良い念珠を持ってほしい その2 全3話(の予定・・)

その1では、念珠そのものの良さについて書きました。

次に考えたいのは、その人にとっての価値です。
念珠修理の依頼で結構多いパターンが、「直すより買った方が安い」という場合です。これは念珠に限らず、電化製品などでもみなさん経験していることだと思います。

しかし、電化製品と違うところは、念珠には思い入れがある場合が多いのです。
「亡くなったお父さんが唯一残した形見」、「お母さんが嫁入り道具として持たせてくれたもの」、「旦那さんを亡くした縁で購入したもの」理由は人それぞれですが、物質的な価値で判断できないことも多く、そうなると「買った方が安い」は大きな障害になりません。切れた状態でしまっておくよりも、綺麗に直して使った方が良いと思うのです。また、その1連の思い出の念珠が今を生きる者の合掌する機縁となることは素晴らしいことだと思います。

うちでお買い上げいただく念珠の中でも、実は意外と多いのが贈答用です。お寺からお檀家さんへの記念品だったり、何かのお礼、社会人になった息子へ、お姑さんからお嫁さんへ・・等々、こういった念珠は、機会あるごとに、「あの時にいただいたものだな」という想いがいつまでもついて回ります。また、自分で購入したものでもよくよく選んだものであれば、「若い時にすごく気に入って買ったの」と思い出を語ってくださる方も少なくありません。そういった方がお持ちの念珠は「良い念珠」だな、とお預かりするときに感じます。

新品を買っていただくよりも修理は手間がかかって利益が少ないので、嫌う業者が多いと思います。しかし、僕は「想い」という付加価値がついた念珠を直していきたいと思うのです。「良い念珠」を残したいからです。後世の人にとって「良い念珠」の存在は、一節の法話よりも意義深いものになるかもしれないと思うからです。
また、時代のニーズを考えると、物質的な満足感はすでに飽和状態で、「想い」に価値を見出す時代な気がします。たとえば、ボーナスが上がったので購入したという新型ロレックスより、じいちゃんが使っていた腕時計を修理して今も使っているという話のほうが羨ましいと思いませんか。

修理はもちろんのこと、新品をお買い求めの際には、じっくりと気に入ったものを選んでいただきたいなと思う理由です。

「良い念珠を持ってほしい」その3へ続く・・

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

良い念珠を持ってほしい その1 全3話(の予定・・)

「良い念珠」の定義というのは、難しかったり、繊細な問題もあります。

まず、わかりやすいのは、物理的に良質なものです。素材の質が良く、玉の加工が良く、仕立てが良いもの。当然値段はそれなりに高くなってしまいます。良い意味で「気持ちの問題だから質は関係ない」という方もいますが、僕の考えとしては、念珠は「身だしなみ」という意味合いも強く、人は想いを形にすることで改めて自覚する面もあるので、身だしなみを整えることは大切だお思うのです。たとえば、ビジネスマンの世界では髪型、服装、使っている財布やペンの質まで良いものを求めることは、信頼を得るツールであり自分のモチベーションを上げる方法でもあります。女性の化粧やアクセサリーだって同様です。ところが、お葬式会場に行くと立派な礼服に高級そうな革靴、ブランドの腕時計をしているのに、房もすっかりくたびれたプラスチック製の念珠を持っている方は意外と多く見かけます。
お金さえかければ良いという意味ではなく、バランスの問題です。この例で考えると、ほかの部分は立派なものを身に着ける余裕があるのに、明らかに念珠に関しては無頓着なことが伺えます。

前回の法事から念珠袋に入れっぱなしで、急なお通夜で取り出してみると、房がコッタコタに折れ曲がっていたという経験はないでしょうか。こんな時は、お湯を沸かして蒸気を当てながら少しテンションをかけて整えることで、きれいに伸びます。(いずれ詳しく解説したいと思います。)玉の間や、房の付け根など、切れかけた部分があるときは切れる前に仕立て直しをお勧めします。房の汚れ、変色、色あせは、新しい房に交換しなければいけません。

みなさんも、何もない時こそちょっと気にして、お手持ちのものが「良い念珠」かどうかチェックしてみてくださいね。

~~良い念珠の話、その2に続く

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

金曜石という表記について

今まで【黒曜石】と表記していたものですが、【金曜石】に改めました。

金曜石という名前はおそらく造語で自然発生したものだと思いますが、ヨコ文字だと「ゴールデン・オブシディアン」という石です。
オブシディアンというのは黒曜石のことで、火山活動によって自然界のガラスです。いつの間にか、金曜石という名前でも、この石を検索できるようになったので、ある程度名前が浸透している証拠でしょう。その名前が正式かどうかという議論は別な機会にやることにして、基本的には、イメージしやすくわかりやすい表記を優先したいと考えております。

現在、天然石と呼ばれているものは、石自体は確かに天然でも、ほとんどのものが色調整をするために手を加えられています。この金曜石についても、詳しい工程までは把握していませんが、現在流通しているものは、ある程度の加工がされたものであるのは間違いありません。
その内容は、自然界で起こりえる環境を人工的につくりだして、発色を良くしたり、安価な手法だと、単に染色しているものもたくさんあります。

以前は、人工的に加工された石をどうも好きになれませんでしたが、最近では、そういうものだと理解した上で楽しむという考え方に変わってきました。繊維だって天然の麻や絹の原色だけが本物というわけではなく、様々染色も含めて楽しむ習慣があります。そう考えると限りある天然石を、より美しく、よりバリエーションを持たせて楽しむことは、別に悪いこととは感じなくなりました。

こういった、視覚効果のある石は、実物を見ないとなかなか伝えるのが難しいのが残念です。

67376083_o1

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (3)
  • 考えさせられる (1)
  • なるほど! (0)

念珠をアートとして楽しむ

仏教の法具と言うだけで、非常に保守的なイメージがある念珠ですが、実はもっと自由だということが、今まで蓄積された情報からわかってきました。
作法としての決まり事も意外と曖昧なことも多く、歴史的に見ても随分形を変えてきました。それは仏教的な意味合いだけでなく、単に実用的だったり、デザイン的なトレンドという流れもあるようです。

新素材という発想で新しい念珠を考えると、それは非常に道のりは遠く、商品化は困難なことではあります。しかし、既存の素材だって、数えきれないくらいあるわけですから、その組み合わせ方、使い方次第、無限の可能性で楽しむことができます。その感覚はもはやアートの世界だと考えても良いのではないでしょうか。

蓮如結び

この写真は、僕がここ数年自分用として使っているものです。
玉はシャム柿という、珍しくもない木の玉ですが、紐の結び方で遊んでみました。
つゆ結び、蓮如結び、角編み、釈迦結びというのを組み合わせて作った、創作結びです。
手にもって動かす念珠の結び方は、水引アート等と違い、実用的にも動かしても型崩れしずらいということも必要です。
3年間ほど、ずいぶん使いこんでいますが、ほどけることもなく、全く問題なさそうですね。

 

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (5)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

カラフルな女性用念珠

今日の昼下がり、女性向けの念珠が品薄になってきたので、在庫用に少し作り足しました。
お寿司やさんが桶に並べるときも、マグロ、サーモン、イクラなどと、赤いネタが続かないように、赤白交互に並べるほうが華やかに見えると聞いたことがあります。念珠もやっぱりそうで、同系色を並べないように、赤ピンク系、青緑紫系、黄茶系をバランスよく陳列すると、とてもカラフルでお互いがお互いを引き立て見栄えします。

IMGP1998

 

着物に合わせたいという方もいますし、ピンクは持ってるから、次は青っぽいのが欲しいと選ぶ方もいます。接客をしていて感じるのは、女性の好みと言うのは難しく、条件でカテゴライズすることができません。ピンク系が好きといっても、こういう感じのピンクは嫌とか、微妙なお好みがそれぞれにあって、どのジャンル?どのグループ?どういう系統?と条件を絞ってお勧めを導き出すのは難しいですね。最後には突拍子もないものを選ぶ方、商品をお渡ししてから、後日、やっぱりもう一つの方と交換してくださいと言われることも珍しいことではありません。

「あなた~、今日のお参りには、こっちの念珠がいい?それともこっち?」と、奥様に聞かれたら、殿方はどう答えますか?

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

北海道の念珠が四国へ

いつも大変お世話になっている香川県の興正寺高松別院様にて、今年の報恩講でも当店の念珠が販売していただけることになりました。
北海道、冬の行事が難しいため、この浄土真宗の報恩講の他にも、ほとんどの法要はが秋に集中して行われます。従って、この時期は念珠屋としても正直「ヒマ」な時期であり、こうして少しでもお仕事させてもらえるのは大変ありがたいことです。

北海道の真宗興正派の住職さんの苗字を伺って、聞きなれなくて珍しいなと思うと北海道開拓の頃に四国から来ていることが多く、遠く離れていますが、意外と縁の深いところなのです。

もう、数日で出荷できるよう、予定したものを追い込みで制作中です。
四国の方々(たぶん、お寺さん関係者以外だれも見ていないと思いますが・・)、お参りに際にはぜひご覧になってくださいね。

たかまつ

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

SNSのボタンを付けました!

果たして、本当に機能しているのか、正直よくわからないことだらけですが、興味深いと思っていただけたら、ぜひお友達にもおすすめいただきたいと思い、主要なSNSのボタンをつけました。SNS内の記事と違い、ブログにコメント書くのはなかなか勇気のいることかもしれませんが、ツイッターやフェイスブックをお使いでしたら、ぽちっと応援してくれるとうれしいです。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ネットショップ少しずつ・・・

かなり早い段階で見切り発射してしまったネットショップですが、時々のぞいてくださってる方(が、いるかどうかはわかりませんが・・)は、見ての通り、少しずつ、デザインや内容の更新と商品の登録数を増やしています。

それにしても、「数撃ちゃ当たる」系の商売をしている店と違い、うちの場合、見てくれる人はかなり質の高いお客様にちがいない。そうなると、「何でもいいから安くて見た目が気に入ればいいんじゃない?」という買い物をするはずもなく、そのへんが顔を見てお話するなら簡単ですがネットショップ上で、どのように表現をしていくか悩みながら作っています。悩んだところで、わりと普通のことしかできないのですが・・

ネットショップのページをみて、意味が解らない、買い物しずらい、こんな商品もおいてほしい、こういう説明が欲しい等、気になる点ありましたら、ご指導いただければ幸いです。といっても、買い物するわけでもないの言いずらいということもあるかもしれませんが、全然気にしません。何か気付いた方は、遠慮なく教えてください。

商品数は、もう少し増やしたい気もしますが、やたらめったに増やしても選びずらくなる気もします。「売れ筋」というのは意外と決まっているものです。
「品揃え」を売り文句にするのは一種の販売手法で、品揃えナンバー1を謳えば、「ここで探せば、一番効率よく一番いいものを見つけられる」という心理が働きますが、それは、従業員に暇をさせない大型店に向いている方法であり、個人の小さな商売の場合、売り上げに見合わない経費がかかり、大量の不良在庫のリスクも考慮しなくてはいけません。

僕のイメージでは、正直、ネットショップの売り上げは限りなくゼロに近くてもいいと思っているのです。
カフェの玄関先に、黒板などを使って、主要なメニューと値段を書いているところがよくありますよね。それによって店の相場と好みのものがあるか、ある程度想像できて、何もないより格段に入りやすくなると思うのです。情報がない場合、高級な店構えだと懐の心配をしてしまうし、安っぽい雰囲気では、満足できる味なのか不安。どっちにしても、入りずらくなってしまいます。
うちのネットショップは玄関先の黒板のような役割で、なんとなくでも相場と素材の種類を見ていただき、ご予算と好みのイメージをしていただけば、有り難いところです。その上で、ショップ上でカートに入れなくても、直接相談なり、実際に触ってみたいということになれば、それはそれはうれしいことですね。

普通のネットショップは電話やメールの問い合わせを嫌います。手間がかかるからです。だから売れるものは全て掲示して、するべき説明は小さな字ですべて書きます。ネット上では壮絶な価格競争がありますので、サービスの量も質下げ、商品の質も下げ1円でも安くうります。しかし、どう考えてもうちのやり方には合いません。ネットショップとしてはいたらない点が多いかも知れませんが、ぜひ小さなことでも遠慮なくご相談ください。

長岡念珠店ネットショップ
http://nagaokanenju.shop-pro.jp/

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

日蓮宗の数珠

日蓮宗の数珠について、総本山である身延山久遠寺様に問い合わせたところ、関係機関である日蓮宗宗務院様よりお返事をいただきました。
質問の内容だけでなく、『日蓮宗辞典』よりの抜粋で、詳しい資料もいただき感謝しております。

念珠に関する資料が少ない他宗とは違い、結構詳しい記録も残っているようです。
鎌倉期より室町末期頃までのものは、現存する遺品等からみても現在とずいぶん形が違ったそうです。その後、実用的に改良がくわえられ、現在の形に至ったということです。また、どの宗派でもそうであるように、五条、七条の袈裟をかけると装束念珠を使うほか、実は、北海道内の日蓮宗で、独特の変形型を使っているお寺があり、そのルーツを知りたかったのですが、宗派としては、修法師が祈祷の時に房の長いものを使うことぐらいしかないようです。北海道開拓以降、何かのきっかけでリージョナルスタイルができたのかもしれません。

ちなみに、一般の日蓮宗檀信徒に関しては、日蓮宗檀信徒用勤行数珠(詳しくはお問い合わせください)を推奨しており、その他の略式や一輪の念珠は推奨しないという回答でした。やはり他宗よりも、本式へのこだわりが感じられるため、日蓮宗の方はぜひご参考になさってください。

昔はけっこう、日蓮宗でも数珠を擦り合わせてジャラジャラと音を鳴らす人がいました。これは密教の修法や山伏修験の作法に始まることで、日蓮宗としては間違いと聞いたことがありましたが、資料には、「常には用いない」と記述されています。お寺の関係者にお尋ねしたところ、資料には明記されていませんが、お勤め中、お経がずれたときなど、合図をするために鳴らしたりするそうです。まさに、「常に非ず」の時に鳴らすことものあるのですね。こういう「隠」の部分というのは本だけではわからないことが多く、とても面白いと感じます。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (2)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (2)

助っ人登場!

近日出荷分が混んできたので、昨年から時々アルバイトに来てもらっている方に、出動していただきました。
いつもは、桐箱の用意や糸の処理など副資材の雑用ばかりお願いしていたのですが、器用でとても丁寧にやってくれるので、今年は念珠の編み込みや房付けも、少しずつ覚えてもらいたいなと思っていたところでした。

期待通り呑み込みも早く、一回教えただけでご覧の仕上がり。
うちの商品として問題なく出荷できます。
子供3人の相手をしながら作業を進めるのは本当に体力のいることで、機嫌や昼寝のタイミングが悪いと全然作業が進まないことがあります。忙しい時に限って、かまって欲しさにダダをこねるものです。
そんなわけで、ここぞっていうとき来てもらえて、とっても助かっています。

IMGP1988

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)