ワークショップ

ストラップ作りワークショップ終了

かねてからお知らせしておりました、ストラップ作りのワークショップが、おかげさまをもって無事、終了しました。

人が集まらない!!

日頃から各SNSなどでチェックしてくださっている方は、一部始終ご覧になっていたかもしれません。

実は数日前になっても申し込みがゼロということで、けっこう焦りました。

3日前になってから、各SNSで有縁のみなさまに泣きつきましたところ、有り難いことに数名の方より参加の意思をご連絡くださいました。

会場は、人気があってけっこう予約が難しい部屋なのですが、なぜかこの日だけ空いていたのです。
よく考えたら、札幌は「よさこいソーラン祭り」の期間中で、ススキノ会場が一番盛り上がってる夜だったんですね。

「行きたいけどスケジュールが・・」というご連絡も何人もいただいておりました。
みなさん、なにかと予定が重なってご都合が合わなかったようです。

ワークショップ開始

珠子さん

まずは人形型の通称、珠子(たまこ)さんの方から作り始めました。

頭の部分は、直径12mmほどの大玉を使っていますが、せっかくきていただいた方に、予定よりも少々高価な天然石もご用意しました。

皆さん順調に作り進めますが、胴体の部分の平編みにはちょっと苦戦したみたいですね。
左右交互に8段編むと、ちょうどわかった頃には次の工程です。

手足となる小さい玉、僕らの業界では、尺玉、尺二玉と呼ばれている玉です。
これらを付けて完成になります。

アミ紐ストラップ

休む間もなく後半戦は、アミ紐房を応用したかたちのストラップの制作です。

ストラップコードを通すところまでは順調でしたが、紐を編み込むところになると、ここでも皆さん苦戦していました。

あまりに簡単に出来上がって物足りないようだったらどうしようかと思ったのですが、ほどよく格闘していただいて、思ったより早く時間が過ぎていきました。

余裕があれば最後に釈迦結びにも挑戦していただこうと思ったのですが、時間ギリギリとなりましたので、ツユ結びで締めて完成ということにしました。

 

まとめ

雑感

欲張って二つも作ってみたのですが、一つずつでも良かったかもしれません。
それでも「両方ともつくれるなんて!」と喜んでいただけたので、まあ、良かったのかな。

「念珠玉で遊ぼう」というタイトルで、「罰当たりな!」って誰か突っ込んでくれないかと思っていたのですが、意外とそういう意見は出ませんでした。

念珠を身近なものに

念珠ってもっと身近なものであって欲しいと思いますし、変に神格化して、一部の仏教マニアだけのアイテムというふうにも思われたくありません。

実際にQ&Aサイトなどで念珠についての意見をみると、「宗教にはまっている人は持っているけど、普通は要らないです」なんていうことが書いてあるのですから、若い世代ではそういう感覚になりつつあるということです。

少人数だったからこそ、和気藹々とした雰囲気で、自然と雑談もお寺や念珠の話になります。
念珠玉遊びを縁にこういう時間はとても有意義だなと思っております。

またの機会も

今回はお日柄も悪かったのか、イベント自体はとてもささやかなものでしたが、本州からも「近かったらぜひ参加したいのに」という声も多く頂きましたし、参加した皆さんが楽しんでくれている様子を見ていると、手応えは感じたしだいです。

今後も、体制を改善しながら、開催していきたいと思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (18)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

念珠の玉で遊ぼう!6月8日(金)

みなさまに少しでも念珠に親しんでいただきたいと思い、念珠の玉を使った小物作りのワークショップを開催します。

今回、キットをご用意するのは、念珠のアミ紐房の要領でつくるストラップと、数珠玉でつくった人形型のストラップです。

比較的短時間で作れると思いますので、今回は豪華2本立てで、両方にチャレンジしていただきたいと思います。

仕事帰りに、ちょっと寄っていきませんか?

イベント概要

日時 2018年6月8日(金)19:00-20:30

場所 男女共同参画センタ-(札幌エルプラザ4階) 研修室4 [JRさっぽろ駅 北口]

参加費(材料費込み) 2000円
出来上がった作品は、もちろんお持ち帰りになれます!

定員 24名

材料の用意が必要ですので、事前申し込みをお願いします。
メール、SNS等、方法は問いません。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (6)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

念珠を作れるようになりたいあなたへ

念珠屋をやっていると、念珠の作り方を教えてほしいという方が、一定のペースでいらっしゃいます。

多方面から声をかけていただき、念珠の作り方教室は過去にもたくさんやらせていただいております。今までは、お寺の婦人会や子ども会、学校やサークル等からの依頼を受けての開催が多かったのですが、今後は、どなたでも参加できる環境で開くことを検討しています。

僕の個人的な考えではありますが、特別な職人芸と違い、念珠の仕立てというのは、やり方さえわかればどなたでもできるものだと思っています。しかし、閉鎖的な業界の雰囲気もあり、その技術は広く伝えられることなく、ブランディングどころか、仏具業界、敷いては仏教会全体が衰退する中、こと念珠業界に限っても、わが首を絞めるよな状況になっているように見えます。

今まで念珠屋を続けてきて、お金では決して得ることのできないノウハウを積み上げてきました。今なお完成することはなく、研究、改良を重ねている部分はたくさんあります。ある時、このノウハウを保存するということ考え始めました。単に文章や図解、もしくは写真や動画等デジタルメディアを使って残す方法もあります。たしかに、それで記録できる部分もありますが、新たに念珠を作るたび、直すたびにそれでは上手くいかないイレギュラーな事態に出くわします。しかも模範解答は時代とともに変化します。洋服の仕立てを想像していただくとわかりやすいでしょうか。流行のデザインは言うまでもなく、伝統的なスタイルであっても時代と共に正解は微妙に変化していきます。

長らく、「正しい念珠」を模索してきましたが、それこそ仏教がいうところの執着であって、正誤を測る物差しを持つこと自体がつまらないことだと気づき始めました。

意外に思う方も多いかもしれませんが、念珠の仕立て方や材料も「正しい念珠」、「普通の念珠」の定義も、時代とともに移り変わっています。ですから、「これが正式」と細かい設定をするのは、非常に偏った見解だと思うのです。そういう生き物のような念珠のノウハウを残すには「保存」ではなく、「遺伝」させるしかないように思うのです。

そんなことから、多くの方と積み重ねたノウハウを共有し、念珠に親しんでくれる方が増えないものかと考え始めたわけです。そういう理由から行く末は、ある程度本格的な技術継承できるような内容にしたいとは思っています。もちろん楽しんで続けられることは大前提ですが。

まずは、札幌での開催を目指しています。1回で作り切りの体験型もいいでしょうし、じっくり回を重ねていく継続型でもいいでしょうし、会場や開催日時、告知方法などを練っているところです。

もし、この記事をご覧になって、参加してみたいという方がいらっしゃたらご連絡いただけると嬉しいです。より、集まりやすい方法を相談させていただいたり、場合によっては企画段階からご協力を請うかもしれません。
どうぞ、些細なことでも遠慮なくご連絡ください。皆様とお会いできること楽しみにしています。

長岡念珠店 お問い合わせ先メール
shop@nagaokanenju.com

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (12)
  • 興味深い (9)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (3)

着物マダムに囲まれて

週末は道北の豊富温泉まで出張に行ってまいりました。

今年リニューアルして話題になっている、川島旅館様からのご依頼で、竹内礼法きもの学院御一行様の宿泊アクティビティとして念珠作りのワークショップのご依頼を受けました。着物姿で、大人の修学旅行ということだそうです。
念珠つくりの会場は、隣町幌延町の法昌寺様の本堂をお借りしました。

参加者全員が着物姿の女性ということで、大変華やかな雰囲気となりました。
さすが、着物のみなさま手芸関係は得意な方が多いということで、一般的なワークショップではほとんどやることはない軸編みを含む難しい房付けに挑戦していただきました。

通常、念珠屋がやるような四ツ編みでは時間内に完成しない可能性もあるため、急きょ、改良型の組みひも台を制作しました。これなら順番さえあっていれば、複雑な指運びができなくても軸を編むことができます。

最後は房をつけて完成です。

その日は、皆様と一緒に宿に泊めていただき、夕食、朝食とご一緒させていただきました。
皆さんとっても仲がいいこと。過去には着物で伊勢や京都にも旅行をしているそうで、本当に修学旅行のようでした。おしゃべりが楽しくて、朝方返事が返ってこなくなるまでお話してたんだとか。
僕も、皆様方のお話が良い刺激となり、また新しいアイディアも浮かびました。

後で話を聞くと、「念珠つくり」と聞いて初めはあまり印象はよくなかったみたいですが、実際に体験していただいた後は、とても楽しかったということを聞いて安心しました。こうしてまたご縁が広まったことをうれしく思います。

泊めていただいた川島旅館様も大変素敵な宿で、豊富温泉の独特な泉質も温泉通の中では有名な話。
北海道、日本最北の地を目指す旅行の方にはぜひおすすめしたいと思います。

川島旅館ホームページ

トップページ

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

息子が念珠作りに挑戦

職業柄、身内の仏事以外でも、お付き合いのお寺へ家族でお寺参りということは珍しくありません。3人の子ども達には、それぞれ子供用に小さく作った単念珠を持たせていたのですが、現在、小学2年生の長男が少しきつくなってきたということでした。たしかに、そろそろ大人用を持ってもいい手の大きさに、いつのまにか成長していたのでした。

自分で作ってみたいというので、材料選びからすべての工程を自分で挑戦してもらいました。

せっかく念珠屋の息子である特権ということで、高級材も含めて好きなものを選び放題。普段のジャージやスニーカーでも好んで黒×金という組み合わせを選ぶ長男の目に留まったのは、ゴールデンオブシディアンという天然石です。黒曜石の一種で、全体は黒なのですが、光の角度によっては金色のシラーと呼ばれる輝きが見えます。金の黒曜石ということで、金曜石と表記していることもあります。しかも、男性用としてもやや大振りの20玉仕立て。一般の人ではなかなか手が出ない高級品ですが、大事に使ってもらうことにしましょう。

もちろん紐の色選びも自分でやってもらいます。メジャーを使って長さを図り切り、紐の下処理をして通していきます。
一度作ったことのある方ならわかると思いますが、T字の穴が空いている親玉通すのはなかなか苦労します。15分程経過しても通せないので、3秒で通す職人芸をひけらかして、また抜いてしまいます。今回は最初から最後まですべて自分で作るのが目標です。

20分以上格闘して、なんとか先へ進むことができました。玉の配列を確認しながら残りの玉を通していきます。

ren

紐の処理から玉を通すまで約30分。
紐房の単念珠ですので、ここから飾り編みをしていきます。

縛り方や編み方は一度教えると、手を貸さなくても一人で淡々と進めていました。
編み上りは、つゆ結びをします。ワークショップを開くと、ここで結構苦労する人も多いのですが、意外とすんなり。

最後にがっちり締め上げて、余ったひもを切りそろえて完成です。

IMG_3885

正直、驚きました。普段見ていないようで見てるのか。おおよその手順も把握してるし、編み上りもきれいです。最初から最後まで、全工程で手を貸さずに作りました。
ま、うちの商品としては出せませんが、自分で使うには市販品と遜色ないくらいの見栄えにはよくできました。

結局、1時間くらいかかったでしょうか。上手く通せないだの、手が痛いだの、大騒ぎしながらでしたが、最終的には立派に仕上がって本人も大満足です。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (27)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (1)

「腕輪念珠作り教室」in 由仁町本覚寺様

2月7日は、由仁町本覚寺様にて、婦人会報恩講が厳修されました。

その中で、午前中のお勤めのあと、お昼のお斎までの間の時間で、手作り腕輪念珠の教室を開かせていただきました。
30名弱の大変多くの方に、ご参加いただき嬉しい限りです。

IMG_5952

水晶やメノウに、少し珍しい天然石も混ぜて、キットをご用意しました。
その中からそれぞれ好きな材料を選んでいただきました。
女性を中心にした会では、ここに一番かかるのは恒例となっております。

腕輪念珠は、一般的に細い色ゴムの房を通して仕立てますが、短期間で伸びてしまうため、当店は独自の方法を開発しております。これによって、外見は昔ながらの腕輪念珠と全く変わらないようでありながら、切れずらい、伸びずらい、切れかけても全壊する前に気づきやすいという利便性に優れた腕輪念珠です。
少々、作り方は難しいのですが、今回はこれに挑戦していただきました。

そして、いよいよ製作が始まりました。
さっそくのピンチで、10~15分程度を予定していた工程で、40分ほどかかってしまいました。
こんな時、講師としてはまだまだ未熟さを感じてしまいます。

ヘルプ待ちで長蛇の列という状態で、製作中の写真など獲る余裕はなく、一枚もありません。

大幅に予定を押し、お昼以降の予定を繰り下げて頂き、何とか全員完成しました。

IMG_5953

 

みなさん、マイ腕輪念珠をつけて記念撮影です。
バタバタとしてしまいましたが、最終的には楽しんでいただけたようで何よりです。

腕輪念珠はアクセサリーではありませんが、普段つける習慣がないと、ちょっと気恥ずかしいということもあるようです。
こうして婦人会などで皆さんで腕輪念珠に親しめるようになると、これからの法要の時や普段から使いやすくなり、より仏法を身近に感じて頂けるご縁となれば、大変有意義なことだなあと思っております。

「私たちもぜひやってみたい!」という団体の方は、お気軽にご相談ください。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

江別イオンのカルチャースクール終了のお知らせ

長らくやらせていただいていた、江別イオンのカルチャースクールですが、今月をもって閉講とさせていただくことになりました。
最近になって入会していただいた方、開講時よりずっと続けてくださっている方もいて、苦渋の決断ではありますが、スケジュール調整が難しくなってきたことが一番の理由です。講師というのは、自分がするまではその場限り人前で話ができればできると思っていたのですが、いざやってみると、その準備にかかる手間といったら大変なものがあります。「習う」ということが商品なのですから、受講生さんが分かるように、楽しめるように、説明や企画を考えたり、材料の手配や部材のキットを用意する必要があり、費やす時間は想像以上です。
その時間も含めて、十分な対応をしようと思うと、体一つでは厳しい状況になってきましたので、定期講座に関しては、一区切りさせていただく運びとなりました。

教えるということを通じて、逆にとても勉強になった点もたくさんあります。
念珠を作る際の糸の長さや切り方、編み方など自分用の作業データとしては、あいまいに済ませていたことも、教えなければいけないということで規格化すると、とても作業効率が効率よくなったという点もあります。

ただ、これでもうやらないというわけではなく、今後は1回で作りきりの単発講座を不定期で開催する方向で見当しています。
念珠を作るという内容の性格上、その方が向いているとも思います。
個人で受講してみたいと思っていた方は、今後、そういった機会にご期待ください。
団体での活動をされている方は、今まで通り、念珠やお香のワークショップに関する企画のご相談は承ります。

江別イオンの定期講座は明日(9月30日)が最後の講座になります。
内容が特殊なだけに人数こそ少ない講座でしたが、みなさん熱心で、とてもアットホームな教室でした。
少々寂しさはありますが、卒業式のような晴れやかな気持ちで、楽しんできたいと思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

念珠ワークショップのパッケージ化

開業以来、コンスタントに人気のあるのが、実は念珠づくりの「ワークショップ」です。
ちょうど本日もお問い合わせがあって、こんなことを考えました。

ワークショップといっても幅広く、15分程度でできるブレス念珠から、キットからの仕立て、半日がかりの本格仕立て、それも男性用、女性用、宗派などを組み合わせると、過去に実施したワークショップでも2つと同じことがなかったと言えるくらいに細分化されます。
さらに、念珠のうんちくを少しお話させていただいたり、水晶玉の鑑定方法など予備知識的な講座内容まで考慮すると、さらにパターンは無数に増えます。

というわけで早い話が、どんな対象者、どんな時間、どんな場所でもかなりの守備範囲で、状況に合わせて講習内容をカスタマイズできますということなんですけど、実はそれってすごく頼みづらいことなんじゃないかと、最近改めて思いました。
イベントの内容というのは制約の強いものから優先して決定されていくので、「いつでもいいよ、どんなでもいいよ」とお互いに譲りあうと、逆になかなか話が進まなかったり、今度、そのうち、と先延ばしになって実現しないという経験はないでしょうか。

そこで。

講習内容をある程度パッケージ化し、それにかかる費用、時間、会場や道具等の必要な準備を数パターン作ってまとめておくと、お客様側は、事前に日時や内容を検討し、「このコースでお願いします」と頼みやすくなる気がしました。数年前にも一度整理したことはあるんですが、その後、結局リクエストがその都度細分化して、有耶無耶になっていまいました。しかし、実績も出来て、求められている内容が少しずつ見えてきたということもありますので、ここで改めて整理して近日発表したいと思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)