水晶

木の玉、石の玉

念珠の玉には、様々な素材があります。

代表的なものを大きくわけて、「木の玉」と「石の玉」がありますね。

その他、琥珀、珊瑚、貝、骨など、稀少で珍しいものや高級なものもありますが、割合でいうと少ないので、ここでは木と石についてお話しします。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (1)

その数珠の玉って、本物ですか?

本物の素材とは

偽物を掴まされる心配

念珠をお求めの際に、皆さんが心配になることだと思います。

念珠売り場ではたくさんの天然石、木材、珍しい木の実などがならび、宝石の世界でも昔からある話ですが、はたして、本物だろうか?という心配です。

ご年配のおじさんが良くいう台詞ですが「安物はダメだ」というのがあります。つまり、ある程度の値段をのものを買った方が、失敗が少ないと言う意味だと思います。

これは、半分正解ですが、もう半分は危険もはらんでいて、その心理を利用して、粗悪品や偽物でも、高くすると逆に売りやすいという心無い商売をしている輩もいるのは確かです。

「本物」の定義

「おたくの念珠の玉は本物だろうね?」ということも、たまに聞かれますが、これは実に難しい質問です。

なぜなら、今や「本物」の定義が実に曖昧になっているからです。

たとえば昔は、本物の水晶、そしてそれの模造品として、たとえば質の悪いガラス玉、もっと安価な物になると、透明のプラスチック。

ですから、「本物」といえば、いちばん高価で見た目も美しい水晶かどうかということが問われたわけです。

本物より上等な偽物、人工的に作られた本物

近年の場合。

同じく水晶を例に挙げると、天然の本水晶(上等なもの~ランクの低いもの)、結晶を人工精製された本物の水晶、溶錬水晶(という名の綺麗なガラス)、上ハリ(という名の綺麗なガラス)、普通のガラス玉等いろいろ有るわけです。

人工精製された本物の水晶となると、言うなれば養殖みたいなもので、鑑定しても水晶です。天然と養殖の鯛みたいなもので、養殖が偽物というわけでもありません。

何も知らずに溶錬水晶と聞いて「水晶ですよ!」と販売している業者も多く、それは論外だとは思います。 いずれにしてもガラスは偽物の水晶だろう?と聞かれたら、その通りです。しかし、ブラジル産になると、天然水晶だからと言ってもランクの低いものはガラスよりも安いというのが現実で、見た目にも、上質なガラスの方が見栄えがいいということもあります。

ですから、水晶だと騙されたならガラスは偽物ですが、ガラスの念珠を買うという理解の上なら、悪い選択じゃない場合もあります。実は、僧侶向けの装束念珠では、「上ハリ」の名前で、水晶のものよりも、質の良いガラス念珠の方がたくさん流通しています。

ただ、実用的にはとことん使い込んでも美しさを保つのはやはり水晶で、ガラスは硬度低い分、細かい傷で曇ってきます。

天然石

見た目を変えたり整えたり

エハンスメント、トリートメントなどの専門用語がありますが、要するに色味を揃えたり、発色を良くより美しく見せるような処理をすることです。

素材は正真正銘本物でも、原石を掘って削っただけというものはほぼなく、何かしらの処理がされている事がほとんどです。

これによって、自然界では極めて稀少な(または存在しない)ものが、人工的に加熱したり、放射線を照射して作れてしまうのです。

どこまでが本物かというのは、宝石屋さんの言い分があるかと思いますが、ここでは割愛します。当店では、必要に応じて「手が加えられています」という説明はしています。

照射処理ブルークォーツ。
カットや擦り加工など表面も凝ったデザイン。

染色

加熱や放射線だけでなく染料で元の石の色を変えてしまっているものもあります。

たとえば最近は、「○○ジェード」と呼ばれるカラフルな石が沢山出回っておりますが、もちろんジェード(翡翠)の一種ではなく、クォーツァイトであることが多いです。クォーツァイトとは水晶が砂状になって再結合したもので、染料が綺麗に入るので処理しやすいのだそうです。

中には、本当に品質が悪く、ただ単にインクに漬けたようなもの玉もあり、こうなると、手の汗でインクが滲んできたりと、酷いことになります。当然ですが、ここまで来ると当店の商品には使っていません。

メノウの仲間も、結晶構造上、染色しやすいので、色のバリエーションが多いです。

染色については、他の処理同様、どこまでが本物かと定義するのは難しいです。これも、製造工程がしっかりしていて、実用的な耐久性を備えているもので有れば、問題無いかと思います。

木玉

黒檀、紫檀、鉄刀木(タガヤサン)等の一般的な唐木(からき)と呼ばれているものをはじめ、生命樹、その他国産の木などいろいろあります。

これらも、完全なる素挽き(削りっぱなしで完成)というのは、手間も材料コストもかかる上、色味を揃えるのが難しかったり、ある程度予算的な妥協があれば見栄えがしないので、かなりマニア好みの選択になります。ですから、ある程度の上塗りがされていることの方が普通です。

木材は手の脂を吸いますので、よく触るほどに色が濃く、つやが出てきます。しかし、それと同時に上塗りの仕上げ剤が落ちてきますので、種類によってはいったん色が明るくなるものもあります。

その変化も、「味」として楽しめる方もいれば「劣化」に感じてしまう方もいます。「色が剥げたので、偽物だったのかしら?」ということもたまに聞かれますが、手の脂が少ないご年配の方が、頻繁に使い倒せば、手の脂を吸い込むよりも、上塗りが落ちる方が気になるということは十分にありえます。

一般に唐木は、建材の世界では高級品ですが、念珠になるとちいさな端材も使えるほか、木材の質を上塗りなどの加工技術でカバー出来る部分もあり、ずいぶん安く流通しています。定番になるほど、大量生産されているため、価格崩壊していると言うこともあると思います。

「本物の黒檀がこんなに安いわけないだろ?」と言われたこともありますが、それらのような様々な理由で、念珠の場合、それほど高くはなりません。

木の実

代表的なところで、菩提樹の実というのが、あります。
お経の中では「菩提子」と書かれています。

「本物の菩提樹」となると、これまた難しい質問で、過去の記事にもしていますので、ご興味があればご覧ください。

○○菩提樹と呼ばれる素材はたくさんあり、それぞれまったく別な植物になります。

また、原実のまま、丸く加工したもの、色を漂白したものなどいろいろ有りまして、これも、なるべく手を加えない方が好きという方がいますし、高度に加工されたものは本物ではないということもありません。

その他、琥珀やサンゴなどになると、もっと面倒な事情が絡んできますが、これも気になる方は、過去の記事を検索してみてください。

まとめ

本物かどうか?というのは、今はとても難しい質問です。

考えていきたいこと

ひとつは、公称通りの素材かということ。

表示と違うなんて、そんなこと許されるの?と思われるかもしれませんが、念珠の世界では未だにありますし、そもそも騙す気がなくても、通称名がすでに誤解を招く表現になっている場合も多いです。

そこに関しては、できる限りの情報(鉱物的なデータなど)を収集し、皆様にどういうものかお伝え出来ればと思っています。

もう一つは、実用に耐えうるかということ。

いくら綺麗でも、どんなに珍しい素材でも、実用的な強度がない物は排除していきたいと思っています。極端に割れやすいとか、色移りするような粗悪な染色。

ただ、使い方によっては、経年劣化が早い事もありますのでグレーなものもありますが、そこは検証しながら将来も考えて行きたいと思っています。

本物かどうか?

改めて、本物かどうか?について極論で考えますと、天然手つかずの素材か?という意味で質問された場合には、そういったものは、ほぼありませんと答えます。

それぞれの素材について詳しく知りたいお客様の場合は、知りうる限りの情報を提供しています。

人工石や染色したものはどうなんですか?ということになりますと、安心して永年つかえるものであれば、まったく問題無いのではないでしょう、というのが、当店の結論になります。

立場によっては認めたくないというかたもいるかもしれませんが、仏教法具としては、天然素材かどうかというこだわりにはあまり意味を感じません。

また、「天然の未加工に近い素材」が「良い素材」とは限らないということも、重ねてお伝えしておきます。天然の粗悪品もあれば、人工の良品もあるといういことです。

当店ではそのように考えて、念珠の素材仕入を考えています。

私の数珠は、偽物だった・・・

「水晶だって思っていたのに、水晶じゃないの?」
「ヒスイって書いて売ってたのに、翡翠じゃないなんて・・」ということは、実によくあるはなしです。

過去に高い値段で買ってしまったというのであれば、確かにショックかもしれませんが、頂きものであったり、先代から譲り受けたものということになれば、素材自体がどうこうという以上の価値がそこにはあります。

そういった、「私と数珠との関係」における価値というのは、素材の真偽に振り回されることはありません。

「高いモノじゃないのはわかってますが、私にとっては本当に大切なモノなんです」とお聞きして、修理を承ることも多いです。これこそが、大切な心の持ち様だと思いますし、逆に、そんなことにはとらわれませんというのも、また仏教らしいあり方ですね。

ご購入の際、気になることがあれば、知り得る限りの情報提供はしますので、お気軽にお問合せください。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (12)
  • 興味深い (7)
  • 考えさせられる (8)
  • なるほど! (1)

NHK文化センター札幌教室(単発講座)

札幌、北海道内の方にご案内です!
残席僅かですので、御希望方は、ぜひお問い合わせください!

女性向け 本水晶念珠
男性向け 紫檀(シタン)

日時

令和元年7月21日(日)
13時~15時

場所

NHK文化センター札幌教室
札幌市中央区大通西4丁目道銀ビル12F
TEL:011-222-5011

概要

数珠を手作りしてみませんか?

今回は、略式数珠(ほとんどの宗派でお使いいただける、ひと輪の数珠)の製作を行います。本格的な編み込みの技術が必要なため、全国的に習える機会はほとんどありません。

葬儀や法事などのフォーマルな場所でも使える形で、女性用は本水晶(透明の水晶)、男性用には紫檀(したん)を使った高級仕様です。房の色は男女ともに定番で使える色で、10色からお選びいただけます。

一からすべて作ると、1回では難しいので、下処理をして製作キットを用意します。

難易度は高めですが、時間内に完成出来るようサポートします。数珠を縁に仏教も嗜みながら、指先に集中し心安らぐ時間を体験してください。

お申し込み、お問合せ、受講費用など詳しいことは、NHK文化センターの公式webサイトごご覧ください。

↓ ↓ ↓

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1178698.html

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ペアデザインで作る数珠

オーダーメイドの念珠と言っても、様々なご要望がありますが、こんなこともできるのです。

ご夫婦でこんな念珠はいかがですか?

ペアデザインの念珠

虎目石を基調に

男女ともに道具(親玉、二天玉の三カ所)は虎目石で揃えています。

男性用には、かなり貫禄がでるサイズのたまに、羅漢(らかん)様が彫刻されています。
素材は柘植(つげ)の木で、黒く染められているものです。透かし彫りになっていますので、ゴツイ見た目の割に意外と軽く持ちやすい作りです。

女性用は相応なサイズの黒オニキスですが、通常の丸玉では男性用とのバランスが悪かったので、切子玉を使いました。

北海道産イチイの念珠

木が好きなご夫婦からのご依頼で、道産イチイのペアを仕立てました。
使い込むと将来どんな感じになるのか楽しみです。

水晶にグリーンを添えて

異素材ですが、水晶+グリーンで統一感をだしています。

男性用につかった濃い緑はアベンチュリンといいますが、かつてはインドヒスイと呼ばれていたものです。
かつてはというか、今でも、「ヒスイ」と表記しているお店が多いですが、ヒスイではありません。
実は鉱物学的には水晶の仲間になります。

女性用のグリーンアメシストは、紫色のアメシストを加熱加工して精製される素材です。

緑の玉が異素材でもどこか統一感があるのは、広い意味では同じ水晶に属する親戚のような石だからかもしれません。

超豪華!金琥珀をおそろいで

これは豪華です。男女ともに琥珀のおそろいで作りました。

といっても結構前のご注文で、もちろん当時もそれなりの価格にはなりましたが、現在(2017年)だと、当時の倍くらいの価格になってしまうと思います。

並べて見ると神々しく見えてきますね。

ソーダライトで爽やかなデザイン

男性用には主玉は縞黒檀のみかん玉です。
通常の木玉はウレタンの塗装がされていますが、こちらは一粒ずつ手作業で、天然油をすり込んでいます。

女性用は統一感をだしながらも、重くならないように本水晶で作りました。

カラフルな木玉のミックス

雑誌スロウにも掲載されている定番のデザインです。

ナチュラルな質感がお好みのカップルに人気。

ご夫婦で得度されているお二人からのご注文です。
女性用も法務で使えるように紐房で仕上げました。

道具には独山玉(どくざんぎょく)という薄緑色の石が入っており、これが木の玉によく似合います。

結婚前のカップルにはちょっと重いかも?

ペアデザインの依頼は、主に若いご夫婦、またはご結婚の記念念珠ということが多いです。

念珠の意義が廃れた現代でも、結婚前のカップルがおそろいで用意するのは、ちょっと重すぎるイベントかもしれません。

「おそろいの念珠をつくらないか?」というプロポーズで失敗しても責任は取れませんので、くれぐれも自己責任でお願いします。笑

仏教では「永遠の愛」は誓えませんが、無常の愛のなかでも、仲良くペア念珠という選択も素敵だと思いますよ。

気になった仲良しのご夫婦はぜひご相談ください。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (10)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

ミックス&ミックスのペア念珠

念珠の価値というのも時代とともにずいぶん嗜好が変わってきました。
もともとは、石や木などの天然材料で、すべての色見を合わせるということに大変苦労しましたので、「共仕立」とよばれる念珠のように、同じ素材一色でつくるものはとても高価でした。大量に仕入れた材料の中から色を合わせてピックアップする必要があったため、手間もかかり無駄も多かったからです。
ところが、材料のエハンスメントやトリートメントということが当たり前になり、色のそろった念珠というのは、定番になり、低価格化も進みました。なにより、「ありきたり」という印象の方が多いかもしれません。

そこで、近頃、多いご要望が、他素材をミックスした念珠です。
ある姉妹へお渡ししたいというご注文で、人柄や好みをお聞きしたところ、このような形で仕上がりました。服装好みや性格も明るめのお姉さんには、水晶系、オニキス系の天然石をカラフルにミックスしたものを、控えめでしっとり系の妹さんには黒檀、紫檀、生命樹など7種類ほどの木玉をミックスして、本水晶仕立てにしてあります。房はリクエストの通り、おそろいで藤色の松風房でお仕立てしました。

IMG_2265

こういう念珠の紹介をすると、ひとつづつ自分で思い通りにパーツを選んで作りたいという方もいらっしゃいます。もちろん、それも不可能というわけではありませんが、実用性、念珠としての良し悪し、ご予算等、大筋をはずさない範囲でというのは、かなりの知識と経験が必要です。たくさんのご要望は歓迎しますが、ある程度任せていただくと、きっと良いものに仕上がっていくと思いますので、オリジナルデザインで作りたいという方は、ぜひ参考になさってください。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (8)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

ブルークォーツを添えて涼し気に

近頃の北海道では、一気に秋の気配がしてきました。
昼間は半袖で過ごしても、夜は家の中でも長袖を一枚着ないと肌寒く感じます。

そのタイミングでどうかなという疑問はありますが、とても涼し気な念珠ができました。
定番の本水晶の間に、ブルークォーツの平玉が挟んであります。
また、中通しがブルー系で合わせてあるのが、実はミソです。水晶は、中通しで結構楽しめるというメリットがあります。

IMG_1133

今回は紐房で仕立ててありますが、女性であれば、頭房をつけてもいいですね。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (14)
  • 興味深い (4)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)

木玉のブレス念珠

本日、江別は猛吹雪で外出を控えております。
こんな日は無理せず外の用事は後回しにし、こもって仕立て作業をするに限ります。

IMG_5825

ただいま、木玉のブレス念珠を中心に作っています。
特に男性の方からのご要望が多く、最近ではパワーストーンブレス流行の影響もあり市場全体が天然石に偏りがちです。「腕輪念珠」という観点から言えばもちろん天然石である必要はなく、木玉も肌触り良く、軽くてつけやすい優秀な素材です。

また、使い込むほどに自分色に染まり、味がでるのも石にはない醍醐味です。冬は触って暖かいというのもいいですね。

昨年、大変ご好評だった生命樹の他にも、シャム柿、黒檀、紫檀、鉄刀木、ミックスにするのも面白いです。道具(親玉、二天玉)に見立てた天然石もポイントに入れています。

写真奥に移っている輪が大きいものは、捻って2重にして使えるサイズになっています。

IMG_5827

本連108の半分54個で程よいサイズにしてあります。

材料によっても値段が変わりますが、一輪タイプは1000円~、二輪タイプは3000円~ご用意しております。
ネットショップへの掲載は間に合わないと思いますので、気になった方は、直接お問い合わせください。

 

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (7)
  • 興味深い (4)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (0)

代々受け継がれて

先日、念珠修理のご依頼があった時のことです。
見るとずいぶんくたびれた様子の男性もので、お話を伺うと、おじい様が使っていたものだということでした。
新しいものを買い替えることも検討されましたが、単に修理ではなく、アップグレードをおすすめしたところ、そちらの選択をされました。具体的にはこうです。

主玉の唐木(紫檀の一種のようですが詳細は不明)は使い込まれてとても風合いが良いのでそのまま生かし、プラスチックやハリガラスの道具部分(親玉、ボサ、二天玉)を茶水晶に付け替えました。
房は、ちょうど入荷しておりました、ちょっと珍しい金糸入りの紺色を気に入っていただけたようで、茶水晶にもよくなじむ為こちらで仕立てました。もちろん正絹です。

IMG_2457

房を選ぶ際には、道具が色付きの場合はその色に合わせ、本水晶など透明な場合は、主玉に合わせると、違和感なくコーディネートできます。もちろんお好みであえて色を変えて個性的な組み合わせにすることもできます。なんだかファッションの様ですが、実用性に加えて嗜好性も加わって進化してきたのが、念珠の歴史です。きっと、昔の人達も、いろんな工夫をして好みの形、流行りの色を探ってきたものと思われます。

出来上がった念珠を見て、大変感激していただきました。よくよくお話を聞けば、この念珠を残したおじい様も、そのまたお父さんから譲り受けたものらしいということでした。
ご先祖が代々合掌にかけてきた念珠は、まさに命のリレーのバトンのようですね。
末永く使っていただければ、嬉しく思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (12)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

「○○仕立」という表記

お盆真っ只中、お墓や納骨堂にお参りしている方も多いでしょうか。
北海道は、カラッと涼しく風もなく、とても過ごしやすい日が続いていますね。

さて、「○○仕立」という表記について、ご質問があったのでブログでも取り上げてみます。
たとえば、下の写真の場合、「本水晶トラメ石仕立」と、当店では表記しています。

IMGP1697
本水晶20玉トラメ石仕立 10,800円

念珠には通常の玉(主玉)意外の、特殊な役玉のことを「道具」と呼んでいます。
写真の単念珠なら、親玉(大きい玉)、ボサ(親玉の下のひょうたん型の玉)、二天玉(両サイドの小玉)の部分が「道具」です。
二輪になると、天玉が4つあるので四天玉、また房の直前につける雫型の玉は「つゆ玉」といいます。これらも含めて「道具」です。

これらの「道具」の部分のみ素材を変えることを○○仕立という言い方をします。
この念珠は、本水晶(透明)の主玉に、トラメ石(黄色~茶の縞)の「道具」が入っていますので、「本水晶トラメ石仕立」となるわけです。
ちなみに、すべて同じ素材でそろえたものは、「共仕立(ともじたて)」といいます。

先日、お客様より「水晶仕立ってことは、本物の水晶ではないってことですよね?」と、聞かれました。
おそらく、「みりん風調味料」は本当のみりんではないのような、感覚で受け止めてしまったんでしょうね。

「この念珠、紫水晶仕立てにしてもらうことできますか?」なんて言われたら、なかなか通なお客様だなと思います。
「メインの素材」+「○○仕立」という呼び方、みなさんも頭の片隅に入れておいて、楽しく念珠を選んでくださいね。

 

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)

STV「Sチョイス!」放送になりました

さきほど、10時半より、STV「Sチョイス!」放送になりました。
実は、収録以来、完成Vは見せてもらっていないので、僕自身もOAで初めて見ることになります。

収録の時はこんな感じでした。
たった数分の映像を撮るために、テレビって本当にたくさんの人がかかわって作っているんだなというのがわかります。

IMG_3281

 

今日の北海道新聞テレビ欄です。

IMGP4358

********
お盆に夏の大特価セール
念珠にワケあり毛ガニ
********

今日は、念珠と毛ガニ以外にも、布団やらいろいろあったわけですが、お盆直前を意識してか、テレビ欄でも一言入れてくれました。

さて、たくさん売れてくれるといいですねー!
ここだけの話ですが、テレビで紹介した商品は、なんと在庫が限りなくゼロに近い状態です。
少し作りだめする予定が、何かと他の仕事で埋まってしまい、何も作っていません。

おっと、さっそく、速報でたくさんの御注文が・・・やるぞー、作るぞー。

「14日までにお届けしますので、ぜひお盆のお墓参りにお持ちください」と高山幸代さんが言ってましたので、遅れるわけにはいきません。

お墓や、北海道は納骨堂へのお参りも多いと思います。
もちろん、お参りに行くこと自体大切なことではありますが、より意義深いものにするためにも、合掌には念珠をかけてくださいね。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)