お客様との会話

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

木と天然石のブレス念珠

紫檀ブレス

 

ご注文のブレス念珠のついでに、親玉なしのストレートタイプのものも作りました。
木玉もいいし、天然石もいいし、思い切って紫檀と天然石を交互に入れてみると、なんとも温かみと可愛らしさが共存する感じで、なかなかいいですね。左から、白オニキス、グリーンメノウ、水晶、メノウ、縞紫水晶。各2200円です。
ブレス念珠は在庫の入れ替えが早いため、ネットショップに掲載の目途がたっておりません。ご希望の方は直接ご連絡ください。サイズを合わせて別注でも同価格です。

腕輪念珠自体、「あんなものは念珠と呼ばない!」と言われたこともありますが、確かに略式のさらに略式みたいなところもあり、さらに、ゴム紐房もなくなった近年のブレスレットタイプになると、アクセサリーのブレスレットと変わりません。どこまでを腕輪念珠と呼ぶかというところですが、僕の見解としては、つける方の心意気で、形は問わないと考えています。その根拠は、本式の念珠でさえ、もっというと、宗派の正式と呼ばれているものでさえ、実はほとんど曖昧だったり、細かい指示があっても、指示以外の部分は、いつの間にか流行りで形が変わっていたりするので、腕輪の時だけ、こうじゃなきゃダメという方が不自然に思っています。ゴム紐の房付を「腕輪念珠」、房なしを「ブレス念珠」と使い分けているところが多いようで、うちもそれに準じています。

思えば、心意気次第というものは意外と多く、僕は「フィドル」という楽器を弾きますが、日本では「ヴァイオリン」と言った方が通じるでしょう。ご飯ともメシというけど、握る人が握ればシャリ。厳密にいうと、すし飯は水盛りが違うぞと言われそうですが、それは腕輪念珠も一緒で、形にこだわる方は、こだわって使っていただけばいいように思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

明日ありと思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは

念珠教室受講生の甥っ子さんへ届けたかった念珠、残念ながら間に合いませんでした。今朝早くに、亡くなったというお電話をいただきました。

_IGP4502

材料が届いたのは、同日夜になってからでした。胡桃に羅漢さんを彫刻して黒く染めたものに、道具はブラックルチル。「友引」にあたって葬儀が伸びたので、灰になる前にはお届けできそうです。

友引という字面から「友を引く」ので葬儀をすべきではないというのは、迷信で仏教には関係ありません。そもそも大安や仏滅など六曜というのは起源が定かではないのと、「御日柄」という考え方が戦争中にゲン担ぎで流行ったんですね。絶望的な窮地で、なにかにすがりたかったんでしょう。
人の死にお休みはありませんので、火葬場は休むわけに行きません。そこで、こじつけで友引を休みにしました。たぶん東京のように民間火葬場が多いところは、友引でも休みなく動いていると思います。確認したわけではないですが・・・
今回亡くなった方は、浄土真宗本願寺派の方です。とりわけ、物忌みを嫌う浄土真宗では特に御日柄は関係ないはずなのですが、そういう事情で、葬儀が延期になります。火葬場が休みなので、友引前日はお通夜ができないのです。

息があるうちにお届けできなかったのは残念ですが、「友引」のおかげで、身があるうちにお届けできそうです。
「夜半に嵐の吹かぬものかは」思いがけない嵐で、桜は散ってしまいました。明日の花見はできないのです。
人生一期一会。「また今度」は誰も保証することができません。

 

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

その想い届けたい

毎月、熱心に定例の念珠教室へ通ってくれている女性がいます。はっきり歳を聞いたことはありませんが、ご年配の方で、結婚はしていません。
来週行われる教室では、大玉のブラックルチルを使ったとっても高級な男性用お念珠を作りたいと事前に聞いておりましたので、うちでも材料を手配し、到着を待っているところでした。

甥っ子さんへのプレゼントということは聞いていました。
今朝早くに電話がきて、「私が作ったら時間がかかるので、今すぐにでも先生がつくって届けてくれませんか?」と言うのです。いつもはそんな無茶をいう方じゃないので、余程のことがあったのかと思ってお尋ねすると、甥っ子さんはもともと病気がちだったようで、容態が悪化して、今日とも明日とも言われない状態なんだそうです。

「どうしても」ということで、用意しているブラックルチル。実はまだ届いておらず、順調にいけば、明日の到着予定です。何とか持ちこたえてください。材料さえそろえばすぐに仕立ててお届けします。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)