店主

私が念珠屋になるまで・・改め その7(最終回)

昨年末から歳をまたいで書き続けたこのシリーズも、今回で最終回にしようと思います。

その1から通算すると、たぶん原稿用紙60枚くらいになりますね。
書いた方もどうかと思いますが、全部読んだあなたもどうかしています。笑

ありがとうございました。

前回の話で社会人として最悪のところまできました。
そして、タイトル通り、念珠屋にはなりました。

最後にお話ししたいのは、タイトルにも添えた「・・・改め」の部分です。

これまでの話を読みたい方は、こちらをどうぞ。

その1(学生時代)
その2(プログラマー)
その3(介護の仕事と営業職さがし)
その4(仏具屋との縁あって)
その5(粉本主義と営業職に違和感)
その6(会社を辞めてはじめた小さな念珠店)

絶対に潰れない商売

たった1年で6割の企業が消える

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (16)
  • 興味深い (5)
  • 考えさせられる (8)
  • なるほど! (2)

私が念珠屋になるまで・・改め その6

この、自分史徒然も「その6」となりました。
なるべく話を膨らまさないように、念珠屋になるまでに直接影響した部分のみを書くようにしていますが、振り返ると、こんなにも様々なことがご縁となっていたことに改めて気付きます。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (8)
  • 興味深い (11)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (1)

私が念珠屋になるまで・・改め その5

近頃、人に会う度に「ブログ読んでますよ!あの続きは?」と言われることが多く、とても有り難いことです。

マーケティング的なブログのセオリーからすると、有名人でもない限り貴方自身のことを書いても誰も興味ないというのが教科書的なブログ運営です。

しかし、あえてやってみると、意外な反響があり嬉しい限りです。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (13)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (0)

私が念珠屋になるまで・・改め その4

どうしようもない学生時代を経て、転職を繰り返す20代も終盤にさしかかったころ、「営業職」を探し始め、偶然みつけたのが仏具の営業でした。

札幌時計台からほど近いビル、雪深い季節でした。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (13)
  • 興味深い (11)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)

私が念珠屋になるまで・・改め その3

僕がどうやって念珠屋になったのか、その経緯を徒然書いています。

なんとなく過ごした高校時代。
一人暮らしの自由さに、気ままに遊びまくった大学時代。
そして、就職するも、社会の厳しさに心折れた20代。

遡ってお読みになりたい方は、その1その2もご覧ください。

この記事では、いよいよ仏教との出遇いに近づきます。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (7)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (0)

私が念珠屋になるまで・・改め その2

僕がどうやって念珠屋になったのか、その経緯を徒然書いています。
2回目になるこの記事では、社会人になった20代半ばくらいまでの話です。

学生時代のエピソードを読みたいというもの好きな方は、こちらもご覧ください。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (11)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (0)

私が念珠屋になるまで・・改め その1

改めてご縁を振り返ってみよう

以前は、「まさかオマエが念珠屋になるなんてね」と言われていた時代がありました。
5,6年前は「どういう経緯で念珠屋になったんですか?」と聞かれることが多かったです。

最近では、すっかり念珠屋のイメージが定着したのか、とくに疑問に思われることもありません。

急に自分自身を振り返ってみたくなりました。

もちろん、ここに書いたとがご縁の全てではありませんが、今の自分に少なからず影響を与えたなと思えることを長々と綴ってみようと思います。

ご興味がある方は、以下お読みください。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (16)
  • 興味深い (4)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (1)