ブレス念珠

むかわ町で腕輪念珠作り

 震災から三ヶ月

今なお残る爪痕

いろいろありすぎて、もうずいぶん前の事のように感じます。

平成30年北海道胆振東部地震 では、広い地域で大変な被害がありました。震源となった厚真町のすぐとなり、むかわ町でも多くの建物に被害があり、お寺も例外ではありません。

この度、お世話になりました法城寺様では、本堂の仏具も壊れて、境内の鐘楼は今なお倒壊したままの痛々しい姿でした。

今年の除夜の鐘は、こうして迎えられたそう。
【法城寺 おおみそかの鐘】完成‼
https://ameblo.jp/hiujouji/entry-12429355102.html

なむ茶カフェ2018

腕念珠作り体験

そんな中、法城寺様にて開催された「なむ茶カフェ2018」のなかで、腕念珠作り体験を開きたいということで、声を掛けて頂きました。

札幌から有志の参加者、地元むかわ町の皆様が合わせて80名以上。当初50名くらいということで準備していたのですが、嬉しい悲鳴でした。

とても順番に説明しきれない人数でしたので、作業前に流れを説明しました。

この度は、お寺からのご要望で、あまり安っぽいものではなく、あるていど良いものを作りたいというご希望で、天然石や唐木を中心に、24種類の玉を用意しました。

24種類の玉からできる無限のデザイン

カラフルに並んだ石を選びながら、目をキラキラさせるのは、どの年代でも同じです。

不思議なもので、たった24種類でも、まったく同じデザインになった人はたぶんいなかったと思うのです。

お子様たちも真剣。とくに女の子は、こだわりの玉選びに時間がかかります。

家族連れで参加してくださったかたも多く、3分の1くらいは小学生以下のお子様でした。

デザインボード

このデザインボードは店主お手製です。
この度は予想以上に申し込みがあったということもあって、前日の夜遅くまで板を削って用意しました。

これを機に100枚ほどの準備ができました。
昨年までの教室では、丸く並べるのが難しかったのですが、これなら完成イメージがわかりやすい好評です。
今年以降開催する教室では使っていきたいと思います。

ピザタイム

念珠が出来あがるころを見計らって、地元バルナヤさんが、大変美味しいピザをたくさん焼いてくれました。
これが、本当においしくて・・。写真? 撮ってる場合じゃありません。笑

まとめ

震災の傷跡とむかわ町の皆様の元気が対照的でした。
お寺を通じて、むかわ町の皆様と楽しい時間を共有できましたこと嬉しく思っています。

この先、大変な道のりであることは、だれもが想像していますが、少しでも復興に近づくよう念じるとともに、少しでも力になれる事があれば提供していきたいと思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (4)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ちょっとイイ暮らしのレシピ。9月14日 カイロプラクティック

「ちょっとイイ暮らしのレシピ。」とは、長岡念珠店主催のトークイベントです。

様々なジャンルのゲストスピーカー、店主長岡のトーク、そしてトークセッションを通じて、皆様と暮らしのアイディアをシェアしたいと思っています。
忙しい日々の生活や環境に振り回されることなく、自分らしいライフスタイルで豊かに生きるための材料を探していきます。

イベント概要

日時 2018年9月14日(金)19:00-20:30

場所 男女共同参画センタ-(札幌エルプラザ4階) 研修室4 [JRさっぽろ駅 北口]

参加費 500円

※当日の飛び込み参加も歓迎しますが、お席に限りがありますので、できるかぎり参加の意思をお知らせください。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

腕輪念珠作り 小樽銭函の光超寺婦人会様

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

住所でいうと小樽市になりますが、街の所在は札幌にほど近い「銭函(ぜにばこ)」というところがあります。

銭函

僕らは子どもの頃から聞き慣れた地名ですが、本州の方にとっては面白い地名かもしれませんね。かつてはニシン漁でとても栄えたのだとおもいます。

光超寺様は、その銭函にある浄土真宗本願寺派のお寺です。

最近、あちこちでやっている腕輪念珠教室の噂を聞き、ぜひうちの婦人会でも、ということで声をかけていただきました。

寒くて雨交じりの日だったのにもかかわらず、10数名のご婦人方にご参加いただきました。

婦人会では今年、役員さんの入れ替えがあったそうです。

念珠作りを機縁に

新会長さんにお話しを伺ったところ、以前はそれほど頻繁に集まる機会はなかったそうなのですが、今年は少し力を入れて行事を増やしていると言うことでした。

その、一環として、ぜひ念珠作りをということで声をかけてくれたそうで、ありがたい話です。

腕輪くらいでしたら、正味の制作時間はそんなにかからないのです。

しかし、やはり女子

どの玉を使おうか選ぶ時間が一番楽しく、そして一番時間がかかります。

「わたし、腕輪ならいらないよ」

とおっしゃっていた方も、作り始めるとそれなりに楽しんでいただいたようで安心しました。
身につけるものですので、腕時計やアクセサリーと同じで、付けたくないという場合もありますね。

玉を選ぶ時間では、とても盛り上がっていましたが、通し始めるとほとんどの方が終始無言。時々手が止まると、「穴が見えない・・」と苦笑が漏れます。

今日は、重たい雨雲が降りていました。細かい作業をやるには見づらかったかもしれませんね。
少なくとも、お寺の婦人会では、午前中にやるのが良いみたいです。

大きな失敗もなく、それぞれにオリジナル腕輪念珠が完成しました。

あれから10年

光超寺様では、今のとても立派な本堂庫裏に建て替えられて、落慶から約10年だそうです。
坊守様に、「落慶のときは、ご夫婦で演奏してくださって・・」ということを言われて、急に思い出しました。あっという間ですね。

今は玄関ホールに飾られている、特大サイズの書道パフォーマンス作品。
そういえばこれも、落慶法要の祝賀会で目の前で書いているのを見ていたのでした。

食い意地張って、写真を撮ることすら思いつきませんでしたが、講習会のあとは婦人会の皆様と一緒にぜんざいをいただきました。集中した後の甘い物はたまらんです。

あ、そうそう、立派なイチゴと一緒に。

「けんたろう」っていうんですって。大ぶりでとても美味です。
本州のブランドイチゴに勝った気がしました!

各お寺、婦人会というのは独特の結束力とアットホームな雰囲気で、お寺にとってはとても大事な存在であることは想像に難くありません。

皆さん朗らかで、僕も大変楽しい時間を過ごしました。
これからもご活躍を応援します。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ブレス念珠作り教室 無事終了しました

ブレス念珠作り教室が、おかげ様で無事終了しました。

前回は制作重視で目いっぱいの時間を使ったのですが、今回のブレス念珠は制作自体にさほど時間がかからないので、少々念珠についてのお話をさせていただきました。

会議風にプロジェクターをセッティング。

そもそも念珠とはどういうものか、パワーストーンとの違い、長岡念珠店が考える念珠の未来についてを早足にはなりましたが、10分ほどお話ししました。

皆さん神妙な表情で聞いていただき、早く作りたいと気持ちがはやる中、余計なお世話だったかしらと心配になりました。それでも、事後のアンケートではお話も良かったという評価をいただきホッとしています。(社交辞令もあるかもしれませんが・・苦笑)
仏教用語なんかは、読みずらいことが多いので、ルビを振るなどもうちょっと配慮があってもよさそうですね。まだまだ改良の余地はありそうです。

カラフルな天然石や、唐木の玉をたくさん用意しました。
天然と言っても、原石を削り出したままというのは現在はほとんど流通していませんので、念珠に使われるような玉はある程度の手が加えられて発色を良くしたり、色見を揃えたりしてある素材です。

なかには粗悪なものになると、後からインクを染み込ませて染色しているものもあり、腕輪にすると色落ちして肌や袖につくことがありますので、そういったものは含まれていません。ご自身で素材を求められる時にはご注意ください。

サンプルを試着したらそれぞれのサイズをきめて、必要な個数の玉を集めます。

じつは、この作業が、制作自体よりも時間がかかるところです。また、一番楽しいところでもあります。
それぞれの想いで、配列を考えたり、色を比べたりしながら選んでらっしゃいました。最初のお話でも少し触れましたが、この選び方自体は自分なりにどんな理由を付けても良いと思います。こんなところを入り口に、少しでも仏教やお寺に興味を持っていただき、身近に感じていただけるようになれば嬉しく思っています。

規則正しい配列を考えると自分のサイズを合わせるのが意外と難しいものです。
シリコンゴムを通す作業です。ちょっと知っていれば簡単な作業ですし、材料のゴムも高いものではないので、日常的に身に付けているかたは是非習得して自分で直せるようになるといいですね。

ワイワイと素材を選んでいた時とは一転して、集中モードにはいりました。笑

写経や瞑想などのように集中することでリラクゼーションを得るということは、脳科学の先生のお話でも聞いたことがあります。こうやって黙々と玉を通す作業も同じような効果があるのかなという気がしています。

「お友達を誘いたい」という声が多く、なかなか場所と時間のご都合を合わせていくのが難しいのですが、大変うれしいお申し出です。一度に、すべての方に合わせるのは難しいのですが、たくさんの方とご縁が結べるよう、今後も続けていきたいと思っています。

次回は是非と思っている方は、ブログやフェイスブック等、チェックしてくださいね。
グループで何人かあつまるのではあれば、出張開催も可能です。お気軽にご相談ください。

んー、次の教室は二輪念珠を作ろうかしら・・・

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (11)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ブレス念珠教室 4月2日開催

かねてからお知らせしておりました、ブレス念珠教室の開催日が迫ってまいりました。
お席はまだありますので、ギリギリの申し込みでも大丈夫です。
まだ迷っている方がいらっしゃったら、この機会にご参加ください。
お会いできるのを楽しみにしています!

こちらのお申込みフォームをご利用ください。
その他、メール、電話、その他フェイスブック等のSNSメッセージでも構いません。

平成29年4月2日(日)
参加費(材料費込み)2000円
→詳細はこちら

材料の仕分け準備なども少しずつ始めております。
出来るだけたくさんの種類から、お好みの素材を選んでいただきたいと思っています。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

好みの天然石で、ブレス念珠作りに挑戦!

『好みの天然石で、ブレス念珠作りに挑戦!』

気軽に身につけることができるブレスレットタイプの腕輪念珠を作っていただきます。
天然石等の材料もできる限りの種類を用意しますので、お好きな素材を選んで色もサイズも自分にぴったりのものを作りましょう。
自分で修理ができるようになりたい方も是非、ご参加ください。
制作とあわせて、少しの時間ですが念珠の豆知識講座もありますのでお付き合いください。

【日時】
平成29年4月2日(日)
1回目 13:30~14:45
2回目 15:15~16:30

【場所】
札幌市厚別区民センター 小会議室
地下鉄「新さっぽろ駅」出口②番
札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-14

【参加費】
2000円(税込)材料代を含む(お好きな天然石や木玉を選べます)

【制作品】
ブレスレットタイプの腕輪念珠(写真参照)

【定員】各20名、合計40名(申し込み多数の場合、先着順)

【申し込み】
材料を用意する都合がありますので、事前にお申し込みください。
SNSメッセージ、メール、電話等でかまいません。

長岡念珠店
Tel/Fax:011-389-6772
携帯:090-1305-4148
shop@nagaokanenju.com

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

カイヤナイトのブレス念珠

ホームページを見つけて頂いたのか、遠方よりご連絡いただき、ブレス念珠を製作しました。
青い石をご希望ということで、ブルークォーツの線でかんがえていましたが、ご検討いただいた結果、『カイヤナイト』ご指名で作りました。
腕輪念珠の登場以降、今やアクセサリーのブレスレットとの境目が市場ではほとんどないような状況ではありますが、当店の区別としては、ゴム紐の房が付いてるものを「腕輪念珠」、そうでないものを「ブレス念珠」としています。
もともと腕輪念珠自体が正式なものではないですし、珠をつなげたものというのは広く言えば仏教だけのものでもありません。
念珠か、パワーストーンか、アクセサリーかの最終的な区別は、持つ方の心意気に委ねられるかと思います。

主玉は8mmで、すべて8mmという選択もあったのですが、念珠風にしてほしいということでしたので、親玉と二天玉に相当する玉を入れています。

IMGP4729

サファイアにもよく似たこちらの石は、鉄とチタンが青色の元になっているということも同じで、色味によっては見間違えるほどです。繊維がはっきり確認できる石で、繊維方向にはわれやすいため多少注意が必要ですが、アスファルトで落とすなどしなければ、普通に使用して割れるようなことはないと思います。この繊維結晶が曲者で、加工しずらい材料でもあります。

流通しているものはブラジル産が多いと思いますが、タンザニアでも採れるそうです。

サファイアほどではありませんが、一般的な天然石と比べるとそれなりに高価な石です。しかし、値段以上に奥行き感と神秘的な青、なんとなく見入ってしまう繊維結晶は、とても魅力的です。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (4)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)

木玉のブレス念珠

本日、江別は猛吹雪で外出を控えております。
こんな日は無理せず外の用事は後回しにし、こもって仕立て作業をするに限ります。

IMG_5825

ただいま、木玉のブレス念珠を中心に作っています。
特に男性の方からのご要望が多く、最近ではパワーストーンブレス流行の影響もあり市場全体が天然石に偏りがちです。「腕輪念珠」という観点から言えばもちろん天然石である必要はなく、木玉も肌触り良く、軽くてつけやすい優秀な素材です。

また、使い込むほどに自分色に染まり、味がでるのも石にはない醍醐味です。冬は触って暖かいというのもいいですね。

昨年、大変ご好評だった生命樹の他にも、シャム柿、黒檀、紫檀、鉄刀木、ミックスにするのも面白いです。道具(親玉、二天玉)に見立てた天然石もポイントに入れています。

写真奥に移っている輪が大きいものは、捻って2重にして使えるサイズになっています。

IMG_5827

本連108の半分54個で程よいサイズにしてあります。

材料によっても値段が変わりますが、一輪タイプは1000円~、二輪タイプは3000円~ご用意しております。
ネットショップへの掲載は間に合わないと思いますので、気になった方は、直接お問い合わせください。

 

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (7)
  • 興味深い (5)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (0)

岩見沢市報恩寺様キッズサンガ

福島県の川俣町立川俣中学校サッカー部のメンバー18名と引率者3名計21名のみなさんが北海道岩見沢市立栗沢中学校サッカー部との夏休みリフレッシュ保養を兼ねたサッカー交流で来道しました。キヨマッププロジェクトと称した活動でNPO法人 みみをすますプロジェクトのコーディネートです。

8月2日は、岩見沢市報恩寺様にてキッズサンガとして縁日や流し素麺、盆踊りと夏らしいさまざまな催しがありました。両サッカー部ほか、たくさんの小中学生でにぎわいました。キッズサンガとは、キッズ(Kids)は「子どもたち」、サンガ(Sangha)は「仏教徒の集団」の意味があります。これをあわせた造語で「お寺に集う子どもたち」という意味で名付けられた活動です。
DCIM5000

DCIM4999
境内はたくさんの子どもたちで大混雑です。外だけではなく、本堂、廊下、広間、玄関と、お寺は大解放。そこら中を、元気に走り回っています。
これだけ大騒ぎしても、お内陣には上がらないのは、事前に注意されているのか、なんとなく悪い気がして近寄らないのかはわかりませんが、妙に感心してしまいました。
DCIM5001
僕が到着したころには、交代で鐘を撞いていました。大晦日のように、遠くからでも鐘の音がよく聞こえました。

長岡念珠店としては、その中で、腕輪念珠作り教室をやらせていただき、ふたを開ければ当初の予定を大幅に超えた100名以上の参加がありました。腕輪念珠作りは中学生の部を先にやりました。
DCIM5002

さすが思春期。話を聞いているのか聞いていないのかわからない雰囲気でしたが、作り始めると意外と真剣に、みんな黙々と玉を通します。
UHBで取材に来ていました。後ろ姿は、とってもお美しい丹野麻衣子アナウンサー。
近々、夕方のスーパーニュースuで放送されるそうですので、放送日がわかりましたら、このブログでも改めてお知らせしたいと思います。
DCIM5004

騒然とした会場が落ち着かないうちに、「次、小学生入れていいですか!?」の声。
いまさら、もうちょっと待ってくださいともいえない雰囲気で、なだれ込むように中学生と入れ替わります。
DCIM5006

 

少人数講座と違って、   行き届かないことが多かったと思いますが、皆さん楽しんでいただけたようです。
なんだかんだ言っていた、中学生たちも出来上がった腕輪念珠を、みんな左腕につけて盆踊りを楽しんでいました。

お盆参り真っ盛りでお忙しい中、きっと住職様をはじめ関係者の皆さんは長い準備期間と、プロジェクト期間中の数日間、しかも連日の猛暑、それはそれは大変なご苦労であったことお察しします。しかし、子どもたちがこんなにたくさんお寺を楽しんでいる光景は他で見たことがなく、こんなに盛り上がる盆踊りも、30年も前の時代、自分が子どものころに見て以来のような、とても懐かしい気持ちになりました。きっと心のどこかで「お寺、楽しかったなぁ」という思いが残り続けていくと思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

江別市眞願寺様 キッズサンガ”子どもの集い”

今日は、いつもお世話になっており、ご近所でもある眞願寺様に家族でお邪魔しました。
キッズサンガ”子どもの集い”のなかで、腕輪念珠教室をやらせていただきました。

僕は、お寺やその他ボランティアリーダーとしても、全道各地かなり田舎の方まで、各地のチビッコたちとご一緒させていただいた経験がありますが、江別のように比較的街場の子たちは、「うぇ~~い!!」というテンションにはなかなかなってくれず、ヒソヒソ、コソコソと話しながら、一生懸命作ってくれます。
順調に作業が進む安心感はありますが、楽しんでくれているか若干の不安はあります。
でも、きっと日ごろの生活の雰囲気から、爆発的に外に表現するタイプじゃないというだけで、各々に楽しんでくれているようでした。
面白いことに、大人になると逆なんですよね。田舎に行くほど反応が薄く不安になりますが、イベントごとに慣れていないため、表に出すのが恥ずかしいだけで、内心はとても楽しんでいるんですよというお話も聞いたことがあります。

IMGP3477

親玉、二天玉の基本形はおさえつつ、主玉には、思い思いに好きな色を集めてもらいました。
一色で統一、2色交互、やはり女の子はデザインにもこだわりを感じますね。

IMGP3485

男の子はほとんどの子が、直感で選んだ玉を無秩序に通していきます。
輪になってみると、それもまた、意外とかっこいいものができます。
たとえて言うなら「1/Fゆらぎ」のような、暖かさがあるんです。
1時間ほどで、みなさん無事にマイ腕輪念珠が完成しました。
出来上がった腕輪念珠を持って、さっそく本堂にてお参りです。

お寺で用意してくださったおいしいお弁当を食べて、午後からは江別ジュニアオーケストラの皆さんによる演奏です。

IMGP3494

酪農学園大学の室内楽のみなさんがサポートに来てくれました。
江別密着でとてもいいですね。
体験コーナーではみんなに楽器を触らせてくれました。お寺の子たちを差し置いて、うちの長男が真っ先に出ていきます。
大概の弦楽器はある我が家ですので、「うちでヤレ」と言ってみたものの、「だって、うちに小さいのはないもん」といいます。
たしかに、今日触らせてもらったのは分数バイオリンで、僕が弾くのは当然大人用のフルサイズしかありません。

ジュニアオーケストラかっこよかったですよ。
とくに最前列は、初めて数か月という本当にジュニア。すごい、すごい!
次のお客様の予定に間に合わず、最後まで聞けなかったのが残念でした。

ちなみにうちの子供たちは、お寺でご一緒させてもらった腕輪念珠作りがとても楽しかったらしく、夜は我が家で延長戦となりました。
子どもたちにとっては、普段見ている念珠作りは「親の仕事」であって、楽しいものではないですからね。

IMGP3496

パワースポットなんて言い方がはやっていますが、形のないパワーを探し求める場所ではなく、地域のコミュニティーとして本当に力を発揮できるのがお寺の存在価値なんだなと改めて感じます。
「お寺、楽しかったな~」と、子どもたちの心に少しでも残ってくれたら何よりですね。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)