近況

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (11)
  • 興味深い (5)
  • 考えさせられる (4)
  • なるほど! (0)

お坊さん仲間の間で、心配しているんだよ

ありがたいお気持ちをいただき・・

修理の念珠を預かる

今日は、お客さん(僧侶)のところへ寄って、いくつかの念珠の修理品を預かってきました。ご自身のものではなく、まわりからかき集めてくださったものなので、1連ずつ持ち主が違います。

「長岡君は念珠だけでやっていけるんだろうか、何か力になってやりたいけど・・」と、お坊さん仲間の間で心配しているんだよ。というお話を聞きました。

本当に有り難いお話で、おかげ様でなんとかやっております。

仕事の形態

10年近くやってきても、自宅で休まず長時間という働き方から抜け出せませんが、店舗を出そうにも、人を雇おうにも、度胸やチャレンジ精神が足りないというレベルではなく、足りない頭で算数をしただけでも、プラスになるプランがありません。

ひとたび、人件費や不動産に投資すれば、どう頑張っても900円稼ぐために1000円使うというのがアイディアの限界ですが、自分でやっていれば100円かければ、101円くらいは売れるという話です。

独立開業をするような方は、はじめからオフィスや店舗を構えて、スタッフを雇い、どういう見込みでスタートしているのか不思議なのですが、案の定、短期間で閉店してしまう方もたくさんいます。資本がある人は、数百万の店舗を試験運用という事もあるかもしれませんが、僕が数百万の借金を背負うと、次の10年を棒に振りますので、見込みがないプランを場当たり的に動かすことはできません。

今後の経営を展望

給料もらって職場の文句を言ってた20代、経営者の立場を味わった30代。

40代をどういう10年にしようか、必然的に考えてしまうわけですが、40代前半のうちに会社の売上げを2倍くらいの目標は立てています。経費も膨らむでしょうから、個人の収入がどこまで増やせるかわかりませんが、リスクヘッジのためにも個人的には欲張らず、多少の内部保留は作りたいと思っています。

「10年は修行」と決めたのが9年前のことです。
もうそろそろ自分のための修行期間は卒業して、企業としての社会貢献の期間に移行していきたいという考えです。

10年前は貸借対照表のボリュームは「えげつなさ」と思っていましたが、今では自分の会社の貸借対照表の小さな数字が、そのまま「社会貢献度」だと思っています。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (11)
  • 興味深い (5)
  • 考えさせられる (4)
  • なるほど! (0)

ストラップ作りワークショップ終了

かねてからお知らせしておりました、ストラップ作りのワークショップが、おかげさまをもって無事、終了しました。

人が集まらない!!

日頃から各SNSなどでチェックしてくださっている方は、一部始終ご覧になっていたかもしれません。

実は数日前になっても申し込みがゼロということで、けっこう焦りました。

3日前になってから、各SNSで有縁のみなさまに泣きつきましたところ、有り難いことに数名の方より参加の意思をご連絡くださいました。

会場は、人気があってけっこう予約が難しい部屋なのですが、なぜかこの日だけ空いていたのです。
よく考えたら、札幌は「よさこいソーラン祭り」の期間中で、ススキノ会場が一番盛り上がってる夜だったんですね。

「行きたいけどスケジュールが・・」というご連絡も何人もいただいておりました。
みなさん、なにかと予定が重なってご都合が合わなかったようです。

ワークショップ開始

珠子さん

まずは人形型の通称、珠子(たまこ)さんの方から作り始めました。

頭の部分は、直径12mmほどの大玉を使っていますが、せっかくきていただいた方に、予定よりも少々高価な天然石もご用意しました。

皆さん順調に作り進めますが、胴体の部分の平編みにはちょっと苦戦したみたいですね。
左右交互に8段編むと、ちょうどわかった頃には次の工程です。

手足となる小さい玉、僕らの業界では、尺玉、尺二玉と呼ばれている玉です。
これらを付けて完成になります。

アミ紐ストラップ

休む間もなく後半戦は、アミ紐房を応用したかたちのストラップの制作です。

ストラップコードを通すところまでは順調でしたが、紐を編み込むところになると、ここでも皆さん苦戦していました。

あまりに簡単に出来上がって物足りないようだったらどうしようかと思ったのですが、ほどよく格闘していただいて、思ったより早く時間が過ぎていきました。

余裕があれば最後に釈迦結びにも挑戦していただこうと思ったのですが、時間ギリギリとなりましたので、ツユ結びで締めて完成ということにしました。

 

まとめ

雑感

欲張って二つも作ってみたのですが、一つずつでも良かったかもしれません。
それでも「両方ともつくれるなんて!」と喜んでいただけたので、まあ、良かったのかな。

「念珠玉で遊ぼう」というタイトルで、「罰当たりな!」って誰か突っ込んでくれないかと思っていたのですが、意外とそういう意見は出ませんでした。

念珠を身近なものに

念珠ってもっと身近なものであって欲しいと思いますし、変に神格化して、一部の仏教マニアだけのアイテムというふうにも思われたくありません。

実際にQ&Aサイトなどで念珠についての意見をみると、「宗教にはまっている人は持っているけど、普通は要らないです」なんていうことが書いてあるのですから、若い世代ではそういう感覚になりつつあるということです。

少人数だったからこそ、和気藹々とした雰囲気で、自然と雑談もお寺や念珠の話になります。
念珠玉遊びを縁にこういう時間はとても有意義だなと思っております。

またの機会も

今回はお日柄も悪かったのか、イベント自体はとてもささやかなものでしたが、本州からも「近かったらぜひ参加したいのに」という声も多く頂きましたし、参加した皆さんが楽しんでくれている様子を見ていると、手応えは感じたしだいです。

今後も、体制を改善しながら、開催していきたいと思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (18)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

120円切手の寄付をお願いしています!

《不要な念珠を回収します&無料で差し上げます》というプロジェクトを始めて、さっそく多くのレスポンスを頂き、嬉しく思っております。

無料念珠の専用サイトはこちら↓
http://nagaokanenju.com/free/

無料念珠の今後

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (4)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

念珠が無料でもらえる?その深意とは。(後編)

引き続きありがとうございます。

念珠がなぜ無料でもらえるのか。そのプロジェクトに掛ける想いを、前半ではかなり引っ張って、仏教の話からきっかけを与えてくれたクリス・アンダーソン氏の話まで書きました。

前半部分が気になる方は、こちらも↓お読みください。

念珠が無料でもらえる?その深意とは。(前編)

この(後編)では、いよいよ具体的な念珠の話を書いていきます。

念珠が無料になる?

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (4)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (1)

念珠が無料でもらえる?その深意とは。(前編)

この度、『不要な念珠を回収します&無料で差し上げます』というプロジェクトを立ち上げました。

前代未聞の切り口に、多くの方が、様々な立場からご意見を寄せていただき、大変有り難いことです。

この件に関しては特設サイトを設置していますので、なんの事だかわからないというかたは、まずは、こちらをご覧ください。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (4)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (3)
  • なるほど! (1)

念珠屋のお仕事

お客様の疑問

長岡は普段、何をしているのか

先日、いつも僕のことをかわいがってくださる住職さんとお話しをしておりました。
より仕事が成功するように、紹介できるお寺などを考えてくださっていたのです。

普通、仏具関係の営業マンといえば、四六時中お寺に通って営業していますし、制作の職人といえば朝から晩まで、親の代から続いている仏具の制作をしています。

あまりに営業に消極的なうえ、一日中念珠を作ってばかりでもないということを話すと、衝撃の一言を言われました。

「え?じゃあ、普段何してるの?」

実はこれ、いろんな方にずいぶん言われるんです。

みなさん不思議そうなので、何をしているか、書き出してみようと思います。
うちは夫婦経営で常駐の従業員はおりませんので、基本的には夫婦どちらかがやっています。

長岡念珠店の仕事

念珠

  • 今後売るための念珠の制作
  • 注文された念珠の制作
  • 依頼された念珠の修理
  • 新作のデザインを考案
  • 相談された念珠のデザイン提案
  • 念珠の玉、紐や房等、資材の発注業務
  • 北海道産木材の買い付け、加工

ネット関係

  • ホームページ管理
  • ブログ
  • メルマガ
  • 各SNS(LINE@、フェイスブック、インスタグラム、ツイッター)
  • オンラインショップ
  • それらにまつわる、写真の撮影、テキスト制作、取材、実験等

営業、販売

  • 寺院出店
  • 一般イベント出店
  • 念珠、仏具等の納品
  • ニュースレター

経営、経理、事務

  • 売上管理
  • 顧客管理
  • 簿記
  • 各伝票作成
  • 在庫管理
  • 新商品、イベントの企画
  • 予測会議

庶務、業務

  • 備品整理
  • 在庫整理
  • 段ボール等副資材の管理
  • 梱包、発送業務
  • 道具の制作
  • 什器の制作

切りが無いのでこの辺で。

まだまだ、仏具のこと、教室関係とか、少し先の事を見据えた企画に関すること、マーケティングに関すると、たくさんの仕事があります。

それに、やりたくても手が回っていない仕事はもっとあります。

仕事って・・・

諸先輩にはすばらしい経営者がたくさんいらっしゃいます。

もし、これからビジネスを始めたいとか、始めたばかりという方が見ていましたら、悪い例として参考にしてください。
ビジネスはシンプルにやった方が良いらしいです。

でも、楽しいんです。

たとえば、効率よく完成度の高いプラモデルを無駄なく短時間で作ったらどうでしょう。
考えたり、失敗したり、キャラクターのこと、塗料のこと勉強したり、制作技術を磨いたりしながら、あーでもない、こーでもないと作るのが楽しいんだと思います。

楽しいことばかりやっていては、そんなに儲からないです。

それでも「楽しすぎて疲れた~、そろそろ休むかな~」と、遊園地の帰りに眠りに落ちるみたいに、死んで行くのも悪くないなと思っています。

それまでの間、少しでも「長岡念珠店に関われて良かった」と思えるような仕事を続けていきたいものですね。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (3)

細かすぎて伝わらない、長岡念珠店のこだわり

長岡念珠店のファンで、安心して買ってくださる方は、読む必要はありません。

以下、かなりオタクな内容になりますので、ご興味ある方のみどうぞ

みなさんは数珠を購入するときにどんなことを基準に選んでいるでしょうか。
玉や房の素材、色、形が目に入るところですね。

もうちょっとこだわる人だと、ちゃんと良い木材や天然石をつかっているのかといったところでしょうか。玉の加工は程度の良いものかというところまで気になれば、かなりの念珠マニアと言ってもよいでしょう。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (1)

念珠愛尽きぬブログのゆくえ

近頃、Webマーケティングなどについて学ぶと、仕事として一生懸命ブログを書いている方がますます多くなっているようです。

ライバルがほとんどいない

念珠店で、ある程度ネットで検索でき、かつ、ブログをやっているところというと数えるほどしかありません。そういう意味では同業者のライバルが少ないと言っても良いでしょう。

まあ、こういう状況を「ブルーオーシャン発見!」と言うやいなや飛び込もうとする実業家がもいますが、悪いこと言いませんので、念珠業界で一稼ぎしようというのはあまりオススメしません。

誰も気づかなかったマーケットではなく、とっくに衰退したマーケットだから、同業者がいないのです

なぜ頑張るの?

では、長岡念珠店がその衰退した業界から逃げず、なぜ頑張っているいるかというと、背景に「念珠という仏教の法具を扱っている」ということがあるからです。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (8)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)

就労継続支援B型事業所 ARC~歩~ イベントの様子

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

今日はイベントの様子を取材してきました。

ARC~歩~

長岡念珠店で総力を挙げて(言い過ぎ?)応援している、就労継続支援B型事業所です。

立ち上げ時から、ブレス念珠の材料提供や作り方の件で協力しています。
ARC~歩~に関する記事にご興味ある方はこちらをご覧ください。

福祉施設で作る数珠

白石区複合庁舎

札幌の方にとっては、「白石区役所」と言った方がわかりやすいかもしれません。

最近、とてもスタイリッシュな建物になり、区役所としての機能だけでなく、サークルや会議に使える部屋、資料展示、飲食店や銀行等々、文字通り複合型の大きな庁舎となっています。

僕も10年前は札幌に住んでいましたが、白石区には住んだことがありませんので、初めて来ました。

地下2F まちづくりイベント広場

白石区役所、または関係者に知り合いがいる方はぜひお伝えください。

せっかくすばらしい施設があるにもかかわらず、地下2回のイベント情報が、地下に降りる階段前の壁に貼ってある小さなカレンダー一つです。

しかも、メーンエレベーターとは繋がっておらず、ほとんど通行人がいない作りになっています。

毎日たくさんの人が出入りしている複合庁舎ですが、地下2Fの存在を知る人はごくわずかです。せめて、エレベーター前に今日の催事を掲示(または出店者が用意した看板などを掲示許可)をお願いしたいと思います。

エレベーターを降りると、早速やっていました!
以前に増して、雑貨のラインナップがずいぶん増えています。

タイル雑貨が充実

最近はタイル雑貨も始めたようで、鍋敷きや写真立てなど、お洒落なグッズが並んでいました。

雑貨のセンスがプリティー過ぎて信じられないと思いますが、作っているのは、おじさん達ばかりです。笑

ちなみに、念珠作りでも抜群の手芸好きを発揮していたこちらのおじさまは、販売ブースの後ろで羊毛フェルトでマスコットを制作中でしたが、もはや職人です。


連れて帰った方が良いか迷う視線。

テーマを決めてアートなデザインを考えたり、花をモチーフに並べて見たり、試行錯誤しながらバリエーションが増えているということでした。

限られたスペースでのタイルアート。いかに伝わる絵を作れるか、まるでパズルです。

まだまだチャレンジは続いています

サインプレートや革紐アクセサリーなど、アメリカンな感じの物も増えてきました。
いつも驚かされるのは、みなさんの行動の早さ。アイディアが出たら、あっという間に材料や道具を揃えて数日後にはみんなで作っていたりします。

やってみないと分からないことの方が多いですからね。
この、行動力は見習いたい物です。

 

アルクではホームページもできました!
まだ、制作中(2017/8月現在)と言うことですが、詳しく知りたい方、コンタクトを知りたい方は、↓こちらをごらんください。

就労継続支援B型事業所 ARC~歩~(アルク)のホームページ
http://r.goope.jp/aruku

タイルの鍵かけを買ってきました。
早速、玄関にセット。

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (5)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (0)

食い物にされるクリエーター達

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

近頃、良い子ちゃんぶった記事ばかり書いてきましたので、念珠とは直接関係ありませんが、たまには少々毒を吐いておこうと思います。

「ものつくり」ブーム

なんだか「ハンドメイド作家」みたいなのが、ずいぶん流行っているなと感じませんか。

それ自体はとても良いことで、楽しいアイディアで、それぞれに腕を磨くことは、とても豊かな生き方だと思います。

たぶん、それを手に取る人も商品自体の魅力に加えて、そういった思い入れや気持ちを受け取りたいのだと思います。

そこで多くのクリエーターが考えるのがネット販売、そしてイベント出店という販売方法です。

イベント出店の目的

先日はサッポロモノヴィレッジに出店してきました。
当店では、それなに出店の意義があってだしており、売上は多いに越したことはありませんが、一番の目的ではありません。

それぞれどのような思いで出店しているかというのは、実はとても重要な事のように思うのです。

なぜ重要かというと、出品する作品のジャンルよりも、本当は出店する「心意気」で分けて欲しいと思うのです。

これ、もしイベント主催側の人が見ていたら、ぜひ聞いて欲しいです。

我々のように、それを生業にしている人、お小遣い稼ぎに来ている人、赤字でもいいから楽しめたらいい人が、隣同士並ぶのは、あまり好ましくありません。

何が言いたいかと言いますと、敷居が低く参加しやすいのはいいことですが、プロ用のイベントが少なく、せっかくプロ向けの雰囲気でも、いつの間にかお店屋さんごっこの叩き売り合戦になってしまうイベントが多いです。

 

本気モードのクリエーターが育たない

普通に会社や店舗を経営するというのは大変なリスクを背負います。気軽に出店できるイベントは良いことだらけのように思いますが、落とし穴もあります。

かなりのレベルで作品を仕上げて、相応の値段を付けている方もたくさんいます。ところが、素人作品を身内のバサーみたいに投げ売りする出店者が増えると、イベントの相場がそのようになってしまいます。

分かりますよね?たとえばフードコートに3万円のコース料理出して食べる人がいますか?という話です。どんなにこだわりの最高級食材を使おうと、有名シェフが作ろうと、そこでは売れません。

実は今日、あるイベントの視察をしてきたわけですが、あまり雰囲気は良くないです。見る限り、ほとんどの出店者が何をしに来ているか分からない。路上の占い師のように、ひたすら無表情で固まっています。

作品を手に取って欲しいのか、触られたくないのかすらわからない。そして、コストが回収できていないであろう価格。中にはすばらしい技術を持った方もいるのに、それが相場になってしまったならもったいないです。

クリーエーターの残念な展開

本当に良いものを作っているクリエーターが、運良く資本のある人にプロデュースしてもらえる場合もあります。急に、有名店に並べてもらえたり、ある程度の数が売れて、作るのが追いつかない様なことにもなりえます。

しかしそれって、資産家がクリエーターという商品を流通させているだけで、クリエーター本人が成功しているわけではありません。資産家はお金の流れが悪くなると、もっと儲かる物に乗り換えるだけです。

結局「ものつくり」ブームって・・・

クリエーターが増えたとか、そういう作品を求める人が増えたという事もあるのかもしれませんが、「クリエーターを食い物にする輩」が一番増えているという感じがしてなりません。

いつもブログを読んでくださっている皆さんならお気づきかも知れませんが、長岡念珠店はセルフプロデュースにこだわっています。

自身で作る念珠屋さんということで「ものつくり」をする人と言われることが多いです。しかし、僕は念珠を制作する時間の10倍以上、みなさんに念珠の魅力を伝えることに時間を使っています。だから自分は、クリエーターとも職人とも思っていません。

セルフプロデュース

もし、自分の作品を世の人に知ってもらいたいと考えたときに、イベント出店はベストな方法ですか?

仮に目的があって出店するとしたら、無表情で終了時間まで座り尽くすということは無いと思います。そういう志の高い方と、(価格ではなく志が)ハイレベルなイベントが開けたら面白いだろうなと考える事もあります。

北海道の人は、見栄えしてお手頃な物が好きです。だから、おみやげの箱は大きい。

小さくて高級なものを買うのは苦手で、まして形のない音楽や芸術、技術やサービスにお金を出すのはもっと苦手です。

でも本当に心豊かで、高い理想を持ったクリエーターがたくさんいる北海道ですので、セルフプロデュースの文化がもっと育つと良いなと思っています。

念珠自体を広める事ももちろんですが、スモールビジネスのありかた、食われないクリエーターの生き方というのも、機会があれば、これからそういう人生を考えている人に伝えたいと思っています。

そして、イベントやネットの販売サイトでも、志による棲み分けをして、活躍するべき人を食い物にせず、技術とセンスで活躍できる環境が整うことを願っています。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (4)
  • なるほど! (2)