釈迦結び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMGP2331

紐房の最後の留め方は、つゆ結びが一般的ですが、僕はたまに釈迦結びで止めることがあります。これは見た目に美しい上に、非常に実用的な縛り方で、確実に絞めやすいだけでなく、使っていて緩むことがほとんどありません。通常のつゆ結びはかなり強固に絞めないとすぐに緩んでしまいますので、もともとどうなっていたかわからず適当に縛ったり、ほどけたまま知らずに使っている人が結構います。

実はこれ、アジアンノットの応用ですので、基本的な紐の回し方は、「アジアンノット」をキーワードに検索するとたくさん出てきます。書店でも、念珠の仕立方を書いた本は一冊もありませんが、アジアンノットの専門書は結構たくさんありますので、ご興味ある方は探してみてください。
お客さんでも、時には同業者でも、この縛り方を教えてほしいと言われることがあります。僕は教える分には全然かまわないのですが、正直、他人の指先を見て覚えるのは非常に難しいです。マスターされたいという方は、ぜひ覚える過程も自分で積み上げることをお勧めします。そうすると覚え方を覚えますし、忘れてももう一度導き出すことができます。また、写真のように2色で整えて結ぶにはコツがいりますので、1本の紐で練習し、迷わず紐がませるようになったら、2本の紐が捻じれないように整えながらやってみるといいと思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (10)
  • 興味深い (5)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。