アベン

こんなときに数珠を買う!

「念珠と言われても、今は特に何もないのにねぇ・・」
「数珠っていつ買う物なの?」
「用意しておかないと・・とは思うんだけどね。」

普段の会話の中でよく聞かれることです。

身内が亡くなった、または亡くなりそうだから慌てて・・というのは、説明するまでもなく良い買い物ができないということは、今までの記事でも何度もお話ししてきました。

念珠を買うきっかけ

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (23)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (5)

ペアデザインで作る数珠

オーダーメイドの念珠と言っても、様々なご要望がありますが、こんなこともできるのです。

ご夫婦でこんな念珠はいかがですか?

ペアデザインの念珠

虎目石を基調に

男女ともに道具(親玉、二天玉の三カ所)は虎目石で揃えています。

男性用には、かなり貫禄がでるサイズのたまに、羅漢(らかん)様が彫刻されています。
素材は柘植(つげ)の木で、黒く染められているものです。透かし彫りになっていますので、ゴツイ見た目の割に意外と軽く持ちやすい作りです。

女性用は相応なサイズの黒オニキスですが、通常の丸玉では男性用とのバランスが悪かったので、切子玉を使いました。

北海道産イチイの念珠

木が好きなご夫婦からのご依頼で、道産イチイのペアを仕立てました。
使い込むと将来どんな感じになるのか楽しみです。

水晶にグリーンを添えて

異素材ですが、水晶+グリーンで統一感をだしています。

男性用につかった濃い緑はアベンチュリンといいますが、かつてはインドヒスイと呼ばれていたものです。
かつてはというか、今でも、「ヒスイ」と表記しているお店が多いですが、ヒスイではありません。
実は鉱物学的には水晶の仲間になります。

女性用のグリーンアメシストは、紫色のアメシストを加熱加工して精製される素材です。

緑の玉が異素材でもどこか統一感があるのは、広い意味では同じ水晶に属する親戚のような石だからかもしれません。

超豪華!金琥珀をおそろいで

これは豪華です。男女ともに琥珀のおそろいで作りました。

といっても結構前のご注文で、もちろん当時もそれなりの価格にはなりましたが、現在(2017年)だと、当時の倍くらいの価格になってしまうと思います。

並べて見ると神々しく見えてきますね。

ソーダライトで爽やかなデザイン

男性用には主玉は縞黒檀のみかん玉です。
通常の木玉はウレタンの塗装がされていますが、こちらは一粒ずつ手作業で、天然油をすり込んでいます。

女性用は統一感をだしながらも、重くならないように本水晶で作りました。

カラフルな木玉のミックス

雑誌スロウにも掲載されている定番のデザインです。

ナチュラルな質感がお好みのカップルに人気。

ご夫婦で得度されているお二人からのご注文です。
女性用も法務で使えるように紐房で仕上げました。

道具には独山玉(どくざんぎょく)という薄緑色の石が入っており、これが木の玉によく似合います。

結婚前のカップルにはちょっと重いかも?

ペアデザインの依頼は、主に若いご夫婦、またはご結婚の記念念珠ということが多いです。

念珠の意義が廃れた現代でも、結婚前のカップルがおそろいで用意するのは、ちょっと重すぎるイベントかもしれません。

「おそろいの念珠をつくらないか?」というプロポーズで失敗しても責任は取れませんので、くれぐれも自己責任でお願いします。笑

仏教では「永遠の愛」は誓えませんが、無常の愛のなかでも、仲良くペア念珠という選択も素敵だと思いますよ。

気になった仲良しのご夫婦はぜひご相談ください。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (10)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

葬儀の数珠は、どう選ぶ?(女性編)

一般の方が、もっとも数珠を使う機会といえば、やはり葬儀でしょうか。
最初から何本も持つのは難しいもしれませんが、すでにお持ちの方は、葬儀用とそれ以外(宗派の各法要、お墓参り、寺院観光など)で使い分けるのがよろしいかと思います。

初めて購入されるかたは、葬儀で使うことを想定しています。その場合、どんな素材を選ぶべきかというお話をします。

実は、こういう話題はとてもデリケートで、正解の教科書がないのですが、参考にしていただければ幸いです。親戚やお付き合いのある住職さんなど身近な方にも相談してみてください。

形になると宗派の問題もからみますので、ここでは素材の選び方についてだけ書くことにします。

正解がないというは、そもそも、念珠の素材に決まりがないので、葬儀に使うものだからと言っても、急にルールが増えるわけではありません。しかし、この辺が「無難(ぶなん)」という選び方はあります。

さて、まず葬儀ということは、悲しみの席ですからね。仏教の教えとは関係なく、派手過ぎたり、おめでたい雰囲気のものをあえて持つべきではないと考えます。

女性であれば、白系は無難と言えるでしょう。
たとえば、定番は本水晶(ほんすいしょう)です。

その他、白蝶貝(しろちょうがい)や白メノウなどもありますね。

白と言えば「なぜ、真珠(しんじゅ)と言わない?」と思った方がいるかもしれません。
ズバリいうわよ!(古っ・・)僕は真珠をお勧めしません。
喪服のネックレスやイヤリングは真珠ということになっていますが、それは西洋の喪服と一緒に入ってきた文化です。葬儀の念珠が真珠である理由はありません。

校量数珠功徳経(きょうりょうじゅずくどくきょう)によると、サンゴや真珠もそこそこ良いとは書かれていますが、それを根拠とするならば、菩提子(ぼだいし:ボダイジュの種)が最高と書かれているので、そちらを選ぶべきです。

真珠というのは、手でベタベタ触って良いはずがありません。揉むと玉同士がこすれて、すぐに表面がはがれてしまいます。汗にも弱いです。また、極細の糸しか通せないため、よく切れます。
そのため、念珠の素材としては向いていないのです。

それ以外だと、黒オニキスなどのダーク系の色合いも問題ないでしょう。

北海道の雰囲気では、ローズクォーツ等の薄ピンク系も、全く問題ありません。しかし、こうなってくると微妙なところで、地域によって、また家柄によっては、「赤っぽいもの」を避ける場合もあります。

ピンクサンゴのような淡い色も同じくOKだと思います。
下の写真は本物ではなく、サンゴ風の樹脂の玉です。

同じピンク系でも、インカローズのように色がきついものは、葬儀では避けたほうが良いかもしれません。
ダメという決まりはありませんが、軽くやっかみを言う親戚の叔母さんがいる可能性はあります。

ちなみに、名古屋や金沢の近郊では、「葬儀では白い房」というのが習慣になっている地域もありますのでご注意ください。

その他、緑や紫などの中間色は、ほとんど場合で問題ないと思います。

いかがでしたでしょうか。素材や色、一つとっても、念珠選びはとても難しいですね。
今回ご紹介他にも、きっとお好みに合う選択肢はたくさんあります。
失敗したくないあなたは、お気軽にご相談くださいね。用途、お好み、ご予算などからいくつかピックアップしてご提案します。買うかどうか迷うのはそれからゆっくり悩んでください。

近頃は、なんでも女性が優先です。笑
次回は男性用について書きたいと思いますので、殿方はもうしばらくお待ちください。

追記:
男性用についての記事を投稿しました。こちらをご覧ください。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (21)
  • 興味深い (6)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (2)

めずらしい特注念珠のご注文

先日、珍しいご注文がありました

IMG_4710

もともとは腕輪念珠で、星月菩提樹に五色の玉が入った腕念珠があったそうで、それにデザインを合わせたような単念珠を作りたいというオーダーをいただきました。

そのもとになった腕輪がどうしてこのような色が入ったものを作ったのかその由来はわかりませんし、ひょっとするそれは仏教的意味ではないのかもしれませんが、とても遊び心ある念珠です。

デザインを練る

さっそく、元になる腕輪念珠の写真を送っていただき、単念珠にした場合のバランスなどを考えます。

IMG_4712

腕輪には道具にあたる部分が特に石が入っていませんでしたが、高級感とバランスを考えて紫水晶を使い、上部に紫水晶、本水晶、メノウ、黄水晶、アベンと並べます。おおよそ、お持ちの腕念珠に近いものになり、大変喜んでいただけました。

れにちゃん押しですか?

ある方に言われて、はじめは意味がわかりませんでした。
このカラーが、ももいろクローバーZっぽくて、紫が、高城れにさんの色なんですね。
そちら方面にはめっぽう疎いもので・・
依頼主のお気持ちはわかりませんが、そんな理由でデザインされるのも確かに面白いです。

菩提樹の最近・・

実はこの星月菩提樹、今では非常に手に入りにくい材料となってしまいました。今年の春ころから輸入されなくなり、国内在庫は少なくなっています。このような材料はいろいろあり、年々値上がり傾向にあります。ただ、宝石などと違い、お金に糸目をつけないから手に入れたいと思う人は少ないようで、こういった木の実や唐木の類は、極端な値上がりよりも先に市場から姿を消すようになります。

適正価格を維持するのは難しいですが、できる限りの努力はしていきたいと思います。

菩提樹について詳しくは、こちらの記事もどうぞ
数珠に使われる菩提樹(ぼだいじゅ)の実

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (9)
  • 興味深い (7)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (0)

蓮の念珠完成!

ハス

以前、ブログでもご紹介したのですが、お預かりしたハスの種を加工し、念珠が完成しました。
本日、納品したところ大変喜んでいただけて、頑張った甲斐があります。
卓上ボール盤や精密ルーターは、ちょいちょい使う機会がありますが、こんなに長時間作業したのは久しぶりです。
合わせた天然石は、アベン、茶水晶、トラメ、赤トラメ、ソーダライト、本水晶とそれに似合う紐を選んで、カラフルに仕上げました。

IMG_1600

 

ハスの種は思いのほか丈夫で、実用的な意味でも長く使える良いものになったと思います。
もともと白く粉を吹いたような表面でしたが、鈍くもしっとり光っているのは、天然ワックスによるものです。
えごま油や米ぬかロウ、レモンオイル等、天然植物油脂だけでつくった、木部の艶出しに使えるものです。
一粒ずつ、塗り込んでは乾拭き、乾燥という工程を数日かけて2まわりします。

IMG_1620

こちらの種が取れた蓮池は、今年もきれいなハスを咲かせるんでしょうね。
お盆の前後にでもお邪魔して、ぜひ見せていただきたいと思っています。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (27)
  • 興味深い (6)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (0)

瑪瑙(めのう)グラデーションを追加しました

瑪瑙グラデ3

とっても綺麗な瑪瑙グラデーションの女性用単念珠を追加しました。

瑪瑙の種類は非常に多く、水晶系と、瑪瑙系に分類されるところまでは、比較的お国も問わず明確で、顕晶質なら水晶、潜晶質なら瑪瑙となります。念珠の世界では、和名で「瑪瑙」とザックリ使ってしまっていますが、これもちょっと眉唾ものなのです。

広義な天然石として考えると、瑪瑙はアゲートとよばれ、これは縞が出ることが分類条件となります。しかし、縞が無いのに、念珠の場合「瑪瑙」もしくは「本瑪瑙」と呼んでいます。アゲートの定義からすると、「縞瑪瑙」の類は名実ともにマッチしてることになりますが、念珠玉として良く見かける瑪瑙と呼ばれている赤い玉は、「カーネリアン」に分類される方が適切かもしれません。
とにかく、縞がないのに「瑪瑙」と呼ぶのが混乱の元なわけですが、もはやどちらが正しいというわけではなく、習慣化してしまっているものですから、当店でも瑪瑙と表記しています。いずれ別記しますが、翡翠とアベンの差のように、混同した販売は詐欺行為と言われるほどの差はないからです。正確にいえば、深紅の天然カーネリアンを想定すれば、とんでもない価格差になりますが、深紅の天然カーネリアンだけで作った念珠は出回っていませんので、逆に安心です。

瑪瑙系の石はとても染色しやすいので、念珠の玉も古くから染色されています。
「それじゃー天然石っていうのはウソ?」というのは、早とちりです。人工精製された素材と違い、石自体は天然にできたものを採掘しています。世に出回っている天然石はほとんどが何かしらの手を加えられて色調整がされています。
すっぴん美人しか認めないという方もいるかもしれませんが、僕の個人的な見解としては、お化粧上手な美人さんも、悪くないと思うのですがいかがでしょうか。

加熱処理、放射処理等で綺麗に生まれ変わったものはいいと思うのですが、外側からインクをしみこませたような安易な染色も最近はみられます。触っていると、手に染料が付いたりします。そういう粗悪品はちょっといただけません。

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)