良い念珠を持ってほしい その3

その1では、加工や仕立、素材の質など物理的に優れた念珠、
その2では、手に入れる経緯や、持ち続けたことによって思い入れのある念珠の話を書きました。

そして、その3として最後に信じてほしいのが、自分の直感です。
これは決して、石のパワーがあるとかご利益がありそうとか、そういう類の話ではありません。

たとえば僕は長年ギターを弾いてきて、これから始めたいという人に、どのギターを買えばいいの?と質問されることもしばしばあります。楽器として一般的な論点で優れているかどうかは助言してあげることができます。しかし、最後には、自分で抱えてみて、シックリくるボディやネックの形、曲なんか弾けなくてもいい、ポロンと鳴らしてみて心地よいもの、そして、カラーリングやパーツの質感など、ルックスも好きなもの、そういったギターが見つかれば、それに勝る答えはありません。

念珠をお買い求めのお客様も「私わからないので・・」と、控えめな方も多いのですが、素敵なルックスの念珠に一目惚れしたら、ぜひ、触ってみてください。暖かい玉、冷たい玉色々あります。左手で持ってみてください。手にかけて合掌してみてください。
そして、「あぁ、こういう感じいいなぁ・・」と思えるものに出逢えば、ほとんど決まりです。
合わせて、ご予算にあわせて、宗派について、どんな素材なのかということは、疑問なことはご質問していただければ、さらに、答えに近づけると思います。

恋愛によく似てますね。カワイイ、カッコイイ、近くにいて気持ちいい、これからも一緒にいたいと思うことが重要で、年上で年収いくら以上、身長いくら以上、たばこギャンブルしない人と条件を決めてかかっては、素敵な出会いを逃してしまいかねません。

そういう意味では、本当は婚活サイトのような念珠のネットショップをやらないで、店舗営業に力を入れた方がいいのかもしれませんが、急に告白できないタイプの人が居るように、念珠も、急に求めて近寄るのは勇気のいることだと思いますので、ネットショップを作っています。もちろんお好みのものがあれば、そこでポチってしてもらえればうれしいですが、ネットショップで偵察してから、お近くの方は、うちで実物を触って頂くというのが、上手な買い方かもしれませんね。

コストパフォーマンスの良い商品を提供したいという経営観点から、店舗営業はしてません。自宅兼、事務所作業場になっておりますが、事前にご連絡いただければ、実際にお手に取ってご覧いただくこともできます。(実は、かなり頻繁に多くの方がいらっしゃいます)当面は、3人の子供たちが賑やかにしており、ご迷惑おかけするかもしれませんが、どうぞ声をかけてください。

どうぞ愛着のもてる念珠と出会ってください。
ちなみに「愛着」は仏教的には悪い意味ですが・・笑

以上を持って、僕なりに感じている「良い念珠」の3つのお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。