お知らせ

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

「念珠の学校」は、今後どうなる?

「念珠の学校オンライン」がスタートしまして、数ヶ月が経ちました。

【念珠の学校オンライン】の基本情報をご覧になりたいかたは、公式ウェブサイトをご覧ください。

*****

すでにご入会済みのかたには本当に、拙いシステムでありながら温かく見守ってくださっていることに感謝しかありません。また、残念ながらもう退会してしまった方もいらっしゃいますが、こちらの至らぬところが多く、申し訳なく思っております。残念ではありますが、またサイトがパワーアップしましたら、帰ってきてくれると信じております。

この記事では、今後の教室のあり方について考えていきたいと思っています。

念珠の学校オンラインの現在

2021年5月現在、稼働中の動画は以下の通りです。

  • はじめに
  • ごあいさつ
  • 操作説明
  • 参考カリキュラム
  • 単念珠の基礎知識
  • 頭房単念珠の作り方
  • 振分(双輪)念珠の基礎知識
  • 振分(双輪)念珠の作り方、前編
  • 振分(双輪)念珠の作り方、後編
  •   アミ紐房(4本足)単念珠の作り方
  • アミ紐房(6本足)単念珠の作り方
  • アミ紐房(8本足)単念珠の作り方
  • かがり梵天の軸編みと付け方
  • 湯のし
  • 切房の作り方
  • 集中講座(つゆ結び)
  • 集中講座(親玉の通し方)
  • 集中講座(四つ編み)
  • 集中講座(釈迦結び)
  • 補足動画(四つ編み時の糸のテンション)

文字でタイトルだけ見ても、なかなかイメージが伝わらないかもしれませんが、一般的なひと輪の略式や八宗用とよばれる普及型の双輪はすでに、作れる内容になっています。また、僧侶用の特殊なものを覗けば、一般在家向けとしては、すでに全ての宗派の本式を作ることができる技術を網羅しています。

さらに、リクエストいただければ、順次それに応えていくようにしておりますので、例えば、リストにはない「日蓮宗型が作りたい」という声があれば、解説動画を作ります。

『念珠の学校オンライン』ログイン後の画面

ヘンリー・フォードのはなし

マーケティングの古典を学ぶと、車のフォード社の話がよく引き合いに出されます。

念珠屋なのに、車は関係ないでしょうと思うかもしれませんが、経営者としての鋭い視点は、業種を問いません。

ヘンリー・フォードの有名なエピソードに次のようなものがあります。

「もし顧客に、彼らの望むものを聞いていたら、 彼らは「もっと速い馬が欲しい」と答えていただろう。」

僕はこの言葉に殴られたような衝撃がありました。

お客さんの望むことなら、できる限り応えたい。今でも、そう思っています。
そして、それが良いことだと思っていました。

顧客が馬車しか知らない時代に、ガソリンで走るスーパーカーを望む人はいませんでした。
初めての量産型として有名になったT型フォードを開発しているころにも、車のことは「馬なし馬車」と呼ばれていたそうです。

「どんな念珠が欲しいですか?」

「どんな念珠を作ってみたいですか?」

念珠の種類はもともと多種多様です。
ある一人に限定すれば、その人が関わる可能性がある念珠の形というのは、全体のほんのわずかです。さらに、数え切れない程の材料の種類があることは、こちらの知るところで、お客さんのほうが数え切れない材料を想像して注文するわけではありません。

よかれと思っていた自分よがりな「お客様本位」は、ヘンリー・フォードの例に戻ると、「どんな馬が欲しい?」と聞いていたにすぎません。

そこには、イノベーションが起きないのだということを、最近はひしひしと感じています。

念珠の学校のこの先

念珠の学校オンラインの話に戻りましょう。

あえて、「オンライン」を付けましたが、現在はこのような状況でオンラインが主体となっていますが、未来永劫オフライン開催はやらないと決めているわけではありません。

だからといて、「コロナが落ち着けばねぇ~」なんて、世間のようにのんきに考えてもいません。

あらゆる企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでおり、既存の体験は、オンライン化が進むのは間違いないでしょう。だからこそ、リアルで会うこと、遠くまで移動することの価値が以前にも増すことは間違いありません。

僕は、小さいながらもこのビジネスを存続させなければいけないし、やるもやらぬもコロナ次第なんていう悠長な余裕はありません。

その為には、今年できること、今できることに、チャレンジし続けるべきです。

念珠の学校は、当面オンライン教室の改善に力をいれていくと思います。
Youtube等、無料で収集できる情報の枠をはるかに越えた、有意義な講座の質をますます高めると同時に、そのことを、まだ体験していない人にも伝えていく必要がありますね。

そして、お客さんが想像している以上のイノベーションを起こして行けるようなチャレンジを、自分自身はしていきたいと思っています。

******

【念珠の学校オンライン】の公式ウェブサイトができました。

まだまだ、手を入れたいのですが、まずは骨組みまで。
念珠作りにご興味がある方は、ぜひ一度ご覧ください!
お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

念珠の学校オンライン

2020年、世界が一変しました。
移動や集会が制限されるなか、満を持して『念珠の学校オンライン』いよいよ開講です。

『念珠の学校オンライン』公式ページができました!

念珠の学校オンラインの最新情報はこちらをご覧ください。

https://school.nagaokanenju.com/index.html

『念珠の学校オンライン』とは

あらゆる形の本格的な念珠(数珠)の作り方をオンラインで習うことができます。

会員は月額定額制です。無制限で質問が可能で、追加料金なく、あらゆるご要望にとことんお付き合いします。

作り方だけでなく、念珠に関する知識や情報も随時提供していきます。

会員限定の動画を閲覧することで、自分の好きな時間で受講できます。

講座の特徴

従来の、カルチャー系オンライン講座とは、まったく違う、次世代型のサブスクリプションです。

ただ単に、定額で教材を見放題ということではありません。

わかりにくい、上手くいかない部分があれば、いつでもメールやSNSメッセージ、zoom等で店主:長岡が直接対応します。

ご質問、ご要望があるほど、詳細を解説した動画はストックされていき、他の方も閲覧することができます。

「とりあえずできればOK」で終わらせることなく、とことん完成度を上げたい方にはアドバイスを惜しみません。

高品質な材料を、会員特別価格で購入することが可能です。

できあがった念珠を販売してみたい、知人にプレゼントしたいというかたも応援します。直接関係のない売り方、パッケージ、陳列の相談なども遠慮なくすることができます。

この講座は、できあがった講座のパッケージ販売ではなく、日々アップデートし続けるオンラインスクールです。

 

『念珠の学校オンライン』誕生まで

長岡念珠店では、念珠(数珠)の制作、販売だけでなく、たくさんの講座を開いてきました

念珠の作り方講座については、小さなお子様でもできる簡単なものから、各宗派の本式念珠を何日もかけて編み上げる個人レッスンまで内容は様々でした。

また作るだけでなく、念珠のことを学ぶ多くの座学を開く機会もいただきました。

振り返れば2019年には、年間40数回の講座が開かれ、延べ500名以上の方に参加をいただいておりました。

特に思い出深いのは、2019年の暮れから2020年1月にかけて行われた『念珠の学校』です。札幌の覚王寺様の協力を得て開催することができました。

そのときの様子はこちら↓

「念珠の学校」を終えて

日付を見て、気づいた方もいるでしょう。
そう、新型コロナウィルスが蔓延する直前です。

この翌月から、北海道は全国に先駆けて緊急事態宣言が発令され、生活スタイルは大きく変化しました。

この「念珠の学校」2020年1月の最終回を最後に、すべての行事、教室、個人レッスンはキャンセルとなりました。

そのような状況でも、SNSやメールにて、多方面より念珠を習いたいという声をいただき、春からずいぶん考えぬき、とうとう開講にいたったのが、今回の「念珠の学校オンライン」です。

はじめは、通常講座の代替として考え始めたのですが、実際にはそれを上回る内容で、全国へ、世界へお届けできることになりました。

講座内容

教材動画は、オーダーバイキングのような形式です。
はじめから大量の動画が並んでいるわけではありませんが、リクエストしていただければ、あなた自身に合わせて動画を制作します。(他の会員様のリクエストも全員でシェアできるようになっています。)
長岡念珠店が10年以上かけて積み上げてきたノウハウは、出し惜しみせずに公開します。

入会すると、こちらのような会員サイトの中で動画を視聴しながら学んでいきます。

下の動画は講座内容の一部を紹介しています。
入会後はさらに詳しい技術や細かいコツまで学べるほか、わからなければさらにリクエストも可能です。

念珠の仕立ての主な技術は、糸を玉に通すこと、軸になる糸や紐を編み込むこと、そして、房を取り付けること。形は多種多様です。

一般に流通しているものの多くは既製の房を使いますので、房自体を作るわけではありません。(一部、切房や菊房など、自分で作らなくてはいけない房もあります)

日蓮宗型、真言宗型など難しい形にもチャレンジできます!

念珠の作り方、組み合わせは無限に考えられますので、現時点で大量にアップされているわけではありません。自分が求めている内容が習えるかというご心配がありましたら、入会前に遠慮なくご質問ください。

念珠の学校オンラインの最新情報はこちらをご覧ください。

https://school.nagaokanenju.com/index.html

お問い合わせのみの場合は長岡念珠店お問い合わせページをご利用ください。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (9)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

12月7日 東京念珠作りワークショップのご案内

東京ワークショップのご案内

続きを読む
お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (11)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

本格的な念珠の仕立て方と深くて楽しい念珠のお話し in 札幌 覚王寺

『念珠の学校』

今までは個人レッスンでしか提供していなかった、本格的な手組みによる仕立て方を全3回にわたり学びます。 あらゆる宗派の形の念珠を作る基礎的な動作を習得できます。

また、実技だけでなく、念珠の豆知識も豊富に紹介し、仏教の法具である念珠への理解を深めていただく機会になります。

一般的な「体験」にとどまるワーショップの一歩上をゆく、本格的な学びと安らぎの時間を一緒に過ごしませんか。

3回の課程を修了した皆様に、「念珠の学校」卒業証書を授与いたします。

主催、会場:札幌市北区 覚王寺
技術提供:長岡念珠店

申込みボタン

ご案内

続きを読む
お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (11)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

日本石材工業新聞の記事にしていただきました!

先日、宗教学者の内藤理恵子さんとお会いする機会があり、その時のお話しを、ただいま日本石材工業新聞で連載中の記事にしていただきました。

日本石材工業新聞とは

公式サイトでも「石材業界唯一の専門紙です」というキャッチコピーが最初に目に飛び込んできます。60数年の歴史がある業界新聞で、月に2~3回ペースで発行されているそうです。愛知県岡崎市の会社です。

日本石材工業新聞の公式サイトはこちら

墓石店など専門業者以外の方が目にする機会はほとんど無いかもしれませんが、逆に専門店を経営する方なら、知らぬ者なしという存在ですね。

石材と念珠屋に何の関係が?

せっかく会えるなら、その機会に取材をさせて欲しいと聞いて、念珠屋の話題が石材業界の何にお役に立てるのか不思議でした。

記事の切り口はこうです。

これまで当欄では「もっとインターネットを活用しよう」というテーマを取り上げたことがありますが、インターネットで話題になる(俗に言う「バズる」という現象)、そしてその話題が売上に結びつく、という成功事例を示した石材店があまりに少ないのです。
(該当記事の冒頭より抜粋)

そこで、ネットでキャラ立ちしている長岡さんの話を聞きたいということでした。

遊びの延長で

正直自分の中では、売上の為のネット活用というよりは、SNS自体遊びの延長でやっている意識が強く、わざわざ取り上げていただくのはなんだか申し訳ないような気にもなりましたが、改めて書いていただいた記事を読んで、それが逆に良かったのかも知れないとも思っています。

日本石材工業新聞2019年7月25日号
日本石材工業新聞 2019年7月25日号(10面)

筋トレやプロテインの話題を投稿する変わった珠数屋ということでしたが、言われてみれば確かに書いてます。お恥ずかしい。笑

内藤さんは「筋肉キャラ」の一面を拾ってくれましたが、正統派の仏教談義で繋がった方もいますし、料理の話で盛り上がることもあります。最近だと、僕がはまっている中国語の話題で絡んでくれる方もいます。
その他、子どもの話、北海道の話、音楽や楽器のこと、色々のジャンルの出会いもあり、複数のジャンルでかぶってお話し出来る方も多いです。

と、自分のことを書くと、改めて「念珠の事をもっと書けよ!」と心の中で突っ込みました。笑
たまに書きますよ。それも。

一般的な会社に勤めている方でしたら、もちろん仕事は真剣だとは思いますが、その合間で同僚や先輩後輩と仕事のことを話したり、雑談をしたりするのは当たり前だと思うのです。

ところが、社員のいない1人経営者という立場は、当たり前の会話もする相手がいないのです。(幸い、うちの場合は妻とふたりで作業することも多いですが、夫婦というのは良くも悪くも空気のように・・苦笑)

隣のデスクに、「今日も暑いね~。ランチどうする?」と声を掛けるくらいのことを、相手がいないのでSNSに投稿しているというのが、今の姿ですね。

石材業界のみなさまへ

チャレンジすべし!

記事を読んでくださり、もし、「よし、うちもツイッターやるぞ!」等と思い立った方がいましたら、是非チャレンジしていただきたいと思います。その他フェイスブックやインスタなど、それぞれに世界感のクセがありますので、それは使いながら馴染みましょう。

内藤さんの記事は、僕がとてもこれで成功しているように書いてくれましたが、いやらしい話、費用対効果でお金になっているか?といわれましたら、儲かっているわけではありません。

それでも、今までまったくお付き合いのなかった方が、日々のSNS投稿を見ていて、はじめからとても信頼を寄せて仕事を依頼してくれることが増えてきました。これは、すごいことですね。

ネット営業の恩恵

僕も10数年前は会社勤めで仏具の営業をしており、とにかく「お客さんを回って顔をだしてこい」と言われてました。その時に正味、自社商品の説明をしている時間というのはごくわずかで、ほとんどは雑談ですね。そういう意味で、SNSは現代における有効な営業手法かもしれません。

お酒の席やゴルフを通じて仲良くなるのが苦手な僕にとっては、良い時代が来たと思っています。

うちの会社は誰がやる?

そこまでいうと勘の良い経営者ならわかるかと思いますが、ネット利用をパソコンが得意そうな若手に一任というのは、中小企業が失敗しがちな一番ダメなパターンですね。取引先と世間話のひとつも出来ないような若手を、ひとりで接待に行かせることを想像してください。

ツイッター、フェイスブック、インスタなどのSNSは、半日触れば使い方はわかります。しかし、担当者と会社のカラーや戦略が十分伝わるような連携できないなら、役員以上の人が直接やるべきでしょうね。

実際に大手企業でさえ、影響力があるアカウントはほとんどが経営者が直接運営しています。(いやひょっとしたら、実際に書き込んでいるのは社長の影武者かもしれません・・が、それも戦略のうちです)

まとめ

いずれにしても、ネットは打ち出の小槌でもなければ、万能薬でもありません。ただのインフラです。一昔前であれば、事務所に電話やFAX、営業車も用意したというだけで、営業先でなんの話をするか。ネット時代も中身はやっぱり人間ですね。

たぶん、根っからの営業マンというのは昔からそうであるように、接待や対面営業の時間も仕事だという認識はあまりなく、普段仲良くしている人から自然と仕事をもらっているという感覚はあると思います。きっと、ネット戦略も近いことが言えるかもしれません。

その上で、かつての営業マンが靴を磨けと言われたように、SNSのカバー写真は印象的なものを使う、公式サイトはお洒落に見やすく等、ネット特有の好感度アップのポイントはあるでしょうね。

経営全般ということになると、大先輩のみなさまに敵う部分はありませんが、近頃のネット事情ところでは、お話し出来るところがありそうです。

先にこちらのブログにたどり着いた方は、ぜひ、「日本石材工業新聞」(2019年7月25日号)もご覧になってください。

内藤理恵子さん、新刊のおしらせ

この記事を取材、執筆してくださった内藤理恵子さんの新刊がちょうど数日前に発売になりました。

発売前から予約注文していたのですが、このブログを書いている間に、ちょうど届きました!

誰も教えてくれなかった「死」の哲学入門 単行本(ソフトカバー) – 2019/8/20
内藤 理恵子 (著) ¥1800円+税 日本実業出版社

こちらも楽しみ。これから早速、読ませていただきます。

「哲学」と聞くと、普段縁遠いかたはビビってしまうかも知れませんが、内藤さんの文章は平易な言葉でわかりやすく、いつも読みやすいです。
新刊をパラパラめくると、今回は自前のイラストもたくさん使っていますね。

お近くの書店、または、タイトル『誰も教えてくれなかった「死」の哲学入門』をネットで検索するとするに販売サイトが見つかります。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

NHK文化センター札幌教室(単発講座)

札幌、北海道内の方にご案内です!
残席僅かですので、御希望方は、ぜひお問い合わせください!

女性向け 本水晶念珠
男性向け 紫檀(シタン)

日時

令和元年7月21日(日)
13時~15時

場所

NHK文化センター札幌教室
札幌市中央区大通西4丁目道銀ビル12F
TEL:011-222-5011

概要

数珠を手作りしてみませんか?

今回は、略式数珠(ほとんどの宗派でお使いいただける、ひと輪の数珠)の製作を行います。本格的な編み込みの技術が必要なため、全国的に習える機会はほとんどありません。

葬儀や法事などのフォーマルな場所でも使える形で、女性用は本水晶(透明の水晶)、男性用には紫檀(したん)を使った高級仕様です。房の色は男女ともに定番で使える色で、10色からお選びいただけます。

一からすべて作ると、1回では難しいので、下処理をして製作キットを用意します。

難易度は高めですが、時間内に完成出来るようサポートします。数珠を縁に仏教も嗜みながら、指先に集中し心安らぐ時間を体験してください。

お申し込み、お問合せ、受講費用など詳しいことは、NHK文化センターの公式webサイトごご覧ください。

↓ ↓ ↓

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1178698.html

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

6月16日 名古屋ワークショップ

想念寺様で、腕輪念珠を作りましょう!

続きを読む
お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (5)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

6月15日東京ワークショップのご案内(単念珠)

東京ワークショップのご案内

続きを読む
お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (4)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

6月14日東京ワークショップのご案内(八宗用)

東京ワークショップのご案内

続きを読む
お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

サッポロ モノ ヴィレッジ2019

お知らせがギリギリになってしまいました!
ゴールデンウィーク後半、いかがお過ごしでしょうか。

長岡念珠店の出店は、5月5日のみ!
ぜひ、お越しください。皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

イベント概要

2019.5.5(日)11:00~18:00/6(月)10:00~17:00

※時間が変則的ですのでご注意ください。

会場:札幌ドーム

イベント自体は2日間になります。

長岡念珠店の出店は5日のみ!

ブースの場所

ブース番号は「E-94」

野球のポジションでいうと、センター前、ややレフト寄りのあたりです。

長岡念珠店ブースお立ち寄り特典!

なんと、なんと!!

お立ち寄りいただいた方に、念珠風ストラップをプレゼントします!

「ブログ見ました!」と声をかけてください。

これは欲しい・・!

ただし数に限りがありますので、無くなり次第終了、同じ色の組み合わせはほとんどありませんので、先着順にお好きなものをどうぞ。

大事なことなので、最後にもう一度。

長岡念珠店の出店は5日(11:00~18:00)のみ!

皆様に、お会いできるのを楽しみにしています!

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (4)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)