木の念珠のこと

念珠には様々な素材が使われます。
代表的な木や木の実、天然石の他にも、琥珀、動物の骨や角、海産物(珊瑚、真珠、海松、貝類など)等様々です。
そのような中で、経典に登場する石、念珠作りが盛んな地域でたくさん採れた木、見た目が美しく珍重されたものが、念珠の材料として発達しました。
中でも、中国や東南アジアで産出される唐木と呼ばれる類、黒檀、紫檀などの密度が高く非常に固い高級木材は、見た目に美しいだけでなく実用的な強度もあるため、非常にたくさん使われるようになりました。経済の原理で、大量に流通すると価格は下がります。今でも、唐木の念珠は非常に安く買うことができます。ここからは僕の勝手な憶測ではありますが、一昔前は、石を加工する技術が現代ほど優れておらず、素材の価値というより、採掘と加工の「手間」で高級になっていたように思います。近年は天然石も綺麗に加工されたものが安価に売られるようになりましたが、古くから木工が発達した日本では、習慣的に木は安く、石は高いという価格相場は崩れていません。仏教伝来の北方ルート他、キリスト教のロザリオやイスラム教のタスビ等、玉を繋げた宗教用具は世界中にありますが、石油よりも水が高いということのように、地域によっては木の方が高いという国があるかもしれません。

黒檀アベン

唐木の代表選手「黒檀(こくたん)」に、緑の石の定番アベンを組み合わせた念珠

業界の情報ですが、唐木や木の実の産出国が日本へ売り渋っているという噂がでています。念珠だけでなく、和室の床柱など、唐木の需要は減っているのかもしれませんが、今後も流通量は減少傾向にあるのは間違いないように思います。しかし、残念ながらあわてて唐木の念珠を手に入れも、宝石のように希少価値が上がって急騰するとこは考えにくいですね。(建材として使えるほど大きな材を大量保有しているというなら話は別ですが・・・)

念珠に限った話ではありませんが、「高い=良いもの」「安かろう悪かろう」ではなく、自分にとっての価値を大事にして選んでいただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

助っ人登場!