永代経

念珠屋のお寺トーク

先日、秀恩寺様(苫小牧市)の永代経法要にて、出張出店と合わせて、お話をさせていただく機会がありました。お勤めの後、本来ならば法話の時間ですが、その時間を使ってテーマはフリーでお話してほしいというご依頼でした。

正信偈のお勤めです。
実はこの度、めでたくも寺号公称することになったばかりの新しいお寺で、不慣れな方も多い雰囲気でした。ご門徒様方と一緒に座ってお参りさせていただきました。

%e7%a7%80%e6%81%a9%e5%af%ba%ef%bc%94

今までも、「念珠について話してほしい」というテーマ付ではご依頼を受けたことがありましたが、あえてテーマフリーということでしたので、僕自身の経験談から、どうやって仏教と出遇い、なぜ念珠屋になったか、そして何を伝えたいかということをお話しさせていただきました。

%e7%a7%80%e6%81%a9%e5%af%ba%ef%bc%91

ご縁あって、たまたま仏具屋に勤めることになり、いつしか仕事よりも仏教そのものが面白くなってしまったこと。そのギャップを埋められず、会社員として続けていけなくなったこと。その後、大変な苦労があったこと。
身も心も追いつめられて、卑屈に過ごした時代。それでも心に届いた仏様の話があったこと。

%e7%a7%80%e6%81%a9%e5%af%ba%ef%bc%92

ただ、「出来ること」を続けてきました。誰にも必要とされたないと思っていた自分が、今ではたくさんの方が呼んでくれます。たくさんの居場所ができました。「食える仕事」の尺度を棄てて、「おかげさま」の気持ちでいっぱい、今は念珠屋を続けています。

僕は今でも、そもそも「念珠は本当に必要なのか」と疑問を解決できていません。念珠を使わない仏教もありますし、仏教以外でも使います。もちろん、玉そのものに不思議な力があるわけでもありません。しかし、念珠を通じて、たくさんの人の想いを言葉以上に伝える現場に何度も出くわしています。時には世代を超えて。亡き人の想いでさえも、伝わることがあります。
そんな、多くの人の想いを伝える念珠を、作ったり直したりするのは、悪くない仕事だなと今は思っています。

お参りに来てくださった30名ほどの方が、1時間ほどの長丁場でお疲れだったでしょうに、最後まで真剣に耳を傾けてくださいました。そして、帰りには口々に「良い話を聞かせてもらって・・」と声をかけていただきました。

「また来てくださいね」

こうしてまた、居場所がひとつ増えたこと。
心より嬉しく思うのでありました。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (21)
  • 興味深い (5)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (1)

仁木町無量寿寺様の永代経

リンゴやサクランボぶどうの畑が広がる仁木町の無量寿寺様にて、出張出店させて頂きました。

春の永代経法要。
住職様とは年に数回、あちこちでお会いする機会がありますが、お寺に伺って、寺族の方やご門徒さんにお会いするのは久しぶりのご縁です。3歳の娘さんもとても元気で、子どもが一人いるだけで、本当にお寺全体が明るくなります。

午前中は正信偈のお勤めのあと、仏説阿弥陀経が読まれました。

P_20150417_124842

本堂横に設置させていただいた出店ブースはいつも通りの感じです。
お陰様で大盛況で、楽しんでいただけたようで何よりです。

ご法話は、仁木町のお隣、共和町の明善寺御住職、鹿谷賢純先生です。
兄貴肌でいつもかわいがっていただいております。お父様(前住職様)のご法話は、聞いた事がありましたが、賢純さんが布教するようになってからお話を聴くのは初めてです。

永代経にふさわしいお話で、80年前の資料から、無量寿寺様の歴史に名を遺した寄進者が読み上げられました。今の本堂は建立されてちょうど100年になるそうです。
当時の人が厳しい時代に、どんな思いでお寺を作ったのかと考えると、とても感慨深いものがあります。
また、正信偈にでてくる12の光の例えのうち「無碍無対光炎王」の「無碍光」を取り上げてわかりやすくお話いただきました。

お話の中で引用されていた『137億年の物語』という歴史の本は、とても面白そうで、自分でも一つ手元に置いておきたいと感じました。

2Q==

仁木町では、風が強い中、農家の方が雪解けの作業に追われていました。
まだまだ寒い日も多いですが、北海道もいよいよ春ですね。

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (2)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (1)

永代経法要

南幌町妙華寺様にて春の永代経法要にお参りさせていただきました。

お参りさせていただいたといっても、着いた頃にはちょうどお勤めが終了した時刻、引き続きのご法話のみ聴聞させていただきました。

浄土真宗の妙華寺様では、毎年丁寧に永代経法要が3日間勤まります。浄土真宗が拠り所としている、浄土三部経を1日づつ読まれます。例年ご案内をいただき、どこか一日でもと思っているうちに予定が埋まってしまい、なかなか足を運べずにいました。今日は2日目。すでに遅刻はわかっていましたが、ご法話だけでも聞きたく行ってきたのです。

布教使は、三笠の林寺正憲先生でした。
こうして、ご法話の席に座るようになってから6,7年になるでしょうか。北海道内の同派のお寺では、何度となく林寺先生のお話を聴いてきましたが、年々情熱的になり、とても心に沁みるお話です。
お参りのおばさま方も、「いや~3日聞いてもまだ聞きたいね」とお話されていました。

そもそも永代経とは、先祖を偲びつつ、み教えが子や孫に、永代にわたって伝わっていくことを願って行われる法要です。
今日のご法話では、まさに永代経にふさわしい内容で、同窓会のお話から、歳をとったからこそ分かることがあるのではないかというお話をしていただきました。

近頃、上座部仏教関連の本を読むことが多く、「智慧」を中心にした話題が多いのですが、久しぶりに大乗仏教の「慈悲」に触れたなぁと改めて思うことであります。
宿坊、写経や座禅体験等、各宗派のお寺でもいろんな試みがされておりますが、真宗は、もっとご法話が広く聞いていただけるような試みができたらいいなと常々思っております。

P_20150409_160038

帰りには、御内陣に供えられていた御仏飯のおさがりをいただいてきました。
有り難いことです。夕食に家族でいただきます。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (5)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)