長岡念珠店 店主

レインボーフラッグモデルの念珠とセクシャルマイノリティへの想い

「レインボーフラッグ」をご存じでしょうか。

レインボーフラッグ(直訳: 虹の旗、英語: rainbow flag, LGBT pride flag, gay pride flag)はレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー (LGBT) の尊厳と LGBTの社会運動を象徴する旗。1970年代から使用された。フラッグに使われた色は LGBTコミュニティの多様性を表し、LGBT の権利パレードの一種ゲイ・パレード(プライド・パレード)でしばしば見られる。

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」レインボーフラッグ (LGBT)より引用

この度、このレインボーフラッグをモチーフに、6色の石をピックアップして、念珠を作りました。

続きを読む

猫と念珠

先日、亡くなった猫のために、人間用と猫用のお揃いの念珠を作りたいとご要望があり、制作しました。

僕自身はペットを飼ったことはないのですが、動物は好きです。

最近はペットでも立派な葬儀をして、ペット霊園があってということは聞きますし、猫のための念珠という発想はそろそろ出てきても自然な流れかとは思っていました。

すでに亡くなった方へ

ご依頼主の一つ目の疑問は、すでに亡くなった者(今回の場合は、たまたま対象が猫)の念珠を制作するのは、おかしいことかということでした。

続きを読む

木の玉、石の玉

念珠の玉には、様々な素材があります。

代表的なものを大きくわけて、「木の玉」と「石の玉」がありますね。

その他、琥珀、珊瑚、貝、骨など、稀少で珍しいものや高級なものもありますが、割合でいうと少ないので、ここでは木と石についてお話しします。

続きを読む

念珠(数珠)のジェンダー論

SNSで、話題になっていたので、僕なりの考えをメモしておきます。

前提として、僕はLGBTQアライ(フレンドリー)の立場を取ります。

ストレートアライという言い方もあるようですが、つまり、自分自身は心、身体、恋愛対象において不一致や違和感はありませんが、どのような性的指向の方に対しても、友好的な関係を築きたいと考えています

続きを読む

超大作の特注念珠 その4

この記事では、「超大作の特注念珠」の制作工程について書いていきます。
最初から読みたいというかたは、こちらもご覧ください。

前回は、試行錯誤してイタラカという角張った玉を切り出すところまで書きました。使用したエゾヤマザクラについてもう少し書きます。

続きを読む

超大作の特注念珠 その2

この記事では、「超大作の特注念珠」のご依頼人のこと、そして、注文時のご要望、後ほどお聞きした、使用目的について

どんな形だったかな?というかたは、こちらもご覧ください。

完成した特注念珠の概要について書かれています。
続きを読む

超大作の特注念珠 その1

10ヶ月がかりで、超大作の特注念珠が完成しました。

今回はご依頼者にも協力していただきましたので、注文~完成まで、その一部始終を掲載してみます。

念珠が超大作なだけに、その解説も大作になりそうですので、数回に分けて投稿します。

まずは全体象をご覧ください!

さっそく、説明が必要ですね。僕も今まで見たことも作った事も無い形です。

続きを読む

「念珠の学校」を終えて

昨年11月~年明け1月にかけて、札幌市覚王寺様との協同企画で、全3回の「念珠の学校」が開催されました。大変、有意義かつ画期的な集いになりましたので、ご報告します。

念珠の学校、募集要項についてはこちら↓
https://nagaokanenju.com/blog/archives/2842

続きを読む

念珠の材料は、南の木から採ってはいけない。

念珠用の珠はどこからとるか

念珠の材料というのは、経典の中でも色々と謂われがつくものもありますが、今や無限にと言っても過言ではないほど、種類があります。
しかし、かつては、堅い材料を加工する技術はないか、あってもそれはとても手間がかかり高価なものだったことは想像に難くありません。

無患子は三年磨いても黒い

お経の中で最初に登場するのは、ムクロジ(無患子)です。経典の中では木槵子(モクゲンジ)と表記されておりムクロジ科の広葉樹といいますから、ほぼ同じ種類の植物を指していると考えていいでしょう。

続きを読む