素材

お客様と共に作る、もっと自由で楽しい数珠

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

オリジナルの念珠を作りたい

というご要望は意外にも多く、あれこれ玉や房を選んで自分だけの念珠にしたいというお問い合わせは頻繁にいただきます。

これ、すごくいい雰囲気だと念珠屋としては感じているんですよ。

なぜ、今までの念珠はダサかったか

以下、どこかの教科書に書いていたわけではないのですが、僕の個人的な考察です。

はっきり言ってしまえば、売り手の怠慢だと思うんです。なるべくお客さんに知識を持たせないで、安い材料で同じものを大量生産して高額で売る。その方が楽に儲かるんです。

その点、車なんかはは社内でもデザイン、安全性、走行性能、最近では環境性能なんかも十分審議検討されて、マーケットに流れればその反応から、また、よりよいものが出来ています。

昭和の時代、数珠の世界ではその流れが無かったのです。
買い手の方も、こんなものだと押しつけられると、こんなものかと思って買っていました。

実は、変わりつつある念珠業界

「長岡さんのところだけ特別!」みたいに言っていただけることが多いのですが、意外にも最近は老舗もオシャレな念珠を開発しています。

車や家のデザインもそうですが、念珠業界でもなんとなくトレンドがあり、アシンメントリーな配列や男性でもやや小ぶりの玉を使う傾向がありますし、従来は価値があるとされた共仕立(すべて同じ素材)よりも、個性的に素材をミックスしたものも多くあります。

うちが特別なのは、ハイセンスなデザインを売れることではなく、一人ずつお話しを伺ってから商品を提案したり、時には新たにデザインを起こせる事です。

若い世代に伝わる念珠を

先日いらした素敵な姉妹のお客様と一緒に作った念珠はこんなデザインになりました。
小さな赤ちゃんを抱っこしてこられた、若い世代の方です。


お客様のセンスを組み合わせて、今までうちでも作ったことがない新しいデザインが誕生しました。
(左)数種類のカラフルな唐木に本瑪瑙(めのう)仕立、(右)欅(けやき)と玻璃インカローズを交互にセット。
どちらも、素材の色なじみがよく、個性的なのにしっくりくる可愛らしい念珠になりました。

中村勘三郎の有名な言葉で、型がある人間が型を破ると「型破り」、 型がない人間が型を破ったら「形無し」というのがあります。

そこ行くと、頭が固い僕らよりも、固定概念のないお客様のほうが案外簡単に型を破ってくれることがあるのですが、脈絡なく自由に作るだけでは「形無し」の念珠になってしまいます。
それを、経験や知識をもって「形無しなアイディア」→「型破りな念珠」に仕上げていくのが、自分たちの仕事だと感じています。

「あー、これカワイイ!」から始まる念珠

念珠を楽しむのは不謹慎と思っている方もかもしれませんが、それを言ってしまったら、立派な仏壇やお寺の伽藍(がらん)は要りませんし、お坊さんの袈裟(けさ)だって本来はボロ切れでも良いはずです。みんな人間の都合で有り難く思ってもらえるように立派になったものです。

でも、そうじゃないと、大事に出来ないという人間は弱い性質なものですから、そのように進化してきました。
お気に入りの念珠を持つことは決して悪いことではないと思っています。

いくら買ってももっと高価な念珠が欲しい、他人の念珠より劣っているのが悔しいとなっては仏教的にも本末転倒ですが、「この念珠は素敵だな」というところを機縁に、仏教に親しんでいただければ何よりです。

市販の念珠もオシャレになりつつあるとは言っても、致命的な欠点があります。
それは、お使いになる方のためだけにデザインされたものではないということです。

本当に欲しいのはカワイイ念珠ではなく、仏教に少し前向きになれたという気持ちだったり、念珠にまつわる自分や作り手の想いの方かもしれませんね。

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (7)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

「石の効果」で数珠(念珠)をお探しの方へ

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

この石はどんな効果がありますか?

購入時によくある質問です。具体的には、「仕事が上手くいくには?」「健康に不安がある」「娘が良い結婚相手に会えますように」というような事があります。

また、誕生石のファンも多く、「私は2月生まれなんですが、アメシストの念珠はありますか?」ということも、よくお聞きします。

結論から申し上げますと・・

私たちは石の効果を売り物にしません

本当の事を言うとがっかりされることが多いのですが、基本スタンスとして仏教の法具を売る立場では、不確かな「効果」の部分を売り物にすることはありません。

それでは、人気のパワーストーンと仏教の数珠は何が違うのでしょうか。

パワーストーンの流行

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (23)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (3)

ブレス念珠教室 4月2日開催

かねてからお知らせしておりました、ブレス念珠教室の開催日が迫ってまいりました。
お席はまだありますので、ギリギリの申し込みでも大丈夫です。
まだ迷っている方がいらっしゃったら、この機会にご参加ください。
お会いできるのを楽しみにしています!

こちらのお申込みフォームをご利用ください。
その他、メール、電話、その他フェイスブック等のSNSメッセージでも構いません。

平成29年4月2日(日)
参加費(材料費込み)2000円
→詳細はこちら

材料の仕分け準備なども少しずつ始めております。
出来るだけたくさんの種類から、お好みの素材を選んでいただきたいと思っています。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

爽やかな飾り編みのシラカバ念珠

IMGP2609

先日ご注文いただいたシラカバの念珠ブルー系の濃淡で、遊び心を持った房でというリクエストがございました。
以前にも似たような縛り方をしたものを、念珠でアートということで当ブログでも紹介させて頂きましたが、それを元に仕立てました。

今回は、女性の方がお使いになるということで、組目があまりゴツくならないように、紐の半分は組まずに中を通して全体的にスリムに仕上げています。写真では見えづらいですが、濃いブルーと、ごく薄い水色とアイボリーの3色仕立てです。

シラカバ販売から丸1年半となりましたが、残り2本を持って生産終了とさせていただこうと思っています。
ただ、検品で弾いた、杢目のきついたまが若干数ありますので、これはこれで別なアイディアをひねりたいと思っています。シラカバの真っ白に近い木肌のイメージに合わないというだけで、木目もまた面白い素材なのです。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ベリルの加工しております

昨日の記事でご紹介したマルチカラーのベリルですが、お陰様で好反応をいただきましたので、さっそく加工に入りました。

IMGP2639

輸入された材料は、仮通しの糸が通る程度の穴はあけられているものの、念珠に使えるような加工ではありません。
ガタガタの穴をまっすぐに直し、念珠用中糸の適正番手が通せるように穴を広げます。穴の際が鋭くなっていると中糸が切れやすくなってしまうので、角を落とします。木工と同じで、「面をとる」という言い方もしますね。
さらに、削りっぱなしでは削面が白くなってしまいますので、石の硬度に合わせて特殊な砥石ビットの番手を上げながら磨いていきます。
このような作業を一粒ずつやるので、結構な手間といえば手間ですが、これで、使い心地も、耐久性も全然ちがいます。透明な水晶や虎目石、瑪瑙など、念珠玉としても定番の材料は、きっちり加工されて非常に質の高い加工をしてくれるところがあり、そういった定番品は、うちでもそういった業者から材料を仕入れていますが、このように珍しいもは、念珠を前提として加工されたものはありません。

比較的安価に売られているものは、石の名前ばかりを強調し、素材のグレード、仕立ての丁寧さには触れていないことが多いです。うちで修理として預かる念珠のなかにも、こういった輸入材料で仮加工のままの状態で無理やりテグス等を通して輪にした念珠を預かることがあります。直してもすぐに切れたと2往復する場合もありますが、申し訳ありませんが、状態の悪い玉ではある程度しかたありません。値段の問題ではなく、余程思い入れがある念珠でしたら、このように玉自体を加工して調整することもできます。
「亡くなった母が残した唯一の形見で、これからも使っていきたい」というようなパターンのご希望もけっこう多く、少々手間代をいただきまして、手を入れさせてもらうこともあります。

あらゆるご要望に何とかお応えしたいと思い、そこまで相談になってくれる念珠屋は本州でもなかなか無いんじゃないかと思います。おかげで、無理難題を持っていらっしゃるお客様が後を絶ちません。笑
しかし、手間のかかる仕事に限ってお客様の思い入れが強いことが多く、心情的にこちらもあまり高い値段をご提示できないのが辛いところではありますが、精一杯の対応はさせていただきたいと思います。

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

マルチカラーのかわいい材料 ベリル(緑柱石)

IMGP2632

日本名では緑柱石(りょくちゅうせき)、英名ではベリルと呼ばれています。
鉄、クロム、パナジウム、マンガンなど含まれる金属によって色が変わります。
ベリル自体は、あまり有名ではありませんが、色ごとに固有の名前が付けれています。

青:アクアマリン
緑:エメラルド
ピンク:モルガナイト
黄色:ヘリオドール
白:ゴシュナイト

アクアマリンやエメラルドは宝石の世界でもよく知れた名前ですね。ちょっと天然石に興味のあるかたならピンクのモルガナイトも女性向けのアクセサリーに使いやすい色なので、聞いたことがあるかもしれません。そうそうたる名前で、これを念珠にしたら何十万円になるの?と思う方もいるかもしれませんが、単体で宝石として扱われるには、透明度やインクルージョン、クラックの条件が厳しく、この材料はそこまで高いグレードのものではありません。ただ、ほどよい曇りが逆にパステル調になって可愛らしくも見えます。
まだ、この状態では穴回りなどの処理が甘く、商品としてだせませんが、遠からず女性用の念珠として仕立てて、ご紹介したいと思います。

おかげさまで、仕事が立て込んでしまい、こういった趣味性の強い楽しい作業はなかなか進められませんが、他にも続々とオリジナルの新作を企画中ですので、どうぞご期待ください。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ブラックシェル男性用仕立てました

ブラックシェルという名の材料で仕立てました。
その名の通り、「黒い貝」なのです。ブラックシェル3

一般に黒蝶貝が使われますが、貝の種類までは断定できませんでした。女性用の定番で白蝶貝はよく使われますが、これらは、マザー・オブ・パールと呼ばれて真珠の母貝です。そのほかにも、このような虹色が見られる種類は多く、夜光貝やメキシコ貝もありますが、それらは、漆工芸の螺鈿細工によく使われます。

こちらのブラックシェルは、樹脂で圧縮しているため価格はお手頃でありながら、透明樹脂ですので、貝の自然な虹色が楽しめる玉です。
木の念珠じゃつまらない、天然石の念珠は重い、と思っていた方にもぴったりです。貝なので見た目よりは軽いのですが、高級感と重厚感があります。

価格5000円
ネットショップ

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

金曜石という表記について

今まで【黒曜石】と表記していたものですが、【金曜石】に改めました。

金曜石という名前はおそらく造語で自然発生したものだと思いますが、ヨコ文字だと「ゴールデン・オブシディアン」という石です。
オブシディアンというのは黒曜石のことで、火山活動によって自然界のガラスです。いつの間にか、金曜石という名前でも、この石を検索できるようになったので、ある程度名前が浸透している証拠でしょう。その名前が正式かどうかという議論は別な機会にやることにして、基本的には、イメージしやすくわかりやすい表記を優先したいと考えております。

現在、天然石と呼ばれているものは、石自体は確かに天然でも、ほとんどのものが色調整をするために手を加えられています。この金曜石についても、詳しい工程までは把握していませんが、現在流通しているものは、ある程度の加工がされたものであるのは間違いありません。
その内容は、自然界で起こりえる環境を人工的につくりだして、発色を良くしたり、安価な手法だと、単に染色しているものもたくさんあります。

以前は、人工的に加工された石をどうも好きになれませんでしたが、最近では、そういうものだと理解した上で楽しむという考え方に変わってきました。繊維だって天然の麻や絹の原色だけが本物というわけではなく、様々染色も含めて楽しむ習慣があります。そう考えると限りある天然石を、より美しく、よりバリエーションを持たせて楽しむことは、別に悪いこととは感じなくなりました。

こういった、視覚効果のある石は、実物を見ないとなかなか伝えるのが難しいのが残念です。

67376083_o1

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (0)

カラフルな女性用念珠

今日の昼下がり、女性向けの念珠が品薄になってきたので、在庫用に少し作り足しました。
お寿司やさんが桶に並べるときも、マグロ、サーモン、イクラなどと、赤いネタが続かないように、赤白交互に並べるほうが華やかに見えると聞いたことがあります。念珠もやっぱりそうで、同系色を並べないように、赤ピンク系、青緑紫系、黄茶系をバランスよく陳列すると、とてもカラフルでお互いがお互いを引き立て見栄えします。

IMGP1998

 

着物に合わせたいという方もいますし、ピンクは持ってるから、次は青っぽいのが欲しいと選ぶ方もいます。接客をしていて感じるのは、女性の好みと言うのは難しく、条件でカテゴライズすることができません。ピンク系が好きといっても、こういう感じのピンクは嫌とか、微妙なお好みがそれぞれにあって、どのジャンル?どのグループ?どういう系統?と条件を絞ってお勧めを導き出すのは難しいですね。最後には突拍子もないものを選ぶ方、商品をお渡ししてから、後日、やっぱりもう一つの方と交換してくださいと言われることも珍しいことではありません。

「あなた~、今日のお参りには、こっちの念珠がいい?それともこっち?」と、奥様に聞かれたら、殿方はどう答えますか?

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

木の念珠のこと

念珠には様々な素材が使われます。
代表的な木や木の実、天然石の他にも、琥珀、動物の骨や角、海産物(珊瑚、真珠、海松、貝類など)等様々です。
そのような中で、経典に登場する石、念珠作りが盛んな地域でたくさん採れた木、見た目が美しく珍重されたものが、念珠の材料として発達しました。
中でも、中国や東南アジアで産出される唐木と呼ばれる類、黒檀、紫檀などの密度が高く非常に固い高級木材は、見た目に美しいだけでなく実用的な強度もあるため、非常にたくさん使われるようになりました。経済の原理で、大量に流通すると価格は下がります。今でも、唐木の念珠は非常に安く買うことができます。ここからは僕の勝手な憶測ではありますが、一昔前は、石を加工する技術が現代ほど優れておらず、素材の価値というより、採掘と加工の「手間」で高級になっていたように思います。近年は天然石も綺麗に加工されたものが安価に売られるようになりましたが、古くから木工が発達した日本では、習慣的に木は安く、石は高いという価格相場は崩れていません。仏教伝来の北方ルート他、キリスト教のロザリオやイスラム教のタスビ等、玉を繋げた宗教用具は世界中にありますが、石油よりも水が高いということのように、地域によっては木の方が高いという国があるかもしれません。

黒檀アベン

唐木の代表選手「黒檀(こくたん)」に、緑の石の定番アベンを組み合わせた念珠

業界の情報ですが、唐木や木の実の産出国が日本へ売り渋っているという噂がでています。念珠だけでなく、和室の床柱など、唐木の需要は減っているのかもしれませんが、今後も流通量は減少傾向にあるのは間違いないように思います。しかし、残念ながらあわてて唐木の念珠を手に入れも、宝石のように希少価値が上がって急騰するとこは考えにくいですね。(建材として使えるほど大きな材を大量保有しているというなら話は別ですが・・・)

念珠に限った話ではありませんが、「高い=良いもの」「安かろう悪かろう」ではなく、自分にとっての価値を大事にして選んでいただきたいと思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)