として、地元商工会議所とのコネクションは、目先のメリットではなく、将来こそ意義あるものになってくるのかなと考えています。

変わりゆく仕事の意味

何かが急激に変わるわけではありませんが、仕事のあり方も自身の考え方とともに、ずいぶん変わってきました。

あまり先の事は心配してもしょうが無いのですが、ただ我武者羅な時期から一歩踏み込んだ経営手腕が問われる時期ではないかと思っています。

手探りですが、色々試してみます。
今後とも、よろしくお付き合いください。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

福祉施設で作る数珠

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

当店もおかげさまで、多方面でお仕事させてもらえる機会が増えてきました。
仕事の意義が少しずつ形になってきている実感があります。

就労継続支援B型

今月(平成29年6月)「ARC ~歩~」(以下アルク)という就労支援B型事業所が札幌市にてスタートしました。 続きを読む

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (9)
  • 興味深い (4)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (3)

トラピスチヌ修道院

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

函館散策

先日、函館のお寺へ納品があり、送っても良かったのですが、せっかくの機会ですのでお寺にも寄らせていただきながら、函館市内を回ってきました。

感覚的な話で申し訳ありませんが、仏教寺院でいうと浄土宗が多かった様に思います。
それと、立派な神社が多い。そんなことないでしょうか。

本州の方からすると北海道一括りにしがちですが、面積で言えば10県以上あってもおかしくない広さのです。地方によって全然文化が違います。特に函館は開拓が早かったこと、松前藩の影響などもあり、北海道の中でも独特の歴史、文化があります。

トラピスチヌ修道院

宗教関連施設で、前から一度訪れてみたいと思っていた、トラピスチヌ修道院。

恥ずかしながら、こちらの世界に関しては全くの無知で、トラピストとトラピスチヌを混同しておりました。トラピストは男子修道院、トラピスチヌは女子修道院なんだそうです。

北海道の方ならおそらくご存じであろう「トラピストクッキー」は、男子修道院のほうです。
こちら女子修道院の方は、マダレナ(フランス発音だとマドレーヌ)が有名。それはそれは美味しいという話を後から聞きまして、買わなかった事を後悔しております。それもまた、次回のお楽しみということで。

聖ミカエル像

門をくぐって最初に迎えてくれるのはミカエル様。
かねてからお名前は伺っておりますが、さて、どうのような・・

ミカエルというヘブライ語を直訳すると「神に似たるものは誰か」という意味なんだそうで、天使の中でもとても大事にされているようです。

カトリックのイメージが強いですが、プロテスタントでも、ユダヤ教、イスラム教でも登場するんですって。

右手には剣、左手には秤を持っていることが多いそうで、守護者のイメージ。

あれ?なんか見たことあると思ったら、お不動さんによく似てませんか。
他人のそら似とは思えないほどキャラがかぶっています。不動明王も剣と逆の手にはなにか紐のようなものを持っています。

 

聖母マリア像


キリスト教ド素人の僕も、さすがにマリア様の名前くらいは知っています。

なんとも、異常なリアル感はどこからくるのかと考えたのですが、我々が普段見慣れている仏像というのは、いろいろな部分がかなりデフォルメされているんですね。
ところが、マリア様はスタイルの良い女性を実にリアルな人間の姿として表現しています。

よく知られたところで、仏の三十二相という身体的な特徴があると言われていますが、それは普通の人間ではないこともけっこう含まれています。

それぞれに、伝統や文化があっての事なんでしょうけど、西洋文化の宗教像は写実的ですね。

 

修道院

前庭を一番奥まであるくと大きな建物があります。この中で、今も修道女が規律正しい生活を送っています。一般の人は入ることができず、修道士であってももちろん男子禁制。
ほぼ自給自足に近い生活だそうです。売店には手作りお菓子などが売られており、最小限必要な現金収入はそこから得ているということでした。

 

聖テレジア像

テレジア様につていは話すと長くなるので割愛しますが、自叙伝『ある霊魂の物語』は世界中で読まれ、テレジア関係の本はたくさんあります。洗礼名でも「テレジア」は大変人気があるそうです。

仏教書ばかりで、キリスト教の勉強は全くしたことがありませんが、もう少し見聞を広げたいなと思っています。

 

ルルドの泉

修道院前庭のほぼ中央あたりにあるルルドの泉。
もともとはフランスの小さな村で起きたという伝説で、そのお話しに沿ってこの像も造られているそうです。

下がベルナデットという少女で、上が聖母マリア。

カトリックの場合はこれが定説のようですが、聖母マリアかどうかということについては解釈が諸説あり、議論は今も続いているようですね。

かなり語弊があるかもしれませんが、この状況を一言で説明すると、ベルナディットがお祈りすると聖母マリアが出てきて、急に泉が湧き出し、その水で病気の人々が癒やされたというのです。

カンの良い方は僕が何を言いたいかお気づきでしょうか。
そう、弘法大師の温泉伝説とほとんど同じだと思いませんか。
何でも仏教がらみの話とこじつけてスミマセン。

それにしてもこういった伝説の類いは、芋づる式に情報が出てきて、調べてみるととても面白いです。

売店ではロザリオも!

きれいなロザリオが売られており、念珠屋としては非常に興味深く、勉強のためにも一つ欲しいなと思ったくらいです。

しかし、さすがに畑違いで勇気が出なかったことと、業者目線で言ってしまえば、使ってる素材や作りなんかは、やはりお土産屋さんレベルなのかなという感じもして、せっかくならもちょっと本格的なロザリオを手に取りたいということで、今回は辞めておきました。

キリスト教も興味深い

普段は、仏教は仏教の中だけで凝り固まっていると行き詰まることも多いのですが、こうして、色々な宗教に視線を広げることで、世界の宗教観を俯瞰していけるような気がします。

アメリカで大流行して日本でも流行りつつあるマインドフルネスなんかは、可能な限り宗教色が排除されていますが、それは、必要な栄養素だけとれたらいいとサプリメントを飲むような行為にも感じます。

一見すると実に無意味にも感じる宗教の部分をかみ砕くことで、そこの含まれる栄養素だけでなく、人間形成していく上でのバランスの良さがでてくるのかなと。

そうなってくると、イスラム教やユダヤ教だって、もうちょっとふれみたいという気になりますね。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)