デザイン

お客様と共に作る、もっと自由で楽しい数珠

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

オリジナルの念珠を作りたい

というご要望は意外にも多く、あれこれ玉や房を選んで自分だけの念珠にしたいというお問い合わせは頻繁にいただきます。

これ、すごくいい雰囲気だと念珠屋としては感じているんですよ。

なぜ、今までの念珠はダサかったか

以下、どこかの教科書に書いていたわけではないのですが、僕の個人的な考察です。

はっきり言ってしまえば、売り手の怠慢だと思うんです。なるべくお客さんに知識を持たせないで、安い材料で同じものを大量生産して高額で売る。その方が楽に儲かるんです。

その点、車なんかはは社内でもデザイン、安全性、走行性能、最近では環境性能なんかも十分審議検討されて、マーケットに流れればその反応から、また、よりよいものが出来ています。

昭和の時代、数珠の世界ではその流れが無かったのです。
買い手の方も、こんなものだと押しつけられると、こんなものかと思って買っていました。

実は、変わりつつある念珠業界

「長岡さんのところだけ特別!」みたいに言っていただけることが多いのですが、意外にも最近は老舗もオシャレな念珠を開発しています。

車や家のデザインもそうですが、念珠業界でもなんとなくトレンドがあり、アシンメントリーな配列や男性でもやや小ぶりの玉を使う傾向がありますし、従来は価値があるとされた共仕立(すべて同じ素材)よりも、個性的に素材をミックスしたものも多くあります。

うちが特別なのは、ハイセンスなデザインを売れることではなく、一人ずつお話しを伺ってから商品を提案したり、時には新たにデザインを起こせる事です。

若い世代に伝わる念珠を

先日いらした素敵な姉妹のお客様と一緒に作った念珠はこんなデザインになりました。
小さな赤ちゃんを抱っこしてこられた、若い世代の方です。


お客様のセンスを組み合わせて、今までうちでも作ったことがない新しいデザインが誕生しました。
(左)数種類のカラフルな唐木に本瑪瑙(めのう)仕立、(右)欅(けやき)と玻璃インカローズを交互にセット。
どちらも、素材の色なじみがよく、個性的なのにしっくりくる可愛らしい念珠になりました。

中村勘三郎の有名な言葉で、型がある人間が型を破ると「型破り」、 型がない人間が型を破ったら「形無し」というのがあります。

そこ行くと、頭が固い僕らよりも、固定概念のないお客様のほうが案外簡単に型を破ってくれることがあるのですが、脈絡なく自由に作るだけでは「形無し」の念珠になってしまいます。
それを、経験や知識をもって「形無しなアイディア」→「型破りな念珠」に仕上げていくのが、自分たちの仕事だと感じています。

「あー、これカワイイ!」から始まる念珠

念珠を楽しむのは不謹慎と思っている方もかもしれませんが、それを言ってしまったら、立派な仏壇やお寺の伽藍(がらん)は要りませんし、お坊さんの袈裟(けさ)だって本来はボロ切れでも良いはずです。みんな人間の都合で有り難く思ってもらえるように立派になったものです。

でも、そうじゃないと、大事に出来ないという人間は弱い性質なものですから、そのように進化してきました。
お気に入りの念珠を持つことは決して悪いことではないと思っています。

いくら買ってももっと高価な念珠が欲しい、他人の念珠より劣っているのが悔しいとなっては仏教的にも本末転倒ですが、「この念珠は素敵だな」というところを機縁に、仏教に親しんでいただければ何よりです。

市販の念珠もオシャレになりつつあるとは言っても、致命的な欠点があります。
それは、お使いになる方のためだけにデザインされたものではないということです。

本当に欲しいのはカワイイ念珠ではなく、仏教に少し前向きになれたという気持ちだったり、念珠にまつわる自分や作り手の想いの方かもしれませんね。

 

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

念珠のデザインあれこれ

念珠の形の話になると、大きく2パターンの方がいらっしゃいます。

一方は、何かと「正式」にこだわりがあり、房の色や形にも自分なりにルールがある方。
もう一方は、「え?宗派とか関係あるの?」という、全然気にしない方。

僕が今まで調べたことをまとめると、念珠の玉配列に宗派として正式なこだわりがあるのは日蓮宗系の各宗派で、それ以外では意外とはっきりしとした決まりはありません。日蓮宗でも梵天の仕立て方や色大きさもさまざまですが、そこまで細かいルールがあるわけでもないようです。ただし、習慣的に好まれる、嫌われるといったことや、地域柄、世代、いろんな要素がありますので、絶対的な正解、正式はありません。
たとえ所属する宗派の本山が良いといっても、お姑さんがダメといえばダメという世界があることも事実です。

玉配列は各宗派ごとに利便性や教義上の理由で進化、または簡略化したという見方はできると思います。
しかし、「房」についていえば、どんな文献を漁っても、各宗派の作法をつかさどる機関に問い合わせても、今のところ、流行と装飾性で変化してきたとしか考えられません。
「流行っている」という表現を使うと、違和感を感じたり、場合によっては怒ってしまうお客さんもいますが、実際のところそうとしか言いようがないのです。

例えば、真言宗、浄土宗、日蓮宗でよく使われる菊房という作り方は、ほとんど釈迦梵天(小田巻梵天、かがり梵天)が主流になっています。また、浄土真宗系各派の男性僧侶の間では、こういう路線が流行りつつあります。
男性でも小ぶりの玉。2~3色使った長めの紐房、角アミの部分は一世代前から定着したものですが、最近はさらにその下に釈迦結び等の飾り結びをするのが、ひそかにブームになりつつあります。

そんなことを踏まえて、間もなく納品になる記念品はこんなデザインでご提案させていただきました。

紫水晶紐

紫水晶はグレードによって価格の幅が広く、ドッグティースアメシストや藤雲石などのように貴石の世界では分類されているものもあります。このたびは、最高グレードの紫水晶に、明るい紐を組み合わせました。
細かいですが、角アミは2色で飾り結びのところだけアイボリーの紐を足してあるのがミソです。

いちいち意匠登録を取ったりする業者もありますが、「流行」ということを意識するとその意味は薄れます。「ちょっと前にあったよね、そういうの」というデザインをわざわざ真似して売る必要はありません。僕の考えとしては、おしゃれなものを日夜考えますので、皆さんどんどん真似して流行らせてほしいと思っています。アパレル業界で言うところのファッションリーダーである方が、よほど価値があります。

仏教を本気で信仰すれば、こんなところで色気をだすこと自体違うと思うし、わざわざ執着を一つ増やすのもどうかという疑問はありますが、それを言ってしまったら仏教には関係ない「先祖供養」だって同じことで、「念珠から入る」という機縁もあってもいいと思うのです。せっかくなら、お好みの念珠を、お気に入りの形に仕立てて、皆さんにも楽しんでいただきたいと思います。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (17)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (4)
  • なるほど! (2)

畑違いで講師のお仕事

僕は念珠や仏具を取り扱う以外でも、講師として呼んでいただけることがあります。
いつもならそれは、念珠の作り方を教える教室で、参加者の方には実際に手をうごかして、ご自分で仕立てた念珠を持ち帰っていただくような内容です。

今日は、ニーズ株式会社(http://neeth.biz/)様より、ご依頼いただきまして、なんと、1時間半ただしゃべるだけという講師のお仕事をさせて頂きました。急なご連絡で、スケジュールは何とか調整できそうでしたので、二つ返事で安請負したものの、内容は「商材開発」についてお話してほしいということでした。

今年、僕がひそかに目標にしていることで、なるべくお寺以外の人と仕事をしよう、お坊さん以外の人と名刺を交換しようと言うことがありましたので、大変うれしいお誘いでありました。

普段、皆様があまりかかわりないであろう、念珠、仏具、仏教やお寺の話で地固めをしながらお話しをすすめました。

IMGP8681

商材開発ということでしたので、長岡念珠店なりの念珠の開発を整理したお伝えしたつもりです。

「存在意義」
「デザイン」
「クオリティ」

これらがそろって、「語り」ができる商品になるということを、各項目掘り下げてお話ししました。

急なご依頼で十分な準備ができなかったため、「時間を余して話すことがなくなったらどうしよう・・」と少々不安だったのですが、箇条書きで用意したレジュメを追ったらちょうど良い時間となりました。質疑応答が落ち着いてぴったり1時間半。
逆に、予備玉に残しておいた話をできずに残念に思うくらいです。お寺の法話でも、よく布教使さんがしゃべり足りなそうにしていますが、こういうことなんだと、その立場になると改めて感じました。決められた時間で有効に伝えたいことを話すことって、とても難しいですね。

念珠作り方、今日は技術ではなく考え方のお話でした。
もちろん皆さんの目的は、そこから自分の仕事で商材を生む材料が欲しかったわけですが、僕としてはこうして、すこしでも念珠を通じて、仏教に目を向けて頂ける機会になれば、何よりと思っております。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ネットショップにカラフルな男性用2点追加しました。

なかなか仕立てが追い付かず、たくさんは載せることができませんが、少しずつ更新しています。

定番の三色のトラメをミックスにしました。

三色2

紐も、たまに合わせた色で仕立ててあります。
今回は赤虎目仕立てですので、主玉の秩序と関係なく、親玉、二天玉は赤虎目になっています。普通のトラメでは、当たり前すぎてつまらないという方も、これなら目を引きます。
作るとすぐに売れてしまう人気商品です。

三色3

そして、もう一つは、以前材料でもご紹介した藤雲石(とううんせき)です。
今回入荷分の材料は透明度が高くお勧めです。天然石はある程度、あたりはずれがあるのは仕方ありません。
ふわっと明るい藤色は、黒っぽい装いにもよく栄えますが、品が良く派手な印象にはなりません。女性用としてはわりと古くから使われていますが、おしゃれな男性にもおすすめしたい素材です。
藤雲石という素材について詳しくは、以前の投稿<男性向けの大粒藤雲石(とううんせき)入荷しました。>をご覧ください。

藤雲男4

ショップへはページ右列の「LINK(リンク)」か、こちらからどうぞ。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ブログのデザインを変更しました

いつも、ご覧になっていただきありがとうございます。

とつぜんですが、ブログのデザインを変えました。
なんの洒落気もないシンプルなものです。
いままでのはおしゃれすぎて読みずらいと悪評だったので。笑
たしかに、標準のフォントもサイズも小さめだったし、短冊が投稿文の長さに応じて動いてしまうから時系列がわかりずらかったので、シンプルな方が見やすいかな。
自分も含めて読者は圧倒的に中高年層だと思いますので、無理せず読みやすいので行くことにします。

このテーマもデフォルトでは小さ目の字になっていましたので、読みやすいサイズに変更しました。ブログに関してはオシャレ路線を試みたのですが、やはり読者にやさしい路線にきりかえます。また、面白いテーマを見つけたら変えるかもしれませんがしばらくはこれで。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)