タグ別アーカイブ: 念珠

数珠?念珠?珠数?

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

うちは創業時から、「長岡念珠店」という名前で営業しています。

念珠ってなに?

同級生に久しぶりに会って、「おまえ今何やってんの~?」なんてことがあるじゃないですか。
「念珠を売っててね」って返事をすると、「え?なんて?」と99%なるわけです。

続きを読む

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (3)

お客様と共に作る、もっと自由で楽しい数珠

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

オリジナルの念珠を作りたい

というご要望は意外にも多く、あれこれ玉や房を選んで自分だけの念珠にしたいというお問い合わせは頻繁にいただきます。

これ、すごくいい雰囲気だと念珠屋としては感じているんですよ。

なぜ、今までの念珠はダサかったか

以下、どこかの教科書に書いていたわけではないのですが、僕の個人的な考察です。

はっきり言ってしまえば、売り手の怠慢だと思うんです。なるべくお客さんに知識を持たせないで、安い材料で同じものを大量生産して高額で売る。その方が楽に儲かるんです。

その点、車なんかはは社内でもデザイン、安全性、走行性能、最近では環境性能なんかも十分審議検討されて、マーケットに流れればその反応から、また、よりよいものが出来ています。

昭和の時代、数珠の世界ではその流れが無かったのです。
買い手の方も、こんなものだと押しつけられると、こんなものかと思って買っていました。

実は、変わりつつある念珠業界

「長岡さんのところだけ特別!」みたいに言っていただけることが多いのですが、意外にも最近は老舗もオシャレな念珠を開発しています。

車や家のデザインもそうですが、念珠業界でもなんとなくトレンドがあり、アシンメントリーな配列や男性でもやや小ぶりの玉を使う傾向がありますし、従来は価値があるとされた共仕立(すべて同じ素材)よりも、個性的に素材をミックスしたものも多くあります。

うちが特別なのは、ハイセンスなデザインを売れることではなく、一人ずつお話しを伺ってから商品を提案したり、時には新たにデザインを起こせる事です。

若い世代に伝わる念珠を

先日いらした素敵な姉妹のお客様と一緒に作った念珠はこんなデザインになりました。
小さな赤ちゃんを抱っこしてこられた、若い世代の方です。


お客様のセンスを組み合わせて、今までうちでも作ったことがない新しいデザインが誕生しました。
(左)数種類のカラフルな唐木に本瑪瑙(めのう)仕立、(右)欅(けやき)と玻璃インカローズを交互にセット。
どちらも、素材の色なじみがよく、個性的なのにしっくりくる可愛らしい念珠になりました。

中村勘三郎の有名な言葉で、型がある人間が型を破ると「型破り」、 型がない人間が型を破ったら「形無し」というのがあります。

そこ行くと、頭が固い僕らよりも、固定概念のないお客様のほうが案外簡単に型を破ってくれることがあるのですが、脈絡なく自由に作るだけでは「形無し」の念珠になってしまいます。
それを、経験や知識をもって「形無しなアイディア」→「型破りな念珠」に仕上げていくのが、自分たちの仕事だと感じています。

「あー、これカワイイ!」から始まる念珠

念珠を楽しむのは不謹慎と思っている方もかもしれませんが、それを言ってしまったら、立派な仏壇やお寺の伽藍(がらん)は要りませんし、お坊さんの袈裟(けさ)だって本来はボロ切れでも良いはずです。みんな人間の都合で有り難く思ってもらえるように立派になったものです。

でも、そうじゃないと、大事に出来ないという人間は弱い性質なものですから、そのように進化してきました。
お気に入りの念珠を持つことは決して悪いことではないと思っています。

いくら買ってももっと高価な念珠が欲しい、他人の念珠より劣っているのが悔しいとなっては仏教的にも本末転倒ですが、「この念珠は素敵だな」というところを機縁に、仏教に親しんでいただければ何よりです。

市販の念珠もオシャレになりつつあるとは言っても、致命的な欠点があります。
それは、お使いになる方のためだけにデザインされたものではないということです。

本当に欲しいのはカワイイ念珠ではなく、仏教に少し前向きになれたという気持ちだったり、念珠にまつわる自分や作り手の想いの方かもしれませんね。

 

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

福祉施設で作る数珠

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

当店もおかげさまで、多方面でお仕事させてもらえる機会が増えてきました。
仕事の意義が少しずつ形になってきている実感があります。

就労継続支援B型

今月(平成29年6月)「ARC ~歩~」(以下アルク)という就労支援B型事業所が札幌市にてスタートしました。 続きを読む

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (9)
  • 興味深い (4)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (3)

ブレス念珠作り教室 無事終了しました

ブレス念珠作り教室が、おかげ様で無事終了しました。

前回は制作重視で目いっぱいの時間を使ったのですが、今回のブレス念珠は制作自体にさほど時間がかからないので、少々念珠についてのお話をさせていただきました。

会議風にプロジェクターをセッティング。

そもそも念珠とはどういうものか、パワーストーンとの違い、長岡念珠店が考える念珠の未来についてを早足にはなりましたが、10分ほどお話ししました。

皆さん神妙な表情で聞いていただき、早く作りたいと気持ちがはやる中、余計なお世話だったかしらと心配になりました。それでも、事後のアンケートではお話も良かったという評価をいただきホッとしています。(社交辞令もあるかもしれませんが・・苦笑)
仏教用語なんかは、読みずらいことが多いので、ルビを振るなどもうちょっと配慮があってもよさそうですね。まだまだ改良の余地はありそうです。

カラフルな天然石や、唐木の玉をたくさん用意しました。
天然と言っても、原石を削り出したままというのは現在はほとんど流通していませんので、念珠に使われるような玉はある程度の手が加えられて発色を良くしたり、色見を揃えたりしてある素材です。

なかには粗悪なものになると、後からインクを染み込ませて染色しているものもあり、腕輪にすると色落ちして肌や袖につくことがありますので、そういったものは含まれていません。ご自身で素材を求められる時にはご注意ください。

サンプルを試着したらそれぞれのサイズをきめて、必要な個数の玉を集めます。

じつは、この作業が、制作自体よりも時間がかかるところです。また、一番楽しいところでもあります。
それぞれの想いで、配列を考えたり、色を比べたりしながら選んでらっしゃいました。最初のお話でも少し触れましたが、この選び方自体は自分なりにどんな理由を付けても良いと思います。こんなところを入り口に、少しでも仏教やお寺に興味を持っていただき、身近に感じていただけるようになれば嬉しく思っています。

規則正しい配列を考えると自分のサイズを合わせるのが意外と難しいものです。
シリコンゴムを通す作業です。ちょっと知っていれば簡単な作業ですし、材料のゴムも高いものではないので、日常的に身に付けているかたは是非習得して自分で直せるようになるといいですね。

ワイワイと素材を選んでいた時とは一転して、集中モードにはいりました。笑

写経や瞑想などのように集中することでリラクゼーションを得るということは、脳科学の先生のお話でも聞いたことがあります。こうやって黙々と玉を通す作業も同じような効果があるのかなという気がしています。

「お友達を誘いたい」という声が多く、なかなか場所と時間のご都合を合わせていくのが難しいのですが、大変うれしいお申し出です。一度に、すべての方に合わせるのは難しいのですが、たくさんの方とご縁が結べるよう、今後も続けていきたいと思っています。

次回は是非と思っている方は、ブログやフェイスブック等、チェックしてくださいね。
グループで何人かあつまるのではあれば、出張開催も可能です。お気軽にご相談ください。

んー、次の教室は二輪念珠を作ろうかしら・・・

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (7)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

北海道の木で念珠をつくってます

木の念珠というのは、一定のファンがいます。
念珠の世界では、昔から黒檀や紫檀、鉄刀木(たがやさん)などの、いわゆる唐木と呼ばれている銘木は定番の材料です。国産でもそれぞれの地域で採れる木が使われてきたものと思われます。

それにしても、いままで北海道の念珠屋さんというのはいなかったもので、わざわざ北海道の木を持ってきて玉にしようという人はいませんでした。
はっきり言ってコストはかかるし、本州産がすごく劣っていて北海道だけが良いという理由は何もありません。

では、どうしてそんな面倒をわざわざしているかというと、小さいころから見慣れた木を握っていられるんですから。「なんか、あずましい」という言葉に尽きます。なかなか本州の方には伝わらないニュアンスかもしれません。

今まで、しらかば、みずならの玉を作り、ほぼ完売に近い状態です。
現在は、ほとんど宣伝していませんが、「いちい」「あすなろ」の2種がプロトタイプで男女用単念珠の数本のみ在庫あります。

間もなく「ヤマザクラ」の念珠ができる予定です。
木肌が密で美しく、実用的にも非常に優れた玉になりそうです。

北海道念珠POP

北海道木材の念珠ですので、北海道弁でPOP作りました。
改めて調べると、完全に標準語だと思ってきにしていない言葉でも、結構方言しゃべっていることにショックを受けています。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (8)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

『お念珠あれこれ』のお話をしました。

東京は7月にお盆を迎えるという習慣を聞いたことがありますが、北海道でも移民の出どころの関係、それとも地場産業や農家、漁師の繁忙期の関係なのか、局地的に7月という地域がいくつかあります。
昨日お邪魔した中川町もそのうちの一つで7月にお盆のお勤めをする習慣があるそうです。

本願寺派の極楽寺様に声をかけていただき、お盆のお勤めの後、本来なら法話の時間を割いて、『お念珠あれこれ』というタイトルでお話をさせていただきました。

IMG_8618

お寺に参ってるのですから、みなさん当然念珠はお持ちです。しかし、普段何気なく持っている念珠もちょっと知っているだけで、もっと興味を持っていただき、そのことがまた一つの仏縁になればと、日頃より思っています。

そもそも念珠とは何かというところから、歴史、形、素材、要注意な念珠、そして、念珠屋として皆様に伝えたいことをまとめました。
今回は浄土真宗のお寺ですので、お内陣の掛け軸を見ながら、聖徳太子、道綽禅師、蓮如上人、親鸞聖人の言葉を引き合いに出しながら、一通りお話させていただきました。

なるべくコンパクトにしたつもりでしたが、限られた時間に対してかなりボリュームオーバーで、字が細かく見ずらいレジュメと、早口で聞きずらいお話になってしまったことを反省しています。

それでもお話の後は、少々興味を持っていただけたようで何よりです。
また、機会をいただければこのような活動も続けていきたいと思います。

極楽寺様の境内にはとてもきれいな金魚の池があります。帰り道に気づきましたが、写真を一枚撮ってくればよかったですね。土地柄、なかなか通り道になりずらい場所ではありますが、何かの機会に中川町にお越しの際は、お寺に立ち寄って金魚を見せてもらうのもいいかもしれません。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (7)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)

店名を筆文字で書いていただきました。

お陰様で、当店も開業から丸5年になります。
今までは、活字の毛書フォントを使ってロゴを作っていましたが、念願でもあった手書きをお願いしました。

ロゴ

書いていただいたのは、筆文字工房 夢興(ゆめこう)さんです。

筆文字工房 夢興 ホームページ

札幌近郊の方なら、ラーメンやさんの麺や虎鉄、吉山商店などで夢興さんの作品を目にしたことあるかもしれません。抽象的ではありますがいろいろイメージを伝えて、それを形にしていただきました。とても気に入っています。今後は、看板やパンフレット等、さまざまな媒体に活用させていただく予定です。

そもそも長岡念珠店という名前に決めた経緯ですが、特に他に候補があったわけではありません。

肩書も実績もなく本当にゼロからスタートするにあたって、店名と氏名の連動ということにすごく違和感があったのです。たとえば、「いろは念珠」という店名にしたら、「いろは念珠さん」と呼ぶ人がいたり、「長岡さん」と呼ぶ人がいたり、自分はどう名乗ったらいいのか等、なんとなくしっくりきませんでした。そんな理由で、「長岡」を入れることは当然のように考えていました。

そして、自分の商売に限らず、社名を聴いて何を取り扱っているのかわからないというのは、大手企業ならかっこいいですが、個人で商売をするにはワンクッション説明が必要というのは有利なことはあまりありません。したがって、「念珠」または、「数珠」のどちらかですが、たまたま立ち上げ時のお客様は「念珠」と呼ぶ方が多かったこと、また、「数珠」は、京都では「珠数」と表記していることも多く、どちらが正しいという議論は今は横においておきますが、すくなくとも安定してない現状があります。そんな流れで、「念珠」を採用しました。
最後に、「長岡念珠」の他、この業界では定番の長岡念珠舗、長岡念珠堂なども考えられなくもないですが、製造専門でも、卸でもなく、エンドユーザーに一番近いところで手渡しできる商売のイメージから、一番簡単な「店」をとりました。

結果的には、一番わかりやすく、一番恰好悪いとも思える名前でしたが、気負うことなく、気取ることなく、身の丈に合った仕事がしていけて、今では愛着もあり気に入っています。

既存の商品タグなんかも、徐々に新しいものに差し替えていきたいと思います。
ささやかですが、とても有意義な設備投資に満足しています。

~・~・~・~・~・~・~
最後までお読みいただきありがとうございます!
引き続き長岡念珠店のコンテンツをお楽しみください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ホームページ(ブランドのご紹介)
オンラインショップ(商品の購入ができます)

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)