本物

木の玉、石の玉

念珠の玉には、様々な素材があります。

代表的なものを大きくわけて、「木の玉」と「石の玉」がありますね。

その他、琥珀、珊瑚、貝、骨など、稀少で珍しいものや高級なものもありますが、割合でいうと少ないので、ここでは木と石についてお話しします。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (1)

その数珠の玉って、本物ですか?

本物の素材とは

偽物を掴まされる心配

念珠をお求めの際に、皆さんが心配になることだと思います。

念珠売り場ではたくさんの天然石、木材、珍しい木の実などがならび、宝石の世界でも昔からある話ですが、はたして、本物だろうか?という心配です。

ご年配のおじさんが良くいう台詞ですが「安物はダメだ」というのがあります。つまり、ある程度の値段をのものを買った方が、失敗が少ないと言う意味だと思います。

これは、半分正解ですが、もう半分は危険もはらんでいて、その心理を利用して、粗悪品や偽物でも、高くすると逆に売りやすいという心無い商売をしている輩もいるのは確かです。

「本物」の定義

「おたくの念珠の玉は本物だろうね?」ということも、たまに聞かれますが、これは実に難しい質問です。

なぜなら、今や「本物」の定義が実に曖昧になっているからです。

たとえば昔は、本物の水晶、そしてそれの模造品として、たとえば質の悪いガラス玉、もっと安価な物になると、透明のプラスチック。

ですから、「本物」といえば、いちばん高価で見た目も美しい水晶かどうかということが問われたわけです。

本物より上等な偽物、人工的に作られた本物

近年の場合。

同じく水晶を例に挙げると、天然の本水晶(上等なもの~ランクの低いもの)、結晶を人工精製された本物の水晶、溶錬水晶(という名の綺麗なガラス)、上ハリ(という名の綺麗なガラス)、普通のガラス玉等いろいろ有るわけです。

人工精製された本物の水晶となると、言うなれば養殖みたいなもので、鑑定しても水晶です。天然と養殖の鯛みたいなもので、養殖が偽物というわけでもありません。

何も知らずに溶錬水晶と聞いて「水晶ですよ!」と販売している業者も多く、それは論外だとは思います。 いずれにしてもガラスは偽物の水晶だろう?と聞かれたら、その通りです。しかし、ブラジル産になると、天然水晶だからと言ってもランクの低いものはガラスよりも安いというのが現実で、見た目にも、上質なガラスの方が見栄えがいいということもあります。

ですから、水晶だと騙されたならガラスは偽物ですが、ガラスの念珠を買うという理解の上なら、悪い選択じゃない場合もあります。実は、僧侶向けの装束念珠では、「上ハリ」の名前で、水晶のものよりも、質の良いガラス念珠の方がたくさん流通しています。

ただ、実用的にはとことん使い込んでも美しさを保つのはやはり水晶で、ガラスは硬度低い分、細かい傷で曇ってきます。

天然石

見た目を変えたり整えたり

エハンスメント、トリートメントなどの専門用語がありますが、要するに色味を揃えたり、発色を良くより美しく見せるような処理をすることです。

素材は正真正銘本物でも、原石を掘って削っただけというものはほぼなく、何かしらの処理がされている事がほとんどです。

これによって、自然界では極めて稀少な(または存在しない)ものが、人工的に加熱したり、放射線を照射して作れてしまうのです。

どこまでが本物かというのは、宝石屋さんの言い分があるかと思いますが、ここでは割愛します。当店では、必要に応じて「手が加えられています」という説明はしています。

照射処理ブルークォーツ。
カットや擦り加工など表面も凝ったデザイン。

染色

加熱や放射線だけでなく染料で元の石の色を変えてしまっているものもあります。

たとえば最近は、「○○ジェード」と呼ばれるカラフルな石が沢山出回っておりますが、もちろんジェード(翡翠)の一種ではなく、クォーツァイトであることが多いです。クォーツァイトとは水晶が砂状になって再結合したもので、染料が綺麗に入るので処理しやすいのだそうです。

中には、本当に品質が悪く、ただ単にインクに漬けたようなもの玉もあり、こうなると、手の汗でインクが滲んできたりと、酷いことになります。当然ですが、ここまで来ると当店の商品には使っていません。

メノウの仲間も、結晶構造上、染色しやすいので、色のバリエーションが多いです。

染色については、他の処理同様、どこまでが本物かと定義するのは難しいです。これも、製造工程がしっかりしていて、実用的な耐久性を備えているもので有れば、問題無いかと思います。

木玉

黒檀、紫檀、鉄刀木(タガヤサン)等の一般的な唐木(からき)と呼ばれているものをはじめ、生命樹、その他国産の木などいろいろあります。

これらも、完全なる素挽き(削りっぱなしで完成)というのは、手間も材料コストもかかる上、色味を揃えるのが難しかったり、ある程度予算的な妥協があれば見栄えがしないので、かなりマニア好みの選択になります。ですから、ある程度の上塗りがされていることの方が普通です。

木材は手の脂を吸いますので、よく触るほどに色が濃く、つやが出てきます。しかし、それと同時に上塗りの仕上げ剤が落ちてきますので、種類によってはいったん色が明るくなるものもあります。

その変化も、「味」として楽しめる方もいれば「劣化」に感じてしまう方もいます。「色が剥げたので、偽物だったのかしら?」ということもたまに聞かれますが、手の脂が少ないご年配の方が、頻繁に使い倒せば、手の脂を吸い込むよりも、上塗りが落ちる方が気になるということは十分にありえます。

一般に唐木は、建材の世界では高級品ですが、念珠になるとちいさな端材も使えるほか、木材の質を上塗りなどの加工技術でカバー出来る部分もあり、ずいぶん安く流通しています。定番になるほど、大量生産されているため、価格崩壊していると言うこともあると思います。

「本物の黒檀がこんなに安いわけないだろ?」と言われたこともありますが、それらのような様々な理由で、念珠の場合、それほど高くはなりません。

木の実

代表的なところで、菩提樹の実というのが、あります。
お経の中では「菩提子」と書かれています。

「本物の菩提樹」となると、これまた難しい質問で、過去の記事にもしていますので、ご興味があればご覧ください。

○○菩提樹と呼ばれる素材はたくさんあり、それぞれまったく別な植物になります。

また、原実のまま、丸く加工したもの、色を漂白したものなどいろいろ有りまして、これも、なるべく手を加えない方が好きという方がいますし、高度に加工されたものは本物ではないということもありません。

その他、琥珀やサンゴなどになると、もっと面倒な事情が絡んできますが、これも気になる方は、過去の記事を検索してみてください。

まとめ

本物かどうか?というのは、今はとても難しい質問です。

考えていきたいこと

ひとつは、公称通りの素材かということ。

表示と違うなんて、そんなこと許されるの?と思われるかもしれませんが、念珠の世界では未だにありますし、そもそも騙す気がなくても、通称名がすでに誤解を招く表現になっている場合も多いです。

そこに関しては、できる限りの情報(鉱物的なデータなど)を収集し、皆様にどういうものかお伝え出来ればと思っています。

もう一つは、実用に耐えうるかということ。

いくら綺麗でも、どんなに珍しい素材でも、実用的な強度がない物は排除していきたいと思っています。極端に割れやすいとか、色移りするような粗悪な染色。

ただ、使い方によっては、経年劣化が早い事もありますのでグレーなものもありますが、そこは検証しながら将来も考えて行きたいと思っています。

本物かどうか?

改めて、本物かどうか?について極論で考えますと、天然手つかずの素材か?という意味で質問された場合には、そういったものは、ほぼありませんと答えます。

それぞれの素材について詳しく知りたいお客様の場合は、知りうる限りの情報を提供しています。

人工石や染色したものはどうなんですか?ということになりますと、安心して永年つかえるものであれば、まったく問題無いのではないでしょう、というのが、当店の結論になります。

立場によっては認めたくないというかたもいるかもしれませんが、仏教法具としては、天然素材かどうかというこだわりにはあまり意味を感じません。

また、「天然の未加工に近い素材」が「良い素材」とは限らないということも、重ねてお伝えしておきます。天然の粗悪品もあれば、人工の良品もあるといういことです。

当店ではそのように考えて、念珠の素材仕入を考えています。

私の数珠は、偽物だった・・・

「水晶だって思っていたのに、水晶じゃないの?」
「ヒスイって書いて売ってたのに、翡翠じゃないなんて・・」ということは、実によくあるはなしです。

過去に高い値段で買ってしまったというのであれば、確かにショックかもしれませんが、頂きものであったり、先代から譲り受けたものということになれば、素材自体がどうこうという以上の価値がそこにはあります。

そういった、「私と数珠との関係」における価値というのは、素材の真偽に振り回されることはありません。

「高いモノじゃないのはわかってますが、私にとっては本当に大切なモノなんです」とお聞きして、修理を承ることも多いです。これこそが、大切な心の持ち様だと思いますし、逆に、そんなことにはとらわれませんというのも、また仏教らしいあり方ですね。

ご購入の際、気になることがあれば、知り得る限りの情報提供はしますので、お気軽にお問合せください。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (12)
  • 興味深い (7)
  • 考えさせられる (8)
  • なるほど! (1)

数珠に使われる菩提樹(ぼだいじゅ)の実

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

数珠に使われる材料といえば?

お釈迦さまがピッパラの木の下で悟りを開いたといわれており、日本語では「菩提樹(ぼだいじゅ)」と訳されています。

念珠の材料としても「菩提樹の実」がよく使われます。この「菩提樹の実」と呼ばれているものが、とても種類が多く、「本物の菩提樹ですか?」と尋ねられると、それは一言ではお返事できません。

菩提樹とはなにか

まずもって、インド、中国、日本といわゆる仏教の北方ルートで菩提樹と呼ばれている木が、少なくとも5種類あるそうですが、当然、熱帯にしかない木もあれば、中国、日本の温帯でも育つ木もあります。
日本の菩提樹に至っては、葉っぱの形がにているということで、日本語でも正式に「ボダイジュ」という名前になってしまったそうで、植物上は全く別の木です。

インドと日本だけ比べても、当然、同じ木が自然に育つはずはありません。

どんな種類があるのか

念珠の材料としては、すぐに思いつくだけでも・・

星月菩提樹(せいげつ ぼだいじゅ)
龍眼菩提樹(りゅうがん ぼだいじゅ)
鳳眼菩提樹(ほうがん ぼだいじゅ)
蓮華菩提樹(れんげ ぼだいじゅ)
天竺菩提樹(てんじく ぼだいじゅ)
緬茄菩提樹(めんか ぼだいじゅ)

・・まだまだ色々ありますが、いずれにしても、お釈迦さまが悟りを開いた菩提樹の実ではないそうです。

現在は、流通量が減って、日本でも特に人気のある星月菩提樹も中国側が売りしぶっているという噂も聞いています。
(※記事を投稿した2014年ころの投稿で、現在はまた星月菩提樹が多少入荷できています)

環境や採取のペースなどいろんな問題があるのかもしれませんし、生産地では、バナナの木を植えた方がお金になるから菩提樹を減らしているという話も聞いたことがあります。

お釈迦様が悟りを開いたというピッパラの木

僕も実物を見たことはありませんが、ピッパラの木の種は小さくて数珠の玉にならないと聞きます。

お経にでてくる菩提樹

たとえば「校量数珠功徳経」というお経には、菩提子なら「その福無量にして算数すべからず」と水晶や珊瑚に比べて、最上級の材料だということを謳ってますので、そのお経ができた時代(地域)で、すでに「菩提子」の定義がピッパラの種からずれていることが予想されます。

大乗仏教ではありがちな話ですが、現実的にはお経もあてにならないというのは、日本人にとってはけっこうショッキングな事実です。
もちろん、お経を否定したいわけではありません。経典のエピソードをもって、何を伝えたいかということですからね。
たとえば、浦島太郎を読んで、「カメに乗って竜宮城に行くなんて真実であるはずがない」と否定するのは筋違いですし、生物学的にカメの研究をするために竜宮城の話は役に立ちません。

日本でもよく見かける「菩提樹の数珠」

bodaiju

左の白い玉は星月菩提樹(せいげつぼだいじゅ)と呼ばれているもので、大玉は比較的高価です。右は、ジュズボダイジュと呼ばれているものです。チクナーの実とラバダールの実のどちらかだと思いますが、いわゆる本物(?)はチクナーの方です。どちらも元の木とは違うのに、本物というのもおかしいですが・・

インドでの価格差は100倍くらい違います。わかる範囲での検証の結果、大玉の赤味が強い方はチクナーかもしれませんが、小玉の方は信憑性60%といったところです。また、これこそインド産と思っている人も多いようですが、実際には、インドネシアの方で採れるそうです。

「菩提樹」とつくものは、すべて偽物なのか?

結局、「本物の菩提樹って何?」と言いたくなりますが、これもまた、方便の一つなのかなと考えます。
木像でも石像でも仏像を彫りますが、どの材料をもって表せば本物の仏かと問うこと自体おかしいのと同じと考えることはできないでしょうか。その時代、その地域の気候によって手に入る実の中から、この実をもって私たちにとっての菩提子としましょうと、天竺に想いを馳せながら方便をもって「本物の菩提樹」を意味づけてきたのかもしれませんね。

※この記事は、不確実な情報が多いことをご了承ください。
植物、地理、仏教関連の書籍、取材を参考に主観を交えて書かれています。
2014年に投稿され、2017年に加筆、修正しています。

菩提樹に興味がある方はこちらの記事もどうぞ。
めずらしい特注念珠のご注文

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (27)
  • 興味深い (37)
  • 考えさせられる (11)
  • なるほど! (9)

香木かも?真言宗の数珠修理

わからない念珠の素材

伽羅(きゃら)かもしれない

かなり使いこまれた玉でした。ひょっとして伽羅じゃないかと思うとドキドキします。
新調しようと思ったら大変な額になります。伽羅だったら一粒でもうっかり割ってしまったら、弁償できません。

たぶん沈香(じんこう)、でも・・・

沈香の念珠というと、すぐに匂いを嗅ぐ人が居ますが、沈香は常温では匂いはしません。

ところが、この数珠は結構匂いがするんですよ。それで伽羅かもとおもったのですが、ここまで良く匂わないだろうし、おそらく沈香でオイルを擦り込んだものだと思います。沈香自体も偽物ではなくても、さらに常温でも匂いがするように沈香から抽出したオイルを擦り込んでしあげてあるものが結構あります。それでも、非常に高価なものであることには違いありません。

とにかく修理です

真言宗の念珠

もともとついていた、カラシ色になるべく近い正絹糸を編み込みます。

真言1

真言宗はいわゆる振り分けと言われる形で、両側に2個ずつ計4個の梵天房が付きます。梵天糸を刈りこんで作る昔ながらの梵天房は、どうしても型崩れしたりしやすいということで、特にご指定がなければ、一般の方には下の完成写真のような小田巻梵天をお勧めします。(真言宗の中でも僧侶が本山出勤する場合など、菊房指定になることがあるようです。)

定着していない新しい梵天の形

小田巻梵天、釈迦梵天、かがり梵天等、色々な呼び方があり、歴史も浅いものですので、どの呼び方が正式というわけではありません。統一する機関もありませんので、業者ごとになんとなく並行して様々な別名が使われていくと思います。
凝ったものになると、このようにモンキー結びで糸を回したものだけでなく、菊や蓮の花を模して編み込んだものもあります。

真言2

もともと、かなり大きめの房を付けておられましたので、標準よりもずいぶん大きな房を付けました。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (19)
  • 興味深い (4)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (2)

瑪瑙(めのう)グラデーションを追加しました

瑪瑙グラデ3

とっても綺麗な瑪瑙グラデーションの女性用単念珠を追加しました。

瑪瑙の種類は非常に多く、水晶系と、瑪瑙系に分類されるところまでは、比較的お国も問わず明確で、顕晶質なら水晶、潜晶質なら瑪瑙となります。念珠の世界では、和名で「瑪瑙」とザックリ使ってしまっていますが、これもちょっと眉唾ものなのです。

広義な天然石として考えると、瑪瑙はアゲートとよばれ、これは縞が出ることが分類条件となります。しかし、縞が無いのに、念珠の場合「瑪瑙」もしくは「本瑪瑙」と呼んでいます。アゲートの定義からすると、「縞瑪瑙」の類は名実ともにマッチしてることになりますが、念珠玉として良く見かける瑪瑙と呼ばれている赤い玉は、「カーネリアン」に分類される方が適切かもしれません。
とにかく、縞がないのに「瑪瑙」と呼ぶのが混乱の元なわけですが、もはやどちらが正しいというわけではなく、習慣化してしまっているものですから、当店でも瑪瑙と表記しています。いずれ別記しますが、翡翠とアベンの差のように、混同した販売は詐欺行為と言われるほどの差はないからです。正確にいえば、深紅の天然カーネリアンを想定すれば、とんでもない価格差になりますが、深紅の天然カーネリアンだけで作った念珠は出回っていませんので、逆に安心です。

瑪瑙系の石はとても染色しやすいので、念珠の玉も古くから染色されています。
「それじゃー天然石っていうのはウソ?」というのは、早とちりです。人工精製された素材と違い、石自体は天然にできたものを採掘しています。世に出回っている天然石はほとんどが何かしらの手を加えられて色調整がされています。
すっぴん美人しか認めないという方もいるかもしれませんが、僕の個人的な見解としては、お化粧上手な美人さんも、悪くないと思うのですがいかがでしょうか。

加熱処理、放射処理等で綺麗に生まれ変わったものはいいと思うのですが、外側からインクをしみこませたような安易な染色も最近はみられます。触っていると、手に染料が付いたりします。そういう粗悪品はちょっといただけません。

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)

塗って、研いで、塗って、研いで・・・・

IMGP2341

 

以前、このブログでもご紹介して、地道に作業を続けていた仏具の修復ができました。
上下の框(かまち)、天板、側面を造作して、工芸漆(うるし)を塗り磨き込みました。
この工芸漆と言うのは、本漆ではなく人工原料でつくられた、漆風の樹脂塗料です。
基本的には漆と同じような扱いですが、乾燥の原理は違うので、湿気を出す必要はなく、一晩程度の乾燥で、重ね塗り、研ぎ出しもすることができます。

代用漆といえば、よく知れたのは「カシュー漆」で、こちらはカシューナッツの油から取り出した天然塗料です。漆の器にしても、仏壇仏具にしても、特別な表記なく「漆」とかいてあると、だまってカシューを使っていることもあります。その場合、本物の漆は「本漆」と区別してあることが多いです。1950年以来、代用漆=カシューという時代が長らく続きましたが、現在は、ほかにもさまざまな代用漆が使われています。漆塗職人の事を塗師(ぬし)といいますが、最近は塗師さんもカシュー以外の新しい代用漆を扱う方もでてきました。
本漆は1000年以上の歴史があります。カシューは60年。その期間耐え抜いたという実績です。そのた新しい代用漆は、これから100年後、200年後、どのような劣化、硬化がみられるのか、計算上の理論値だけでは答えはわかりません。それぞれにメリット、デメリットがありますので、ケースに応じて使い分けたいものです。

ちなみに下の写真が、修復前の状態。比べてみると見違えるようになりました。
西洋の石文化と違い、古い木工品を半永久的に使う工夫というのは、とても日本らしくて大事にしたい精神ですね。

 

IMGP1924

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)