婦人会

腕輪念珠作り 小樽銭函の光超寺婦人会様

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

住所でいうと小樽市になりますが、街の所在は札幌にほど近い「銭函(ぜにばこ)」というところがあります。

銭函

僕らは子どもの頃から聞き慣れた地名ですが、本州の方にとっては面白い地名かもしれませんね。かつてはニシン漁でとても栄えたのだとおもいます。

光超寺様は、その銭函にある浄土真宗本願寺派のお寺です。

最近、あちこちでやっている腕輪念珠教室の噂を聞き、ぜひうちの婦人会でも、ということで声をかけていただきました。

寒くて雨交じりの日だったのにもかかわらず、10数名のご婦人方にご参加いただきました。

婦人会では今年、役員さんの入れ替えがあったそうです。

念珠作りを機縁に

新会長さんにお話しを伺ったところ、以前はそれほど頻繁に集まる機会はなかったそうなのですが、今年は少し力を入れて行事を増やしていると言うことでした。

その、一環として、ぜひ念珠作りをということで声をかけてくれたそうで、ありがたい話です。

腕輪くらいでしたら、正味の制作時間はそんなにかからないのです。

しかし、やはり女子

どの玉を使おうか選ぶ時間が一番楽しく、そして一番時間がかかります。

「わたし、腕輪ならいらないよ」

とおっしゃっていた方も、作り始めるとそれなりに楽しんでいただいたようで安心しました。
身につけるものですので、腕時計やアクセサリーと同じで、付けたくないという場合もありますね。

玉を選ぶ時間では、とても盛り上がっていましたが、通し始めるとほとんどの方が終始無言。時々手が止まると、「穴が見えない・・」と苦笑が漏れます。

今日は、重たい雨雲が降りていました。細かい作業をやるには見づらかったかもしれませんね。
少なくとも、お寺の婦人会では、午前中にやるのが良いみたいです。

大きな失敗もなく、それぞれにオリジナル腕輪念珠が完成しました。

あれから10年

光超寺様では、今のとても立派な本堂庫裏に建て替えられて、落慶から約10年だそうです。
坊守様に、「落慶のときは、ご夫婦で演奏してくださって・・」ということを言われて、急に思い出しました。あっという間ですね。

今は玄関ホールに飾られている、特大サイズの書道パフォーマンス作品。
そういえばこれも、落慶法要の祝賀会で目の前で書いているのを見ていたのでした。

食い意地張って、写真を撮ることすら思いつきませんでしたが、講習会のあとは婦人会の皆様と一緒にぜんざいをいただきました。集中した後の甘い物はたまらんです。

あ、そうそう、立派なイチゴと一緒に。

「けんたろう」っていうんですって。大ぶりでとても美味です。
本州のブランドイチゴに勝った気がしました!

各お寺、婦人会というのは独特の結束力とアットホームな雰囲気で、お寺にとってはとても大事な存在であることは想像に難くありません。

皆さん朗らかで、僕も大変楽しい時間を過ごしました。
これからもご活躍を応援します。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

「腕輪念珠作り教室」in 由仁町本覚寺様

2月7日は、由仁町本覚寺様にて、婦人会報恩講が厳修されました。

その中で、午前中のお勤めのあと、お昼のお斎までの間の時間で、手作り腕輪念珠の教室を開かせていただきました。
30名弱の大変多くの方に、ご参加いただき嬉しい限りです。

IMG_5952

水晶やメノウに、少し珍しい天然石も混ぜて、キットをご用意しました。
その中からそれぞれ好きな材料を選んでいただきました。
女性を中心にした会では、ここに一番かかるのは恒例となっております。

腕輪念珠は、一般的に細い色ゴムの房を通して仕立てますが、短期間で伸びてしまうため、当店は独自の方法を開発しております。これによって、外見は昔ながらの腕輪念珠と全く変わらないようでありながら、切れずらい、伸びずらい、切れかけても全壊する前に気づきやすいという利便性に優れた腕輪念珠です。
少々、作り方は難しいのですが、今回はこれに挑戦していただきました。

そして、いよいよ製作が始まりました。
さっそくのピンチで、10~15分程度を予定していた工程で、40分ほどかかってしまいました。
こんな時、講師としてはまだまだ未熟さを感じてしまいます。

ヘルプ待ちで長蛇の列という状態で、製作中の写真など獲る余裕はなく、一枚もありません。

大幅に予定を押し、お昼以降の予定を繰り下げて頂き、何とか全員完成しました。

IMG_5953

 

みなさん、マイ腕輪念珠をつけて記念撮影です。
バタバタとしてしまいましたが、最終的には楽しんでいただけたようで何よりです。

腕輪念珠はアクセサリーではありませんが、普段つける習慣がないと、ちょっと気恥ずかしいということもあるようです。
こうして婦人会などで皆さんで腕輪念珠に親しめるようになると、これからの法要の時や普段から使いやすくなり、より仏法を身近に感じて頂けるご縁となれば、大変有意義なことだなあと思っております。

「私たちもぜひやってみたい!」という団体の方は、お気軽にご相談ください。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)