遊び心

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (4)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

こんなときに数珠を買う!

「念珠と言われても、今は特に何もないのにねぇ・・」
「数珠っていつ買う物なの?」
「用意しておかないと・・とは思うんだけどね。」

普段の会話の中でよく聞かれることです。

身内が亡くなった、または亡くなりそうだから慌てて・・というのは、説明するまでもなく良い買い物ができないということは、今までの記事でも何度もお話ししてきました。

念珠を買うきっかけ

一番多い理由

「身内が亡くなったので慌てて」という人の場合は、用意していなかったけど明日のお通夜に間に合うように、という意味で急いでいます。しかし、亡くなったのが本当に近い配偶者や両親などの場合、念珠どころでは無いことが多いです。

実は、念珠を買う理由として一番多いのが、「先日の葬儀で用意できなかったので・・」というパターンです。

初七日くらいまではバタバタして結局無いままだったけど、やはり用意しておきたいと思うようになり、問い合わせてくださる方が多いです。四十九日や一周忌には間に合いますね。

一応持ってはいたけど、久しぶりに出してみたらボロボロだった・・というお話しも多いです。

大事な葬儀の時に持っていなかったことは、恥でも難でもありません。
むしろそうやって念珠を持たなきゃと思えたことは、大変な縁があったということだと思います。

長岡と出会った

みなさん、どんなきっかけで念珠を購入されるのかなと考えたときに、無視できない数になってきた理由があります。

もともと、念珠を求めていたわけではないども、別な理由で僕と出会って以来、今まで考えたことも無かった念珠を持つということを考えてくださる知り合いもとても多いです。

それが何百人いようとも、日本中で念珠を求めてる分母を考えたら、ほんのごく一部ではあります。
それでも、念珠を用意したり、ボロボロになったものを修理しておこうと思えた縁となれたということは嬉しく思います。

実際には、念珠屋だと知ったのですぐに買おうとはなりませんが、「知り合いに念珠屋がいる」×「自分を動かす何か」ということがあってということですね。

営業することが極端に苦手な性分でして、ことある毎に挨拶回りをしては宣伝して歩く営業マンをみると凄いなと思うのですが、何かもう一つきっかけがあったときには、長岡のことを思い出してください。

どんな理由であれ、ご縁があったのです

その他、こんな念珠が欲しいという御希望のもとを辿ればじつにそれぞれ個性的で面白いです。

森のような念珠にしたいとか、ファイターズっぽい色にしてくださいとか、私のイメージでデザインしてちょうだいなんていうこともあります。

何かしら思うところがあって、お守りにしたいという方もいます。
仏教の法具としての念珠とお守りは直接関係ありませんが、それもまたご縁ですね。

最近あったとてもユニークなご注文は、「乃木坂48(濃い紫)、欅坂48(緑)の両方のファンなので」というアイドルファンの方からのリクエスト。

「親玉を紫にすると、乃木坂推しになっちゃいますけど大丈夫ですか?」等というメールを大真面目でやりとりして出来上がった念珠がこちら。

こういう理由を「不純な動機」と思う方もいるかもしれませんが、それを言ってしまったら、両親が亡くなったのを縁に念珠を買うというのもさほど変わりません。両親の死と、自分の信仰は別の物ですからね。

今年は、こちらの念珠でお墓参りをされるそうです。すばらしい!

参考までに、まだ新しいSTU48(瀬戸内)のカラーはこちらなんだそうです。

ジャクチョーさん、買ってくれないかな・・瀬戸内だけに。

まとめ

結局、なにをきっかけに念珠を求めようかなんてというのは、どんな理由でもいいと思うのです。こじつけでもいいです。

そして、念珠を持ったら終わりかというとそういうことではありません。

今までは重きを置いていなかった法要に参詣したり、たまにはお墓参りしようかなという気分になったり、とりあえず実家の仏壇にでも・・と、また縁が縁を呼ぶものです。

既製品の中でイメージが湧いてきたら、ぜひ、ご相談ください。
秀吉じゃないですが「鳴かせてみよう」の精神で、精一杯考えたいと思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (4)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

私が念珠屋になるまで・・改め その7(最終回)

昨年末から歳をまたいで書き続けたこのシリーズも、今回で最終回にしようと思います。

その1から通算すると、たぶん原稿用紙60枚くらいになりますね。
書いた方もどうかと思いますが、全部読んだあなたもどうかしています。笑

ありがとうございました。

前回の話で社会人として最悪のところまできました。
そして、タイトル通り、念珠屋にはなりました。

最後にお話ししたいのは、タイトルにも添えた「・・・改め」の部分です。

これまでの話を読みたい方は、こちらをどうぞ。

その1(学生時代)
その2(プログラマー)
その3(介護の仕事と営業職さがし)
その4(仏具屋との縁あって)
その5(粉本主義と営業職に違和感)
その6(会社を辞めてはじめた小さな念珠店)

絶対に潰れない商売

たった1年で6割の企業が消える

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (12)
  • 興味深い (4)
  • 考えさせられる (7)
  • なるほど! (1)

私が念珠屋になるまで・・改め その6

この、自分史徒然も「その6」となりました。
なるべく話を膨らまさないように、念珠屋になるまでに直接影響した部分のみを書くようにしていますが、振り返ると、こんなにも様々なことがご縁となっていたことに改めて気付きます。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (8)
  • 興味深い (11)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (1)

私が念珠屋になるまで・・改め その5

近頃、人に会う度に「ブログ読んでますよ!あの続きは?」と言われることが多く、とても有り難いことです。

マーケティング的なブログのセオリーからすると、有名人でもない限り貴方自身のことを書いても誰も興味ないというのが教科書的なブログ運営です。

しかし、あえてやってみると、意外な反響があり嬉しい限りです。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (13)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (0)

私が念珠屋になるまで・・改め その4

どうしようもない学生時代を経て、転職を繰り返す20代も終盤にさしかかったころ、「営業職」を探し始め、偶然みつけたのが仏具の営業でした。

札幌時計台からほど近いビル、雪深い季節でした。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (13)
  • 興味深い (11)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)

念珠が1万円! 高い? or 安い?

「念珠って、いくらくらいで買えるの?」

お客さんとしてではなく、別なところで知り合った人によく聞かれる質問です。

これはなかなか難しい質問です。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (10)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (4)
  • なるほど! (1)

私が念珠屋になるまで・・改め その3

僕がどうやって念珠屋になったのか、その経緯を徒然書いています。

なんとなく過ごした高校時代。
一人暮らしの自由さに、気ままに遊びまくった大学時代。
そして、就職するも、社会の厳しさに心折れた20代。

遡ってお読みになりたい方は、その1その2もご覧ください。

この記事では、いよいよ仏教との出遇いに近づきます。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (7)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (0)

私が念珠屋になるまで・・改め その2

僕がどうやって念珠屋になったのか、その経緯を徒然書いています。
2回目になるこの記事では、社会人になった20代半ばくらいまでの話です。

学生時代のエピソードを読みたいというもの好きな方は、こちらもご覧ください。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (11)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (0)

私が念珠屋になるまで・・改め その1

改めてご縁を振り返ってみよう

以前は、「まさかオマエが念珠屋になるなんてね」と言われていた時代がありました。
5,6年前は「どういう経緯で念珠屋になったんですか?」と聞かれることが多かったです。

最近では、すっかり念珠屋のイメージが定着したのか、とくに疑問に思われることもありません。

急に自分自身を振り返ってみたくなりました。

もちろん、ここに書いたとがご縁の全てではありませんが、今の自分に少なからず影響を与えたなと思えることを長々と綴ってみようと思います。

ご興味がある方は、以下お読みください。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (16)
  • 興味深い (4)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (1)

念珠屋のお仕事

お客様の疑問

長岡は普段、何をしているのか

先日、いつも僕のことをかわいがってくださる住職さんとお話しをしておりました。
より仕事が成功するように、紹介できるお寺などを考えてくださっていたのです。

普通、仏具関係の営業マンといえば、四六時中お寺に通って営業していますし、制作の職人といえば朝から晩まで、親の代から続いている仏具の制作をしています。

あまりに営業に消極的なうえ、一日中念珠を作ってばかりでもないということを話すと、衝撃の一言を言われました。

「え?じゃあ、普段何してるの?」

実はこれ、いろんな方にずいぶん言われるんです。

みなさん不思議そうなので、何をしているか、書き出してみようと思います。
うちは夫婦経営で常駐の従業員はおりませんので、基本的には夫婦どちらかがやっています。

長岡念珠店の仕事

念珠

  • 今後売るための念珠の制作
  • 注文された念珠の制作
  • 依頼された念珠の修理
  • 新作のデザインを考案
  • 相談された念珠のデザイン提案
  • 念珠の玉、紐や房等、資材の発注業務
  • 北海道産木材の買い付け、加工

ネット関係

  • ホームページ管理
  • ブログ
  • メルマガ
  • 各SNS(LINE@、フェイスブック、インスタグラム、ツイッター)
  • オンラインショップ
  • それらにまつわる、写真の撮影、テキスト制作、取材、実験等

営業、販売

  • 寺院出店
  • 一般イベント出店
  • 念珠、仏具等の納品
  • ニュースレター

経営、経理、事務

  • 売上管理
  • 顧客管理
  • 簿記
  • 各伝票作成
  • 在庫管理
  • 新商品、イベントの企画
  • 予測会議

庶務、業務

  • 備品整理
  • 在庫整理
  • 段ボール等副資材の管理
  • 梱包、発送業務
  • 道具の制作
  • 什器の制作

切りが無いのでこの辺で。

まだまだ、仏具のこと、教室関係とか、少し先の事を見据えた企画に関すること、マーケティングに関すると、たくさんの仕事があります。

それに、やりたくても手が回っていない仕事はもっとあります。

仕事って・・・

諸先輩にはすばらしい経営者がたくさんいらっしゃいます。

もし、これからビジネスを始めたいとか、始めたばかりという方が見ていましたら、悪い例として参考にしてください。
ビジネスはシンプルにやった方が良いらしいです。

でも、楽しいんです。

たとえば、効率よく完成度の高いプラモデルを無駄なく短時間で作ったらどうでしょう。
考えたり、失敗したり、キャラクターのこと、塗料のこと勉強したり、制作技術を磨いたりしながら、あーでもない、こーでもないと作るのが楽しいんだと思います。

楽しいことばかりやっていては、そんなに儲からないです。

それでも「楽しすぎて疲れた~、そろそろ休むかな~」と、遊園地の帰りに眠りに落ちるみたいに、死んで行くのも悪くないなと思っています。

それまでの間、少しでも「長岡念珠店に関われて良かった」と思えるような仕事を続けていきたいものですね。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (3)