ただいま執筆中

いつも大変お世話になっている小樽仏教様より、原稿の依頼がありました。今年の広報に掲載されるもので、念珠の話かと思いきや、テーマは「親子」ということでした。

年末のうちに叩き台を仕上げ、表現が不適切でないか吟味し、文章のボリュームを調整しているところです。もちろん我が家の子育て奮闘中の様子を知っての依頼ではありますが、こうして改めて文章にしてみると、普段はざっくばらんにフワフワしている自分の思いというのが、(特に文字数の制限があるので)要約、整理されます。
「親の心、子知らず」とはよく言ったもので、これだけ毎日大変な苦労をしても、苦しいのは自分ばかりだと思ってしまうものです。自分もまた子供であり同じ苦労を自分の親もしてくれたということになかなかつながりません。
親孝行したい、親には世話になったと口で言うのは大人になれば簡単です。しかし、ともすれば生意気な言いがかりを親に対してふっかけることもあります。本当に心底頭がさがるという思いには、なかなかれないものです。

そんななか、日頃どんな思いで子育てに臨んでいるかという思いを、素直に綴っています。
冊子は、毎年花祭りの頃(4月上旬)に配布されるそうです。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

シラカバの念珠

 

北海道産のシラカバで作った念珠です。
何か北海道らしい念珠を作りたいと思い、色々試行錯誤した挙句、初めて商品化したものです。玉の大きさはたくさんの種類を作れませんでしたので、片手の22玉一種類で、男性用としては標準のサイズ、女性用にしては少し位大きいのですが、紐や房にピンクを入れたり、写真のようにローズクウォーツ仕立にして可愛らしく仕上げています。

2011年から材料の乾燥に入り、翌12年の春、玉を削りました。
同年発売された雑誌『northern style スロウ』vol.32に掲載していただいて以来、長くご注文が続いている商品です。こちらの白樺の玉は、多少の在庫はございますが、無くなり次第販売終了とさせていただきますので、ご興味がございましたら、お早目にお問い合わせください。

 

通常、木の玉はワックスで表面を仕上げますが、こちらは「素挽き」といって、木を削っただけの仕上がりになっています。ここまで白い木を念珠にすることはあまりないし、ましてや素挽きにする事はありません。手の油ですぐに色が変わってしまいますからね。しかし、木のぬくもりを直に感じて頂きたいことと、使いこむごとに色が変わる風合いを楽しんでいただきたかったので、あえてこのような仕上げにしました。仏教では諸行無常と言い、あらゆるものは常に変化することをいいますが、念珠もまた無常なものだとシラカバを触りながら味わっていただけたらと思っております。

白樺ローズ3

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (1)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

女性用の念珠を掲載します

今夜は、女性用でも特に二輪念珠を中心に何点かネットショップにアップする予定です。二輪が正式、一輪が略式と勘違いしている人も多いようですが、二輪でも真言宗型に房をつけたものを「振分け」または「八宗用」とも呼ばれ、どこの宗派でも使える略式ということになっています。北海道の女性型としてはは一番普及している形かもしれませんね。しかし、日蓮宗は正式へのこだわりが強く、認めていないようなので注意が必要です。「どの宗派でも使える」というと都合よく聞こえますが、逆の言い方をすれば「どの宗派にとっても正式ではない」とも解釈できます。浄土真宗の本願寺派では、女性も一輪の切房をおすすめしています。
ただ、一般に着物を着たときには二輪を持つ習慣が日本では古くからあり、この形は一つ持っていても便利なのかもしれません。
ピンクラ八宗白1

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ブログを書き始めるにあたって

現在使っているSNSといえば、僕の場合はfacebookがメインです。
従業員を抱えるような会社でもなく店も個人もイコールですので、はたしてfacebookの他にブログを併設する必要があるのかということで、しばらく様子を見ていました。その他、mixiはずいぶん前に面倒になり退会していまい、ツイッターもこのご時世スマホで常時チェックしなければ、一日家を空けて帰ってからパソコンでチェックでは、とてもログを負うことはできません。(頑固一徹ガラケー信者なのです)
facebookは、随分と普及しましたが、同級生など手あたり次第リクエストを出しまくった後はほとんど放置という人も増えてきました。意図的に避ける人も少なからずいます。なんとなく、日常のさりげない話題というのは単なる内輪ネタで終わってしまい反応が薄くなります。特に熱く語ることがない人、または内容の濃い文章は読むのが疲れるという人はどんどん淘汰され、現在のfacebookヘビーユーザーは、何かしらの主張、表現、情報収集と意図をもって使っている人が多いように思います。そういった方は比較的積極的に情報を集めますので、どちらかとうとそうではない方に知っていただきたい念珠のことが色々あるのです。
広く情報をばらまきたいということと、facebookが何年かでまったく消えてなくなるということはないでしょうけど、自分の記録保存としてブログを始めることにしました。

そして、今やるならやっぱりワードプレスを無視できません。
頑張って使ってみることにしました。普段の印刷物やホームページはお客さんの層を考えて、ダサくても見やすいレイアウトを心がけていますが、このブログはちょっと都会チックでおしゃれなテーマを選んで少しカスタマイズしました。(それでもダサイとか言わないでください・・)気分や季節によって時々換えてみるかもしれません。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ネットショップ始動しました

 

ネットショップをとうとう立ち上げました。
今時、商売をしようと思うと、ネットで売るというのは最初に考えそうなことですが、自分の商売が5年目に差し掛かりようやく動きはじめました。

IMGP8702

制作前の材料

今までやらなかった理由としては、第一にとんでもない手間がかかること。もちろん、外注して採算が取れるような業界ではありません。そして、その分売り上げにつながっていけばいいのですが、念珠が必要だと感じたときにネットで探してみようというお客さんがどれくらい割合でいるのか想像がつかなかったからです。なにせ、御想像の通り、お客さんの多くはご年配の方が多いものですから。
ところが、3年目くらいから、「ホームページをみたんですが・・・」という問い合わせが思いのほか多く、遠方から口頭のやり取りだけで注文してくださる方、わざわざうちまでお越しいただく方もたくさんいらっしゃいました。
買い物をする立場で想像すると、値段の相場もわからない店にわざわざ電話して出向くというのは、すごく勇気のいることです。それがこれくらいのペースでいらっしゃるなら、ネットショップの価値は十分にあると考え、この度立ち上げに踏み切ったのです。仮に、ネットショップ上の直接の売り上げがなくても、千円で買えるものあれば1万円のもあって、それらはこれくらいの内容のものだというある程度のイメージを持っていただければ、それだけでも効果ありと判断できると考えています。

しかし、まだまだ簡単な箱ができたような段階でまだまだ見栄えのする状態にはなりません。肝心の商品を並べるのは、本当に骨の折れる作業です。少しずつですが掲載商品が増えていきますので、暖かく見守っていただければ幸いでございます。

長岡念珠店「ホームページ」
http://nagaokanenju.com/index.html

ネットショップ
http://nagaokanenju.shop-pro.jp/

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ショップブログを開設しました!

ウェブショップの立ち上げを機縁に、ブログも併設することにしました。これは固定の情報を公開するホームページとは違い、最新情報、時事、念珠その他取扱商品に関することなどを、主観を込めながら徒然なるままに綴っていく予定です。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)