ネットショップ少しずつ・・・

かなり早い段階で見切り発射してしまったネットショップですが、時々のぞいてくださってる方(が、いるかどうかはわかりませんが・・)は、見ての通り、少しずつ、デザインや内容の更新と商品の登録数を増やしています。

それにしても、「数撃ちゃ当たる」系の商売をしている店と違い、うちの場合、見てくれる人はかなり質の高いお客様にちがいない。そうなると、「何でもいいから安くて見た目が気に入ればいいんじゃない?」という買い物をするはずもなく、そのへんが顔を見てお話するなら簡単ですがネットショップ上で、どのように表現をしていくか悩みながら作っています。悩んだところで、わりと普通のことしかできないのですが・・

ネットショップのページをみて、意味が解らない、買い物しずらい、こんな商品もおいてほしい、こういう説明が欲しい等、気になる点ありましたら、ご指導いただければ幸いです。といっても、買い物するわけでもないの言いずらいということもあるかもしれませんが、全然気にしません。何か気付いた方は、遠慮なく教えてください。

商品数は、もう少し増やしたい気もしますが、やたらめったに増やしても選びずらくなる気もします。「売れ筋」というのは意外と決まっているものです。
「品揃え」を売り文句にするのは一種の販売手法で、品揃えナンバー1を謳えば、「ここで探せば、一番効率よく一番いいものを見つけられる」という心理が働きますが、それは、従業員に暇をさせない大型店に向いている方法であり、個人の小さな商売の場合、売り上げに見合わない経費がかかり、大量の不良在庫のリスクも考慮しなくてはいけません。

僕のイメージでは、正直、ネットショップの売り上げは限りなくゼロに近くてもいいと思っているのです。
カフェの玄関先に、黒板などを使って、主要なメニューと値段を書いているところがよくありますよね。それによって店の相場と好みのものがあるか、ある程度想像できて、何もないより格段に入りやすくなると思うのです。情報がない場合、高級な店構えだと懐の心配をしてしまうし、安っぽい雰囲気では、満足できる味なのか不安。どっちにしても、入りずらくなってしまいます。
うちのネットショップは玄関先の黒板のような役割で、なんとなくでも相場と素材の種類を見ていただき、ご予算と好みのイメージをしていただけば、有り難いところです。その上で、ショップ上でカートに入れなくても、直接相談なり、実際に触ってみたいということになれば、それはそれはうれしいことですね。

普通のネットショップは電話やメールの問い合わせを嫌います。手間がかかるからです。だから売れるものは全て掲示して、するべき説明は小さな字ですべて書きます。ネット上では壮絶な価格競争がありますので、サービスの量も質下げ、商品の質も下げ1円でも安くうります。しかし、どう考えてもうちのやり方には合いません。ネットショップとしてはいたらない点が多いかも知れませんが、ぜひ小さなことでも遠慮なくご相談ください。

長岡念珠店ネットショップ
http://nagaokanenju.shop-pro.jp/

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

日蓮宗の数珠

日蓮宗の数珠について、総本山である身延山久遠寺様に問い合わせたところ、関係機関である日蓮宗宗務院様よりお返事をいただきました。
質問の内容だけでなく、『日蓮宗辞典』よりの抜粋で、詳しい資料もいただき感謝しております。

念珠に関する資料が少ない他宗とは違い、結構詳しい記録も残っているようです。
鎌倉期より室町末期頃までのものは、現存する遺品等からみても現在とずいぶん形が違ったそうです。その後、実用的に改良がくわえられ、現在の形に至ったということです。また、どの宗派でもそうであるように、五条、七条の袈裟をかけると装束念珠を使うほか、実は、北海道内の日蓮宗で、独特の変形型を使っているお寺があり、そのルーツを知りたかったのですが、宗派としては、修法師が祈祷の時に房の長いものを使うことぐらいしかないようです。北海道開拓以降、何かのきっかけでリージョナルスタイルができたのかもしれません。

ちなみに、一般の日蓮宗檀信徒に関しては、日蓮宗檀信徒用勤行数珠(詳しくはお問い合わせください)を推奨しており、その他の略式や一輪の念珠は推奨しないという回答でした。やはり他宗よりも、本式へのこだわりが感じられるため、日蓮宗の方はぜひご参考になさってください。

昔はけっこう、日蓮宗でも数珠を擦り合わせてジャラジャラと音を鳴らす人がいました。これは密教の修法や山伏修験の作法に始まることで、日蓮宗としては間違いと聞いたことがありましたが、資料には、「常には用いない」と記述されています。お寺の関係者にお尋ねしたところ、資料には明記されていませんが、お勤め中、お経がずれたときなど、合図をするために鳴らしたりするそうです。まさに、「常に非ず」の時に鳴らすことものあるのですね。こういう「隠」の部分というのは本だけではわからないことが多く、とても面白いと感じます。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (1)
  • 考えさせられる (2)
  • なるほど! (2)

助っ人登場!

近日出荷分が混んできたので、昨年から時々アルバイトに来てもらっている方に、出動していただきました。
いつもは、桐箱の用意や糸の処理など副資材の雑用ばかりお願いしていたのですが、器用でとても丁寧にやってくれるので、今年は念珠の編み込みや房付けも、少しずつ覚えてもらいたいなと思っていたところでした。

期待通り呑み込みも早く、一回教えただけでご覧の仕上がり。
うちの商品として問題なく出荷できます。
子供3人の相手をしながら作業を進めるのは本当に体力のいることで、機嫌や昼寝のタイミングが悪いと全然作業が進まないことがあります。忙しい時に限って、かまって欲しさにダダをこねるものです。
そんなわけで、ここぞっていうとき来てもらえて、とっても助かっています。

IMGP1988

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

木の念珠のこと

念珠には様々な素材が使われます。
代表的な木や木の実、天然石の他にも、琥珀、動物の骨や角、海産物(珊瑚、真珠、海松、貝類など)等様々です。
そのような中で、経典に登場する石、念珠作りが盛んな地域でたくさん採れた木、見た目が美しく珍重されたものが、念珠の材料として発達しました。
中でも、中国や東南アジアで産出される唐木と呼ばれる類、黒檀、紫檀などの密度が高く非常に固い高級木材は、見た目に美しいだけでなく実用的な強度もあるため、非常にたくさん使われるようになりました。経済の原理で、大量に流通すると価格は下がります。今でも、唐木の念珠は非常に安く買うことができます。ここからは僕の勝手な憶測ではありますが、一昔前は、石を加工する技術が現代ほど優れておらず、素材の価値というより、採掘と加工の「手間」で高級になっていたように思います。近年は天然石も綺麗に加工されたものが安価に売られるようになりましたが、古くから木工が発達した日本では、習慣的に木は安く、石は高いという価格相場は崩れていません。仏教伝来の北方ルート他、キリスト教のロザリオやイスラム教のタスビ等、玉を繋げた宗教用具は世界中にありますが、石油よりも水が高いということのように、地域によっては木の方が高いという国があるかもしれません。

黒檀アベン

唐木の代表選手「黒檀(こくたん)」に、緑の石の定番アベンを組み合わせた念珠

業界の情報ですが、唐木や木の実の産出国が日本へ売り渋っているという噂がでています。念珠だけでなく、和室の床柱など、唐木の需要は減っているのかもしれませんが、今後も流通量は減少傾向にあるのは間違いないように思います。しかし、残念ながらあわてて唐木の念珠を手に入れも、宝石のように希少価値が上がって急騰するとこは考えにくいですね。(建材として使えるほど大きな材を大量保有しているというなら話は別ですが・・・)

念珠に限った話ではありませんが、「高い=良いもの」「安かろう悪かろう」ではなく、自分にとっての価値を大事にして選んでいただきたいと思います。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

「親子」の原稿 抜本的改革

小樽仏教会様から依頼、テーマ「親子」の原稿締切も近づいてきました。
普段のブログやfacebook投稿、自店の広報などは、あまり気を使って文章を書くこともなく、むしろ意図的にちょっと気分を害するような表現を入れてしまうことがあります。読んだ人の心情を上手くコントロールすると笑わせたり、泣かせたりすることもできますが、なかでも怒らせるというのが一番簡単で、文章力の無さを補うため、つい安易な手法で印象付けようとしてしまうのです。
しかし、今回はもう少し広い範囲で読まれる文章ですので、あまりトゲのある言い方は避け、丸く丸く修正していきました。一通り書いたものを奥さんにチェックしてもらったところ、「話がもやっとしすぎていて、何を言ってるのかわからない」とのこと。また、「この文章の感想文を書けと言われたら、感想ではなく、ただあらすじを書いてしまいそうだ。」つまり、あの手この手でオブラートで包みすぎて、本筋は何を言いたかったのか伝わらないということなのだ。
そのため、オブラート同志の文章が集まると、たとえ話やエピソードに脈絡が見えなくなってしまうので、つながりが悪くなってしまう。

そこで、抜本的改革。
ブロックごとに切ったりはったりしながら、話が前後しないように文脈を整理する。気取って難しく書いた表現は、わかりやすい表現に直す。
大学時代に「どんなに難しい実験や研究でも、その内容をお母さんに説明できますか?」と恩師に言われたことがあります。つまり、借りた言葉でわかる人にしかわからないような論文は、自分がわかっていない証拠だということです。本当に呑み込めたことは、おばさん相手でも子供相手でも説明できます。
さて、もう少し作業です。伝わる文章になればいいのですが。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ただいま執筆中

いつも大変お世話になっている小樽仏教様より、原稿の依頼がありました。今年の広報に掲載されるもので、念珠の話かと思いきや、テーマは「親子」ということでした。

年末のうちに叩き台を仕上げ、表現が不適切でないか吟味し、文章のボリュームを調整しているところです。もちろん我が家の子育て奮闘中の様子を知っての依頼ではありますが、こうして改めて文章にしてみると、普段はざっくばらんにフワフワしている自分の思いというのが、(特に文字数の制限があるので)要約、整理されます。
「親の心、子知らず」とはよく言ったもので、これだけ毎日大変な苦労をしても、苦しいのは自分ばかりだと思ってしまうものです。自分もまた子供であり同じ苦労を自分の親もしてくれたということになかなかつながりません。
親孝行したい、親には世話になったと口で言うのは大人になれば簡単です。しかし、ともすれば生意気な言いがかりを親に対してふっかけることもあります。本当に心底頭がさがるという思いには、なかなかれないものです。

そんななか、日頃どんな思いで子育てに臨んでいるかという思いを、素直に綴っています。
冊子は、毎年花祭りの頃(4月上旬)に配布されるそうです。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

シラカバの念珠

 

北海道産のシラカバで作った念珠です。
何か北海道らしい念珠を作りたいと思い、色々試行錯誤した挙句、初めて商品化したものです。玉の大きさはたくさんの種類を作れませんでしたので、片手の22玉一種類で、男性用としては標準のサイズ、女性用にしては少し位大きいのですが、紐や房にピンクを入れたり、写真のようにローズクウォーツ仕立にして可愛らしく仕上げています。

2011年から材料の乾燥に入り、翌12年の春、玉を削りました。
同年発売された雑誌『northern style スロウ』vol.32に掲載していただいて以来、長くご注文が続いている商品です。こちらの白樺の玉は、多少の在庫はございますが、無くなり次第販売終了とさせていただきますので、ご興味がございましたら、お早目にお問い合わせください。

 

通常、木の玉はワックスで表面を仕上げますが、こちらは「素挽き」といって、木を削っただけの仕上がりになっています。ここまで白い木を念珠にすることはあまりないし、ましてや素挽きにする事はありません。手の油ですぐに色が変わってしまいますからね。しかし、木のぬくもりを直に感じて頂きたいことと、使いこむごとに色が変わる風合いを楽しんでいただきたかったので、あえてこのような仕上げにしました。仏教では諸行無常と言い、あらゆるものは常に変化することをいいますが、念珠もまた無常なものだとシラカバを触りながら味わっていただけたらと思っております。

白樺ローズ3

 

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

女性用の念珠を掲載します

今夜は、女性用でも特に二輪念珠を中心に何点かネットショップにアップする予定です。二輪が正式、一輪が略式と勘違いしている人も多いようですが、二輪でも真言宗型に房をつけたものを「振分け」または「八宗用」とも呼ばれ、どこの宗派でも使える略式ということになっています。北海道の女性型としてはは一番普及している形かもしれませんね。しかし、日蓮宗は正式へのこだわりが強く、認めていないようなので注意が必要です。「どの宗派でも使える」というと都合よく聞こえますが、逆の言い方をすれば「どの宗派にとっても正式ではない」とも解釈できます。浄土真宗の本願寺派では、女性も一輪の切房をおすすめしています。
ただ、一般に着物を着たときには二輪を持つ習慣が日本では古くからあり、この形は一つ持っていても便利なのかもしれません。
ピンクラ八宗白1

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ブログを書き始めるにあたって

現在使っているSNSといえば、僕の場合はfacebookがメインです。
従業員を抱えるような会社でもなく店も個人もイコールですので、はたしてfacebookの他にブログを併設する必要があるのかということで、しばらく様子を見ていました。その他、mixiはずいぶん前に面倒になり退会していまい、ツイッターもこのご時世スマホで常時チェックしなければ、一日家を空けて帰ってからパソコンでチェックでは、とてもログを負うことはできません。(頑固一徹ガラケー信者なのです)
facebookは、随分と普及しましたが、同級生など手あたり次第リクエストを出しまくった後はほとんど放置という人も増えてきました。意図的に避ける人も少なからずいます。なんとなく、日常のさりげない話題というのは単なる内輪ネタで終わってしまい反応が薄くなります。特に熱く語ることがない人、または内容の濃い文章は読むのが疲れるという人はどんどん淘汰され、現在のfacebookヘビーユーザーは、何かしらの主張、表現、情報収集と意図をもって使っている人が多いように思います。そういった方は比較的積極的に情報を集めますので、どちらかとうとそうではない方に知っていただきたい念珠のことが色々あるのです。
広く情報をばらまきたいということと、facebookが何年かでまったく消えてなくなるということはないでしょうけど、自分の記録保存としてブログを始めることにしました。

そして、今やるならやっぱりワードプレスを無視できません。
頑張って使ってみることにしました。普段の印刷物やホームページはお客さんの層を考えて、ダサくても見やすいレイアウトを心がけていますが、このブログはちょっと都会チックでおしゃれなテーマを選んで少しカスタマイズしました。(それでもダサイとか言わないでください・・)気分や季節によって時々換えてみるかもしれません。

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)

ネットショップ始動しました

 

ネットショップをとうとう立ち上げました。
今時、商売をしようと思うと、ネットで売るというのは最初に考えそうなことですが、自分の商売が5年目に差し掛かりようやく動きはじめました。

IMGP8702

制作前の材料

今までやらなかった理由としては、第一にとんでもない手間がかかること。もちろん、外注して採算が取れるような業界ではありません。そして、その分売り上げにつながっていけばいいのですが、念珠が必要だと感じたときにネットで探してみようというお客さんがどれくらい割合でいるのか想像がつかなかったからです。なにせ、御想像の通り、お客さんの多くはご年配の方が多いものですから。
ところが、3年目くらいから、「ホームページをみたんですが・・・」という問い合わせが思いのほか多く、遠方から口頭のやり取りだけで注文してくださる方、わざわざうちまでお越しいただく方もたくさんいらっしゃいました。
買い物をする立場で想像すると、値段の相場もわからない店にわざわざ電話して出向くというのは、すごく勇気のいることです。それがこれくらいのペースでいらっしゃるなら、ネットショップの価値は十分にあると考え、この度立ち上げに踏み切ったのです。仮に、ネットショップ上の直接の売り上げがなくても、千円で買えるものあれば1万円のもあって、それらはこれくらいの内容のものだというある程度のイメージを持っていただければ、それだけでも効果ありと判断できると考えています。

しかし、まだまだ簡単な箱ができたような段階でまだまだ見栄えのする状態にはなりません。肝心の商品を並べるのは、本当に骨の折れる作業です。少しずつですが掲載商品が増えていきますので、暖かく見守っていただければ幸いでございます。

長岡念珠店「ホームページ」
http://nagaokanenju.com/index.html

ネットショップ
http://nagaokanenju.shop-pro.jp/

お気軽にボタンを押して応援してください!(店主が喜びます!)
  • いいね! (0)
  • 興味深い (0)
  • 考えさせられる (0)
  • なるほど! (0)