タグ別アーカイブ: プラスチック

子ども用の数珠ってあるんですか?

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

「子ども用の念珠ってありますか?」

というお問い合わせが、実は大変おおく寄せられます。
結論から言いますと、もちろんお仕立てすることは可能です。

近頃は大人でも手ぶら参拝がよく見受けられます。

ここをご覧になっている皆様にお気持ちがあれば、小さなお子様、お孫様にも、念珠を持たせてみてはいかがでしょうか。

念珠は子どもの心を育てる?

いや、無理でしょうね(笑)

きっと、大人の思惑とは裏腹に、クルクル振り回したりしますが、仏法の相続はそんなところから始まるのかなと思っています。

しかし、けっこうな年配の方でも時々語ることがあります。

「子どもの頃に、親に持たされてね・・・」

それがその方の人生にどう影響しているかはわかりませんが、不思議なもので、心の深いところにとどまる記憶となるのですね。

当店の子ども用は、投げても引っ張っても、そう簡単には壊れません。
昔から、「稚児念珠」等の名前で、子ども用のものはあります。しかし、多くはプラスチック製で、値段も安価。作りも非常にちゃちなものが多かったように思います。

小さなお子様にも、一生使える念珠を

当店でおすすめしたいのは、2000円~自由に素材を選んで作れる子ども用です。
(もちろんご予算さえ許せば高級材でも制作できます)
作り置きはしませんので、基本的に、オーダーメイドになります。

従来のものと違うのは、一生使えるようなしっかりした材料を用いて、大人と同じレベルの仕立てをします。大人用と違うのは玉数を減らして輪を小さくするだけです。

また、将来は大人用として引き続き使えるように、足し玉をあらかじめセットしてあります。 最近では子ども用ということで可愛らしいものも売られていますが、実用強度や一生使うということをあまり考えられているものは少ないと思います。

子どもの成長は早く、身内のご法事が数回あったかと思えば、あっという間に大人用が必要になるものです。 子ども用の輪のサイズは小学校3,4年生くらいまでを想定しています。

手が大きくなってきたら仕立て直しを

高学年にあがるころには足し玉をして仕立て直しをすれば、そのまま大人用として引き続き使うことができます。

男の子向け商品は、そのまま紐房をおすすめしています。女の子向けには、子ども用としては耐久性とコストの両面から紐房仕立てにしておき、大きく直すときに松房や頭房等に付け替えるとよいと思います。

IMG_5377 

こちらは、自家用でうちの娘が使っているものです。 白オニキスとローズクォーツを交互に使っています。 作り置きしているものもいくつかありますが、好みに合わせて好きな色を選んであげるのも楽しい作業かもしれません。

お寺の子ども会などで

2000円程度でも子どもには高すぎるというお声もあり、数百円から作れる安価なものも制作は可能です。作り置きをしていませんが、お寺の子ども会用等、まとまったご注文では価格も相談に応じます。

IMG_4284

安くても、材料コストを工夫しているだけで、玉の加工や仕立てが悪いわけではありません。
今までの実績では「こんなに立派になると思わなかった!」と大変喜んでいただいております。

100円ショップでも念珠が買える時代ですので、100円、200円の価格競争で勝負しようとは思っていません。 手に取っていただければ、価格差以上の質感はわかっていただけると思います。

いろいろな飲食店や宿泊施設、娯楽施設などサービス業を見ていると、本当にいいお店って、子ども相手でも手を抜かないんですよね。

そんな精神を念珠屋でも見習いたいなと思うのでした。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

琥珀(こはく)ってなに? 琥珀の数珠はお高い。

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

「琥珀(こはく)」とはどんなものかをお話ししましょう。

琥珀はお高い!

念珠で「一番高いのってなんですか?」という質問をよくうけるのですが、ある程度の供給ルートが確保できる範囲では、琥珀(こはく)が一番高いです。

余談になりますが、超高級な香木もあります。
沈香(じんこう)ならば、有るときはある。伽羅(きゃら)になると、1g数万円の世界ですが、僕も伽羅念珠の実物はみたことありません。

さて、琥珀に話を戻しますが、意外と「琥珀」ときいて、それが何者なのかピンとこない方も多いようです。

琥珀とは何か。

琥珀とは、天然樹脂が数千万年前かけて化石になったものです。

天然樹脂とは、松ヤニや漆のような植物だけでなく、動物の脂や鉱物でも存在します。
そういったものが化石になって琥珀となります。
古代の中国では虎が溶けて固まって、琥珀になると信じられていたんですね。それで、「琥」という字がはいると聞いたことがあります。


グラデーション状に並べられた男性向け琥珀念珠

コパールは、琥珀になりきれていない

コパールという年数が若いものもあり、こちらは琥珀と区別されています。
若いといっても1000万年以上は経っているとも言われています。

虫入り琥珀は要注意

皆さんの年代によっては、映画『ジュラシックパーク』で恐竜の時代の虫が入っていた琥珀を思い出すかもしれません。実際にはそこからDNAを採取する技術はないそうですけどね。しかし、本当に虫が入った琥珀というのは存在します。

本当に当時の虫入り琥珀はとんでもなく高価なものですが、現代になってから人工的に虫を入れて製造されているものも出回っています。偽物は虫の足が折れている、なんてことも聞いたことがありますが、真意のほどはわかりません。そもそも、足を折らずに虫を入れる技術がとっくにできているような気がします。いつの時代も偽物業者の技術はすごいです。

ここで一つ疑問に思いませんか。化石の中にどうやって虫を入れているか。
実は琥珀はもともと樹脂ですので、熱で溶かすことができます。一度溶かして虫を入れるのです。

琥珀になりきれていないコパールはさらに融点が低くて作業しやすいので、虫入り琥珀の偽物として、ずいぶん出回っているようです。購入を検討されている方はご注意くださいね。

琥珀の魅力

琥珀のモース硬度は2.5といいますから、人間の爪と同じ程度の堅さです。
実物を触っていただくとわかりますが、柔らかい感触があります。
この、なんとも手になじむ心地良さは、使っている人しかわかりません。

そして、小さな粒でも遥か昔の世界を閉じ込めた琥珀ですから、なんともロマンを感じます。


北海道産ミズナラの琥珀仕立(ポイントだけ琥珀)

琥珀のデメリット

購入が難しいです。天然、コパール、圧縮、プラスチックなど、似て非なるものがいろいろあります。
販売している業者も、琥珀の専門家ではなく、仕入れ先が琥珀といったら琥珀だと思って売っていることが多いです。(僕は性格が悪いので、あれこれ詮索したり鑑定実験をしたりします)
質の善し悪しどころか、プラスチックと琥珀の区別も慣れていないと結構難しいです。なれると触ればほぼわかりますが、簡単に鑑定する方法もいくつかあります。それはまた別の機会に、ご紹介します。

そしてもう一つ、柔らかいのは逆にデメリットでもあります。とても脆いです。
仕立ての際にも結構気をつかいます。
通常の使用では滅多なことはありませんが、なにかの拍子で房を急に引っ張ったり、堅い物の角にぶつけたりすると水晶などと比べると欠けたり、傷がついたりしやすいです。

~・~・~・~・~

それでも、琥珀はいい物です。天然石のような派手さはありませんが、一生付き合っていける心地よさがあります。

恋人にするなら天然石、結婚するなら琥珀。・・わかりずらいか。苦笑
そんな、魅力ある琥珀の念珠、機会があればぜひお手にとってみてください。

琥珀については、さらにマニアックな話を次回は書こうと思っています。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (9)
  • 興味深い (5)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (2)