うんちく

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (9)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (1)

念珠が1万円! 高い? or 安い?

「念珠って、いくらくらいで買えるの?」

お客さんとしてではなく、別なところで知り合った人によく聞かれる質問です。

これはなかなか難しい質問です。

今や100円ショップでも売っています。
500円のものもあれば、5千円、5万円、50万円だってあるのです。

値段の付け方

商品の価格って相場があるんでしょ?

まず知っていただきたいのは、ほぼ同じだろうと思われる商品でも10倍値段が違うことが平気であるということです。

これは念珠に限った話ではありません。

100円のコーラを1000円で売る

昔、そのようなタイトルの本が売れていました。
そんな事あり得るのか?思うようなタイトルですが、簡単な話です。

コンビニで1本1000円のコーラが売れるはずはありませんが、高級ホテルのスィートルーム、ルームサービスを頼んだとしましょう。

ボーイがワゴンで運んできて、バカラのグラスにアイスペールからロックアイスを入れます。

その場で、プシュっとコーラの缶をあけて注ぎました。

それを、革張りの高級ソファーで、仕立ての良いガウンを着て、ホテル最上階の夜景を眺めながら飲みました。

チェックアウトのときに、昨夜のコーラが1000円だと知っても、全く不思議には思いません。

念珠の場合はどうやって決める?

さて、念珠の値段に話を戻しましょう。

仏具関係全般に言えることですが、「高くするほど有り難い」という不届き者の理論がまかり通っていた時代がありました。

一応断っておくと、高くすることが悪ではありません。
ホテルのコーラのように、コーラをよく知っているお客さんの満足に対して適正な対価なら良いのです

ネットで情報が溢れ、他店の値段も簡単に調べられるようになった今は、法外なぼったくりは少々落ち着いた印象もあります。

逆に、「見た目」と「適正価格」が固定されると、見えないところでコストダウンを計るしかないという業者が多いのも残念なところです。

提案、材料の質、加工、仕立、そしてアフターケアまで含めると、うちではかなりのコストパフォーマンスで提供しているつもりです。 

その中でも、値段を決めているのは、材料の質と加工の部分です。

他の項目に関しては、値段が大きく違っても、対応はほとんどかわりません。

他社さんはわかりませんよ。あくまで長岡念珠店の場合です。

1万円の念珠は高いか?

たとえばレストラン

そこそこの料理を出すお店で、ちょっとしたコース料理とお酒を飲んだら1万円というのは、ファミレスよりはかなり高いですが、高級店までは行かないと思います。
顧客単価1万円というのは、外食産業が、今一番狙っている価格帯らしいです。

ゆっくり食べても2時間くらい。念珠は一生使えます。

たとえば遊園地

東京ディズニーランドの1デイパスポートは、7400円。
これに、決して褒めらたものではない園内のレストランでランチを食べて、ポップコーンを買ったら1万円。

遊園地なら1日楽しめます。念珠は一生使えます。

たとえば洋服

アパレル業界とはすごいもので、いわゆるファストファッションの安さには驚くばかりです。陰では多くの問題も抱えていますが、その話はさておき・・
「しまむら」に行けば、ちょっとしたスカートとセーター、そして、今年流行っているデザインのコートを買っても、1万円くらいでいけてしまいます。

1シーズン着たら流行も過ぎてしまいます。念珠は一生使えます。

それでも高いですか?

「うわっ、念珠やっす!1万円安すぎ!」

ってなればいいのですが、現場では、1万円の念珠とはけっこう意識高い系のレベルです。


意識高い系のお姉さんが買ってくださる、ブルークォーツの雫(しずく)カット仕立 10,800円

現実は厳しいもので、うちで一番たくさん仕立をしている念珠は、3千円くらいの古い念珠を2千円くらいで修理しています。

いずれにせよ、100円ショップには何も罪はなく、それが世間の感覚だということを肝に銘じて、業界のイメージアップを考えたいと思っています。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (9)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (1)

数珠が切れた!どうしたらいい?

念珠を購入するときに、「高いものは、絶対切れませんか?」という質問が意外と多いです。

そんなときには「いずれは必ず切れるので、修理が必要です」とお答えします。

念珠は壊れる

壊れない車はない。切れない念珠もない。

「高いものは、絶対切れませんか?」というのは、「高級車は絶対に壊れませんか?」という質問と同じです。

確かに程度の悪い中古車よりも、ある程度の値段の車の方が壊れる可能性は低かったり、軽自動車よりも高級車の方が、コストよりも耐久性や安全性を重視した部品を使ったりしていることはあります。

しかし、「絶対に壊れないか」と言われたら、それはあり得ない話で、いずれは「絶対に壊れます」故障率100%です。

念珠も同じで、使用期間に大きな差がありますが、必ずいつか壊れます。

念珠の修理が車とは違うところ

念珠は、玉の部分(木、天然石など)と、繊維の部分(糸、ひも、房)で構成されています。

これは、高級念珠でも、安価な念珠でも、大きな違いはありません。

(そもそも、仕立できない人が作っている形の念珠も少なからず存在しますが、当店では扱っていません。)

一般に、木玉でも普通に使っていて100年で腐って崩れる事はないでしょうし、天然石に至っては、表面のツヤがなくなったりキズはできますが、素材自体は1000年経っても人の見た目にわかるほどは変化しないでしょう。(確認する術はありませんが・・)
もともと地球と一緒に形成されてきたようなものですからね。

しかし、房や糸などの繊維部分は、そうはいきません。
ハードに使い倒す方ですと、1年もしないで切ってしまいます。

腕輪念珠でも、毎日ずっとつけているという方は、短期間でゴムが劣化してきます。

念珠の寿命

一般的に、どういう感覚かというと「数年で壊れるようじゃ困る」という方もいますし、「結婚したときに持たされて、あれから30年」方もいます。

要は使い方次第ということですね。

また、僕らの感覚では、いくら何でも房を換えた方がいいのでは?と思っても「まだ、なんともない」という方もいます。

どのタイミングで修理したくなるかという、感覚的な個人差もあります。

修理の前に考えること

直したいのは、どんな念珠ですか?

修理の問い合わせの際、どのような念珠ですか?とおたずねすると、9割くらいの方が「普通の」と答えます。

実に面白いのは、たくさんの種類、形があるなかで、どの方も自分の持っている念珠が「普通」だと思っているんです。

もちろん、専門用語は出さなくても、どんな形か教えてください。

玉の大きさは何ミリくらいか、どんな素材で、どのように並んでいるのか。
どんな形の房が、何個付いているか・・

そのように、教えていただけたら、こちらも大体想像が付いてきます。
メールが使える場合は、写真を送っていただけると、さらに確実ですね。

直したい念珠の価値は?

今回修理したい念珠は自分で買ったものだという方はあまりいません。
仮にそうであっても、ずいぶん前のことで当時の値段は覚えていないことが多いです。

素材についての価値判断は、僕ら業者の方が積極的にするべきだと思っています。

みなさんにお訊きしたいのは、「貴方にとっての価値」です。

機会があったら買い換えてもいいものなのか、特別な想いがあって何があっても使い続けたいものなのか。

それは人それぞれで、「どうせ使わないけど、一応直しておきたい」という方もいますし、「命のように大事にしているものなので、なにとぞ・・」という方もいます。

その上で、買った方が安くても直すのか、とても良い材料なので直してつかいませんか、というご提案もできます。

原状復帰だけじゃない、念珠の修理

修理品をあずけたら、すぐに去ろうとしてしまう方もいるのですが、もう少しだけお付き合いください。

たとえば、今まで紫の房が付いていたからといって、必ずしもそれがベストとは限りません。好みで変えることもできます。

また、八宗用とよばれる一般的な二輪の形でも、少しの手間で各宗派の形に即した形に直せる事もあります。

お好みで、ポイントに別な石を足して、生まれ変わった念珠をお作りになる場合もあります。

このあたりについては、お客様ごとの事情を考慮して、ご提案しています。

*****

糸が切れそう・・房がくたびれてきた・・等、気になる部分が出てきたら、ぜひご相談ください。

普段しまい込んでいる方は、急に使う機会が来る前に、時々出してみてくださいね。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

曹洞宗型数珠の本銀環SV925

曹洞宗の数珠とは?

シルバーリング? SV925のお話しです。 続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (4)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

念珠修理って、とても難しい理由

十連十色の念珠修理

修理品の預かり

「これ、直してくれる?」と、気軽に修理を依頼してくださるのは嬉しいのですが、受け取るこちらは意外と慎重です。
と言いますのも、やってみないと、どこまでどういった対応ができるのか、それでお客様が満足していただけるのか分かりません。 続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (5)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (0)

細かすぎて伝わらない、長岡念珠店のこだわり

長岡念珠店のファンで、安心して買ってくださる方は、読む必要はありません。

以下、かなりオタクな内容になりますので、ご興味ある方のみどうぞ

みなさんは数珠を購入するときにどんなことを基準に選んでいるでしょうか。
玉や房の素材、色、形が目に入るところですね。

もうちょっとこだわる人だと、ちゃんと良い木材や天然石をつかっているのかといったところでしょうか。玉の加工は程度の良いものかというところまで気になれば、かなりの念珠マニアと言ってもよいでしょう。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (1)

北海道で作る数珠

ネット時代、とても便利なもので、隣町からも本州からも同じような感覚で念珠のご相談、ご注文を承っております。

北海道の念珠屋です!


ドングリの木、ミズナラ。ナラは本州でも取れますが、北海道産のものは品質が高く、海外へ輸出していたという歴史もあります。

今更ですけど、そうなんです。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (7)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

数珠は竜巻を起こすか?

念珠の効果はあるか?

「そんなものあるわけないでしょう!」と一言で返すのはあまりに雑な対応と、最近は思っています。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (5)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (2)

念珠愛尽きぬブログのゆくえ

近頃、Webマーケティングなどについて学ぶと、仕事として一生懸命ブログを書いている方がますます多くなっているようです。

ライバルがほとんどいない

念珠店で、ある程度ネットで検索でき、かつ、ブログをやっているところというと数えるほどしかありません。そういう意味では同業者のライバルが少ないと言っても良いでしょう。

まあ、こういう状況を「ブルーオーシャン発見!」と言うやいなや飛び込もうとする実業家がもいますが、悪いこと言いませんので、念珠業界で一稼ぎしようというのはあまりオススメしません。

誰も気づかなかったマーケットではなく、とっくに衰退したマーケットだから、同業者がいないのです

なぜ頑張るの?

では、長岡念珠店がその衰退した業界から逃げず、なぜ頑張っているいるかというと、背景に「念珠という仏教の法具を扱っている」ということがあるからです。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)

食い物にされるクリエーター達

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

近頃、良い子ちゃんぶった記事ばかり書いてきましたので、念珠とは直接関係ありませんが、たまには少々毒を吐いておこうと思います。

「ものつくり」ブーム

なんだか「ハンドメイド作家」みたいなのが、ずいぶん流行っているなと感じませんか。

それ自体はとても良いことで、楽しいアイディアで、それぞれに腕を磨くことは、とても豊かな生き方だと思います。

たぶん、それを手に取る人も商品自体の魅力に加えて、そういった思い入れや気持ちを受け取りたいのだと思います。

そこで多くのクリエーターが考えるのがネット販売、そしてイベント出店という販売方法です。

イベント出店の目的

先日はサッポロモノヴィレッジに出店してきました。
当店では、それなに出店の意義があってだしており、売上は多いに越したことはありませんが、一番の目的ではありません。

それぞれどのような思いで出店しているかというのは、実はとても重要な事のように思うのです。

なぜ重要かというと、出品する作品のジャンルよりも、本当は出店する「心意気」で分けて欲しいと思うのです。

これ、もしイベント主催側の人が見ていたら、ぜひ聞いて欲しいです。

我々のように、それを生業にしている人、お小遣い稼ぎに来ている人、赤字でもいいから楽しめたらいい人が、隣同士並ぶのは、あまり好ましくありません。

何が言いたいかと言いますと、敷居が低く参加しやすいのはいいことですが、プロ用のイベントが少なく、せっかくプロ向けの雰囲気でも、いつの間にかお店屋さんごっこの叩き売り合戦になってしまうイベントが多いです。

 

本気モードのクリエーターが育たない

普通に会社や店舗を経営するというのは大変なリスクを背負います。気軽に出店できるイベントは良いことだらけのように思いますが、落とし穴もあります。

かなりのレベルで作品を仕上げて、相応の値段を付けている方もたくさんいます。ところが、素人作品を身内のバサーみたいに投げ売りする出店者が増えると、イベントの相場がそのようになってしまいます。

分かりますよね?たとえばフードコートに3万円のコース料理出して食べる人がいますか?という話です。どんなにこだわりの最高級食材を使おうと、有名シェフが作ろうと、そこでは売れません。

実は今日、あるイベントの視察をしてきたわけですが、あまり雰囲気は良くないです。見る限り、ほとんどの出店者が何をしに来ているか分からない。路上の占い師のように、ひたすら無表情で固まっています。

作品を手に取って欲しいのか、触られたくないのかすらわからない。そして、コストが回収できていないであろう価格。中にはすばらしい技術を持った方もいるのに、それが相場になってしまったならもったいないです。

クリーエーターの残念な展開

本当に良いものを作っているクリエーターが、運良く資本のある人にプロデュースしてもらえる場合もあります。急に、有名店に並べてもらえたり、ある程度の数が売れて、作るのが追いつかない様なことにもなりえます。

しかしそれって、資産家がクリエーターという商品を流通させているだけで、クリエーター本人が成功しているわけではありません。資産家はお金の流れが悪くなると、もっと儲かる物に乗り換えるだけです。

結局「ものつくり」ブームって・・・

クリエーターが増えたとか、そういう作品を求める人が増えたという事もあるのかもしれませんが、「クリエーターを食い物にする輩」が一番増えているという感じがしてなりません。

いつもブログを読んでくださっている皆さんならお気づきかも知れませんが、長岡念珠店はセルフプロデュースにこだわっています。

自身で作る念珠屋さんということで「ものつくり」をする人と言われることが多いです。しかし、僕は念珠を制作する時間の10倍以上、みなさんに念珠の魅力を伝えることに時間を使っています。だから自分は、クリエーターとも職人とも思っていません。

セルフプロデュース

もし、自分の作品を世の人に知ってもらいたいと考えたときに、イベント出店はベストな方法ですか?

仮に目的があって出店するとしたら、無表情で終了時間まで座り尽くすということは無いと思います。そういう志の高い方と、(価格ではなく志が)ハイレベルなイベントが開けたら面白いだろうなと考える事もあります。

北海道の人は、見栄えしてお手頃な物が好きです。だから、おみやげの箱は大きい。

小さくて高級なものを買うのは苦手で、まして形のない音楽や芸術、技術やサービスにお金を出すのはもっと苦手です。

でも本当に心豊かで、高い理想を持ったクリエーターがたくさんいる北海道ですので、セルフプロデュースの文化がもっと育つと良いなと思っています。

念珠自体を広める事ももちろんですが、スモールビジネスのありかた、食われないクリエーターの生き方というのも、機会があれば、これからそういう人生を考えている人に伝えたいと思っています。

そして、イベントやネットの販売サイトでも、志による棲み分けをして、活躍するべき人を食い物にせず、技術とセンスで活躍できる環境が整うことを願っています。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (3)
  • なるほど! (2)

数珠が切れるとき~八宗用から門徒仕立てへ~

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

実は直してばかりいます

皆さんのイメージでは、念珠屋さんは1年中、新しい念珠を制作していると思っているかも知れませんが、新規で仕立てることよりも、修理の方が数でいうと多いです。

うちでは加工状態の良い玉を選んで制作していますが、修理になると、あらゆる事態が想定されますので、「念珠が作れる」と「念珠の修理ができる」というのは別の技術です。

自店で売ったものしか受け付けないというお店もありますが、おそらくそういう事情です。

念珠が壊れるとき

いろんなことが考えられますが、一番は古くなったということだと思います。

玉の部分は素材によって経年変化はあっても強度が極端に落ちることはありません。
しかし、中通しの糸や、房については、年数が経つと古くなります。

「故人のメッセージかも」「霊の仕業だ!」「妖怪のせいなのね、そうかもね」とおっしゃる方もいますが、仏教の立場としては、基本的にそのような事は関係が無いと考えます。

そのあたりはデリケートな部分でもありますので、いずれ別な記事として取り上げたいと思っています。

ペットにかじられた!

そんなことあるかいな、と思いますが、実は近年けっこうよく聞くパターンです。特にわんちゃんは房の部分がとても楽しいようで、かじったり振り回したりしたくなるみたいです。

昔とちがって、室内犬が増えたということもあるでしょうね。

でも、かじるのは犬だけではありません

子どもにかじられた!

小さなお子さんがおしゃぶりや歯固めのようににして遊んでしまうこともあるようです。

修理のご依頼主であるお母さんは切実なので笑っては申し訳ありませんが、その姿を想像するだけでなんとも微笑ましいですね。

先日お預かりしたのはこちらです。

なかなか豪快にかじられていますね。笑

意外と知られていない弟子玉の配列

話は変わりますが、房の上をよくご覧ください。

房に近いところから、しずく型の玉が「つゆだま」その上には小さな玉が5個ずつ入っています。

これは「弟子玉」と呼ばれています。各10個で、お釈迦様の十大弟子を表しているという説もあります。それで、通称弟子玉。

この形が双輪では一番スタンダードで普及しているタイプです。
業界用語では八宗用と呼ばれています。

宗派でいうともともとは真言宗の形なのですが、いつの間にか「どこの宗派でも使えます」と書いて売られています。
「どこの宗派でも」といっても、日蓮宗系では認められておりませんのでご注意ください。

ご依頼主は浄土真宗でしたので、このままでも問題は無いのですが、これを機に(門徒仕立て)に作り替えました。

門徒仕立とは

浄土真宗ことを門徒(もんと)と呼ぶこともあります。
普段の会話では、親しみを込めて「門徒さん」といいますね。

北海道ではほとんど市販されていないかもしれませんが、浄土真宗専用の形というのもあります。

弟子玉を片側に寄せてこのような配列にします。
これは、僧侶が袈裟を掛けたときにもつ大きな装束念珠と同じ配列になっています。

弟子玉があるほうは日蓮宗型にもよく似ています。特徴的なのは片側に玉が一つも無いところ。特に上部の輪が2重になる結び方は「蓮如結び」と呼ばれています。

浄土真宗は念仏をする宗派ですが、念仏の回数が往生の条件になるという考え方はせず、感謝の念仏です。そこで、念仏を数えないように、浄土真宗にとっては親鸞聖人から数えて8代目にあたる蓮如さんが考案したとも言われています。

(だとしたら、どうして2代目如信さんの時にすでに分かれている真宗各派でもつかうんだろろう・・)という、マニアックすぎる疑問は横においておきます。

それと、玉を外した理由は念仏を数えないということだとしても、何故この結び方にしたかという理由については見聞きしたことがありません。

(そもそも、蓮如結びじゃない方には倍の数の玉が入っていますので、よりたくさん念仏を数えてしまいそう・・)というツッコミもこの際しないことにします。

切れたのもご縁

何はともあれ、こちらの念珠はたぶん10年そこそこ使われているもので、そろそろ房を換えてもいい頃かなという状態でした。

また、修理することで「門徒仕立」についても知っていただける機縁となりました。

そう思えば、切れたのもまたご縁というものです。
ばっちり直しましたので、今度は「門徒仕立」として、また末永くお使いいただけると思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)