古いネックレスをリフォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMGP2822

今日は、あるお寺の奥様よりご依頼頂いていた念珠を届けてきました。
一見すると、ちょっと凝った玉の単念珠に見えますが、じつは、先日までネックレスの姿をしておりました。

じつは、このように古いネックレスをばらして念珠にしたいというご相談はとても多いです。
結論から言いますと、殆どの場合は、非常に手間がかかる割に、正直あまりよいものは出来ないことが多いです。
「石に穴が開いたもの」という大雑把な括りで、念珠屋に相談くださる方が多いのですが、念珠とアクセサリーでは、まじめにつくろうと思えばそれぞれに理想の加工方法は変わってきます。どちらが優れた加工だとういう意味ではなく、穴径や面の取り方など、用途が違うのです。

ただ、今回お預かりした玉は、加工せずとも十分念珠に適した加工に仕上がっており、特別な手間を掛けなくてもそのまま念珠にすることが出来ました。素材はおそらく黄水晶だと思います。
黄色に合わせる色というのはなかなか難しく、水晶と白房にすることにしました。
このまま、商品にしてしまいたいくらい、なかなかの出来です。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (4)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

SNSでもご購読できます。