素材

木の玉、石の玉

念珠の玉には、様々な素材があります。

代表的なものを大きくわけて、「木の玉」と「石の玉」がありますね。

その他、琥珀、珊瑚、貝、骨など、稀少で珍しいものや高級なものもありますが、割合でいうと少ないので、ここでは木と石についてお話しします。

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (3)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (1)

その数珠の玉って、本物ですか?

本物の素材とは

偽物を掴まされる心配

念珠をお求めの際に、皆さんが心配になることだと思います。

念珠売り場ではたくさんの天然石、木材、珍しい木の実などがならび、宝石の世界でも昔からある話ですが、はたして、本物だろうか?という心配です。

ご年配のおじさんが良くいう台詞ですが「安物はダメだ」というのがあります。つまり、ある程度の値段をのものを買った方が、失敗が少ないと言う意味だと思います。

これは、半分正解ですが、もう半分は危険もはらんでいて、その心理を利用して、粗悪品や偽物でも、高くすると逆に売りやすいという心無い商売をしている輩もいるのは確かです。

「本物」の定義

「おたくの念珠の玉は本物だろうね?」ということも、たまに聞かれますが、これは実に難しい質問です。

なぜなら、今や「本物」の定義が実に曖昧になっているからです。

たとえば昔は、本物の水晶、そしてそれの模造品として、たとえば質の悪いガラス玉、もっと安価な物になると、透明のプラスチック。

ですから、「本物」といえば、いちばん高価で見た目も美しい水晶かどうかということが問われたわけです。

本物より上等な偽物、人工的に作られた本物

近年の場合。

同じく水晶を例に挙げると、天然の本水晶(上等なもの~ランクの低いもの)、結晶を人工精製された本物の水晶、溶錬水晶(という名の綺麗なガラス)、上ハリ(という名の綺麗なガラス)、普通のガラス玉等いろいろ有るわけです。

人工精製された本物の水晶となると、言うなれば養殖みたいなもので、鑑定しても水晶です。天然と養殖の鯛みたいなもので、養殖が偽物というわけでもありません。

何も知らずに溶錬水晶と聞いて「水晶ですよ!」と販売している業者も多く、それは論外だとは思います。 いずれにしてもガラスは偽物の水晶だろう?と聞かれたら、その通りです。しかし、ブラジル産になると、天然水晶だからと言ってもランクの低いものはガラスよりも安いというのが現実で、見た目にも、上質なガラスの方が見栄えがいいということもあります。

ですから、水晶だと騙されたならガラスは偽物ですが、ガラスの念珠を買うという理解の上なら、悪い選択じゃない場合もあります。実は、僧侶向けの装束念珠では、「上ハリ」の名前で、水晶のものよりも、質の良いガラス念珠の方がたくさん流通しています。

ただ、実用的にはとことん使い込んでも美しさを保つのはやはり水晶で、ガラスは硬度低い分、細かい傷で曇ってきます。

天然石

見た目を変えたり整えたり

エハンスメント、トリートメントなどの専門用語がありますが、要するに色味を揃えたり、発色を良くより美しく見せるような処理をすることです。

素材は正真正銘本物でも、原石を掘って削っただけというものはほぼなく、何かしらの処理がされている事がほとんどです。

これによって、自然界では極めて稀少な(または存在しない)ものが、人工的に加熱したり、放射線を照射して作れてしまうのです。

どこまでが本物かというのは、宝石屋さんの言い分があるかと思いますが、ここでは割愛します。当店では、必要に応じて「手が加えられています」という説明はしています。

照射処理ブルークォーツ。
カットや擦り加工など表面も凝ったデザイン。

染色

加熱や放射線だけでなく染料で元の石の色を変えてしまっているものもあります。

たとえば最近は、「○○ジェード」と呼ばれるカラフルな石が沢山出回っておりますが、もちろんジェード(翡翠)の一種ではなく、クォーツァイトであることが多いです。クォーツァイトとは水晶が砂状になって再結合したもので、染料が綺麗に入るので処理しやすいのだそうです。

中には、本当に品質が悪く、ただ単にインクに漬けたようなもの玉もあり、こうなると、手の汗でインクが滲んできたりと、酷いことになります。当然ですが、ここまで来ると当店の商品には使っていません。

メノウの仲間も、結晶構造上、染色しやすいので、色のバリエーションが多いです。

染色については、他の処理同様、どこまでが本物かと定義するのは難しいです。これも、製造工程がしっかりしていて、実用的な耐久性を備えているもので有れば、問題無いかと思います。

木玉

黒檀、紫檀、鉄刀木(タガヤサン)等の一般的な唐木(からき)と呼ばれているものをはじめ、生命樹、その他国産の木などいろいろあります。

これらも、完全なる素挽き(削りっぱなしで完成)というのは、手間も材料コストもかかる上、色味を揃えるのが難しかったり、ある程度予算的な妥協があれば見栄えがしないので、かなりマニア好みの選択になります。ですから、ある程度の上塗りがされていることの方が普通です。

木材は手の脂を吸いますので、よく触るほどに色が濃く、つやが出てきます。しかし、それと同時に上塗りの仕上げ剤が落ちてきますので、種類によってはいったん色が明るくなるものもあります。

その変化も、「味」として楽しめる方もいれば「劣化」に感じてしまう方もいます。「色が剥げたので、偽物だったのかしら?」ということもたまに聞かれますが、手の脂が少ないご年配の方が、頻繁に使い倒せば、手の脂を吸い込むよりも、上塗りが落ちる方が気になるということは十分にありえます。

一般に唐木は、建材の世界では高級品ですが、念珠になるとちいさな端材も使えるほか、木材の質を上塗りなどの加工技術でカバー出来る部分もあり、ずいぶん安く流通しています。定番になるほど、大量生産されているため、価格崩壊していると言うこともあると思います。

「本物の黒檀がこんなに安いわけないだろ?」と言われたこともありますが、それらのような様々な理由で、念珠の場合、それほど高くはなりません。

木の実

代表的なところで、菩提樹の実というのが、あります。
お経の中では「菩提子」と書かれています。

「本物の菩提樹」となると、これまた難しい質問で、過去の記事にもしていますので、ご興味があればご覧ください。

○○菩提樹と呼ばれる素材はたくさんあり、それぞれまったく別な植物になります。

また、原実のまま、丸く加工したもの、色を漂白したものなどいろいろ有りまして、これも、なるべく手を加えない方が好きという方がいますし、高度に加工されたものは本物ではないということもありません。

その他、琥珀やサンゴなどになると、もっと面倒な事情が絡んできますが、これも気になる方は、過去の記事を検索してみてください。

まとめ

本物かどうか?というのは、今はとても難しい質問です。

考えていきたいこと

ひとつは、公称通りの素材かということ。

表示と違うなんて、そんなこと許されるの?と思われるかもしれませんが、念珠の世界では未だにありますし、そもそも騙す気がなくても、通称名がすでに誤解を招く表現になっている場合も多いです。

そこに関しては、できる限りの情報(鉱物的なデータなど)を収集し、皆様にどういうものかお伝え出来ればと思っています。

もう一つは、実用に耐えうるかということ。

いくら綺麗でも、どんなに珍しい素材でも、実用的な強度がない物は排除していきたいと思っています。極端に割れやすいとか、色移りするような粗悪な染色。

ただ、使い方によっては、経年劣化が早い事もありますのでグレーなものもありますが、そこは検証しながら将来も考えて行きたいと思っています。

本物かどうか?

改めて、本物かどうか?について極論で考えますと、天然手つかずの素材か?という意味で質問された場合には、そういったものは、ほぼありませんと答えます。

それぞれの素材について詳しく知りたいお客様の場合は、知りうる限りの情報を提供しています。

人工石や染色したものはどうなんですか?ということになりますと、安心して永年つかえるものであれば、まったく問題無いのではないでしょう、というのが、当店の結論になります。

立場によっては認めたくないというかたもいるかもしれませんが、仏教法具としては、天然素材かどうかというこだわりにはあまり意味を感じません。

また、「天然の未加工に近い素材」が「良い素材」とは限らないということも、重ねてお伝えしておきます。天然の粗悪品もあれば、人工の良品もあるといういことです。

当店ではそのように考えて、念珠の素材仕入を考えています。

私の数珠は、偽物だった・・・

「水晶だって思っていたのに、水晶じゃないの?」
「ヒスイって書いて売ってたのに、翡翠じゃないなんて・・」ということは、実によくあるはなしです。

過去に高い値段で買ってしまったというのであれば、確かにショックかもしれませんが、頂きものであったり、先代から譲り受けたものということになれば、素材自体がどうこうという以上の価値がそこにはあります。

そういった、「私と数珠との関係」における価値というのは、素材の真偽に振り回されることはありません。

「高いモノじゃないのはわかってますが、私にとっては本当に大切なモノなんです」とお聞きして、修理を承ることも多いです。これこそが、大切な心の持ち様だと思いますし、逆に、そんなことにはとらわれませんというのも、また仏教らしいあり方ですね。

ご購入の際、気になることがあれば、知り得る限りの情報提供はしますので、お気軽にお問合せください。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (12)
  • 興味深い (7)
  • 考えさせられる (8)
  • なるほど! (1)

お客様と共に作る、もっと自由で楽しい数珠

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

オリジナルの念珠を作りたい

というご要望は意外にも多く、あれこれ玉や房を選んで自分だけの念珠にしたいというお問い合わせは頻繁にいただきます。

これ、すごくいい雰囲気だと念珠屋としては感じているんですよ。

なぜ、今までの念珠はダサかったか

以下、どこかの教科書に書いていたわけではないのですが、僕の個人的な考察です。

はっきり言ってしまえば、売り手の怠慢だと思うんです。なるべくお客さんに知識を持たせないで、安い材料で同じものを大量生産して高額で売る。その方が楽に儲かるんです。

その点、車なんかはは社内でもデザイン、安全性、走行性能、最近では環境性能なんかも十分審議検討されて、マーケットに流れればその反応から、また、よりよいものが出来ています。

昭和の時代、数珠の世界ではその流れが無かったのです。
買い手の方も、こんなものだと押しつけられると、こんなものかと思って買っていました。

実は、変わりつつある念珠業界

「長岡さんのところだけ特別!」みたいに言っていただけることが多いのですが、意外にも最近は老舗もオシャレな念珠を開発しています。

車や家のデザインもそうですが、念珠業界でもなんとなくトレンドがあり、アシンメントリーな配列や男性でもやや小ぶりの玉を使う傾向がありますし、従来は価値があるとされた共仕立(すべて同じ素材)よりも、個性的に素材をミックスしたものも多くあります。

うちが特別なのは、ハイセンスなデザインを売れることではなく、一人ずつお話しを伺ってから商品を提案したり、時には新たにデザインを起こせる事です。

若い世代に伝わる念珠を

先日いらした素敵な姉妹のお客様と一緒に作った念珠はこんなデザインになりました。
小さな赤ちゃんを抱っこしてこられた、若い世代の方です。


お客様のセンスを組み合わせて、今までうちでも作ったことがない新しいデザインが誕生しました。
(左)数種類のカラフルな唐木に本瑪瑙(めのう)仕立、(右)欅(けやき)と玻璃インカローズを交互にセット。
どちらも、素材の色なじみがよく、個性的なのにしっくりくる可愛らしい念珠になりました。

中村勘三郎の有名な言葉で、型がある人間が型を破ると「型破り」、 型がない人間が型を破ったら「形無し」というのがあります。

そこ行くと、頭が固い僕らよりも、固定概念のないお客様のほうが案外簡単に型を破ってくれることがあるのですが、脈絡なく自由に作るだけでは「形無し」の念珠になってしまいます。
それを、経験や知識をもって「形無しなアイディア」→「型破りな念珠」に仕上げていくのが、自分たちの仕事だと感じています。

「あー、これカワイイ!」から始まる念珠

念珠を楽しむのは不謹慎と思っている方もかもしれませんが、それを言ってしまったら、立派な仏壇やお寺の伽藍(がらん)は要りませんし、お坊さんの袈裟(けさ)だって本来はボロ切れでも良いはずです。みんな人間の都合で有り難く思ってもらえるように立派になったものです。

でも、そうじゃないと、大事に出来ないという人間は弱い性質なものですから、そのように進化してきました。
お気に入りの念珠を持つことは決して悪いことではないと思っています。

いくら買ってももっと高価な念珠が欲しい、他人の念珠より劣っているのが悔しいとなっては仏教的にも本末転倒ですが、「この念珠は素敵だな」というところを機縁に、仏教に親しんでいただければ何よりです。

市販の念珠もオシャレになりつつあるとは言っても、致命的な欠点があります。
それは、お使いになる方のためだけにデザインされたものではないということです。

本当に欲しいのはカワイイ念珠ではなく、仏教に少し前向きになれたという気持ちだったり、念珠にまつわる自分や作り手の想いの方かもしれませんね。

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (9)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)

「石の効果」で数珠(念珠)をお探しの方へ

※(当ブログでは、念珠=数珠として書いています。文脈上の理由などから混在することがありますが、ご了承ください)

この石はどんな効果がありますか?

購入時によくある質問です。具体的には、「仕事が上手くいくには?」「健康に不安がある」「娘が良い結婚相手に会えますように」というような事があります。

また、誕生石のファンも多く、「私は2月生まれなんですが、アメシストの念珠はありますか?」ということも、よくお聞きします。

結論から申し上げますと・・

私たちは石の効果を売り物にしません

本当の事を言うとがっかりされることが多いのですが、基本スタンスとして仏教の法具を売る立場では、不確かな「効果」の部分を売り物にすることはありません。

それでは、人気のパワーストーンと仏教の数珠は何が違うのでしょうか。

パワーストーンの流行

続きを読む

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (29)
  • 興味深い (5)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (6)

ブレス念珠教室 4月2日開催

かねてからお知らせしておりました、ブレス念珠教室の開催日が迫ってまいりました。
お席はまだありますので、ギリギリの申し込みでも大丈夫です。
まだ迷っている方がいらっしゃったら、この機会にご参加ください。
お会いできるのを楽しみにしています!

こちらのお申込みフォームをご利用ください。
その他、メール、電話、その他フェイスブック等のSNSメッセージでも構いません。

平成29年4月2日(日)
参加費(材料費込み)2000円
→詳細はこちら

材料の仕分け準備なども少しずつ始めております。
出来るだけたくさんの種類から、お好みの素材を選んでいただきたいと思っています。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

爽やかな飾り編みのシラカバ念珠

IMGP2609

先日ご注文いただいたシラカバの念珠ブルー系の濃淡で、遊び心を持った房でというリクエストがございました。
以前にも似たような縛り方をしたものを、念珠でアートということで当ブログでも紹介させて頂きましたが、それを元に仕立てました。

今回は、女性の方がお使いになるということで、組目があまりゴツくならないように、紐の半分は組まずに中を通して全体的にスリムに仕上げています。写真では見えづらいですが、濃いブルーと、ごく薄い水色とアイボリーの3色仕立てです。

シラカバ販売から丸1年半となりましたが、残り2本を持って生産終了とさせていただこうと思っています。
ただ、検品で弾いた、杢目のきついたまが若干数ありますので、これはこれで別なアイディアをひねりたいと思っています。シラカバの真っ白に近い木肌のイメージに合わないというだけで、木目もまた面白い素材なのです。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ベリルの加工しております

昨日の記事でご紹介したマルチカラーのベリルですが、お陰様で好反応をいただきましたので、さっそく加工に入りました。

IMGP2639

輸入された材料は、仮通しの糸が通る程度の穴はあけられているものの、念珠に使えるような加工ではありません。
ガタガタの穴をまっすぐに直し、念珠用中糸の適正番手が通せるように穴を広げます。穴の際が鋭くなっていると中糸が切れやすくなってしまうので、角を落とします。木工と同じで、「面をとる」という言い方もしますね。
さらに、削りっぱなしでは削面が白くなってしまいますので、石の硬度に合わせて特殊な砥石ビットの番手を上げながら磨いていきます。
このような作業を一粒ずつやるので、結構な手間といえば手間ですが、これで、使い心地も、耐久性も全然ちがいます。透明な水晶や虎目石、瑪瑙など、念珠玉としても定番の材料は、きっちり加工されて非常に質の高い加工をしてくれるところがあり、そういった定番品は、うちでもそういった業者から材料を仕入れていますが、このように珍しいもは、念珠を前提として加工されたものはありません。

比較的安価に売られているものは、石の名前ばかりを強調し、素材のグレード、仕立ての丁寧さには触れていないことが多いです。うちで修理として預かる念珠のなかにも、こういった輸入材料で仮加工のままの状態で無理やりテグス等を通して輪にした念珠を預かることがあります。直してもすぐに切れたと2往復する場合もありますが、申し訳ありませんが、状態の悪い玉ではある程度しかたありません。値段の問題ではなく、余程思い入れがある念珠でしたら、このように玉自体を加工して調整することもできます。
「亡くなった母が残した唯一の形見で、これからも使っていきたい」というようなパターンのご希望もけっこう多く、少々手間代をいただきまして、手を入れさせてもらうこともあります。

あらゆるご要望に何とかお応えしたいと思い、そこまで相談になってくれる念珠屋は本州でもなかなか無いんじゃないかと思います。おかげで、無理難題を持っていらっしゃるお客様が後を絶ちません。笑
しかし、手間のかかる仕事に限ってお客様の思い入れが強いことが多く、心情的にこちらもあまり高い値段をご提示できないのが辛いところではありますが、精一杯の対応はさせていただきたいと思います。

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (8)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (4)
  • なるほど! (1)

マルチカラーのかわいい材料 ベリル(緑柱石)

IMGP2632

日本名では緑柱石(りょくちゅうせき)、英名ではベリルと呼ばれています。
鉄、クロム、パナジウム、マンガンなど含まれる金属によって色が変わります。
ベリル自体は、あまり有名ではありませんが、色ごとに固有の名前が付けれています。

青:アクアマリン
緑:エメラルド
ピンク:モルガナイト
黄色:ヘリオドール
白:ゴシュナイト

アクアマリンやエメラルドは宝石の世界でもよく知れた名前ですね。ちょっと天然石に興味のあるかたならピンクのモルガナイトも女性向けのアクセサリーに使いやすい色なので、聞いたことがあるかもしれません。そうそうたる名前で、これを念珠にしたら何十万円になるの?と思う方もいるかもしれませんが、単体で宝石として扱われるには、透明度やインクルージョン、クラックの条件が厳しく、この材料はそこまで高いグレードのものではありません。ただ、ほどよい曇りが逆にパステル調になって可愛らしくも見えます。
まだ、この状態では穴回りなどの処理が甘く、商品としてだせませんが、遠からず女性用の念珠として仕立てて、ご紹介したいと思います。

おかげさまで、仕事が立て込んでしまい、こういった趣味性の強い楽しい作業はなかなか進められませんが、他にも続々とオリジナルの新作を企画中ですので、どうぞご期待ください。

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (5)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (2)

ブラックシェル男性用仕立てました

ブラックシェルという名の材料で仕立てました。
その名の通り、「黒い貝」なのです。ブラックシェル3

一般に黒蝶貝が使われますが、貝の種類までは断定できませんでした。女性用の定番で白蝶貝はよく使われますが、これらは、マザー・オブ・パールと呼ばれて真珠の母貝です。そのほかにも、このような虹色が見られる種類は多く、夜光貝やメキシコ貝もありますが、それらは、漆工芸の螺鈿細工によく使われます。

こちらのブラックシェルは、樹脂で圧縮しているため価格はお手頃でありながら、透明樹脂ですので、貝の自然な虹色が楽しめる玉です。
木の念珠じゃつまらない、天然石の念珠は重い、と思っていた方にもぴったりです。貝なので見た目よりは軽いのですが、高級感と重厚感があります。

価格5000円
ネットショップ

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

金曜石という表記について

今まで【黒曜石】と表記していたものですが、【金曜石】に改めました。

金曜石という名前はおそらく造語で自然発生したものだと思いますが、ヨコ文字だと「ゴールデン・オブシディアン」という石です。
オブシディアンというのは黒曜石のことで、火山活動によって自然界のガラスです。いつの間にか、金曜石という名前でも、この石を検索できるようになったので、ある程度名前が浸透している証拠でしょう。その名前が正式かどうかという議論は別な機会にやることにして、基本的には、イメージしやすくわかりやすい表記を優先したいと考えております。

現在、天然石と呼ばれているものは、石自体は確かに天然でも、ほとんどのものが色調整をするために手を加えられています。この金曜石についても、詳しい工程までは把握していませんが、現在流通しているものは、ある程度の加工がされたものであるのは間違いありません。
その内容は、自然界で起こりえる環境を人工的につくりだして、発色を良くしたり、安価な手法だと、単に染色しているものもたくさんあります。

以前は、人工的に加工された石をどうも好きになれませんでしたが、最近では、そういうものだと理解した上で楽しむという考え方に変わってきました。繊維だって天然の麻や絹の原色だけが本物というわけではなく、様々染色も含めて楽しむ習慣があります。そう考えると限りある天然石を、より美しく、よりバリエーションを持たせて楽しむことは、別に悪いこととは感じなくなりました。

こういった、視覚効果のある石は、実物を見ないとなかなか伝えるのが難しいのが残念です。

67376083_o1

お気軽にボタンを押して応援してください!(SNS等とは連動していません。店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (0)